力也のFX道場

2017年08月17日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、まだまだ、夏休み中、とした方々も多いかとは思いますが、夏季休暇中のトランプ大統領
が諮問組織で助言を求める「製造業評議会」と「戦略・政策フォーラム」を解散を表明しました。
トランプ

で、?と思われる方も多いいいかと存じますが、いずれにしてもこの2つの諮問会、実質の運営が立ち
行かなくなったのでトランプ大統領が解散の決断をしたわけですが、では何故か。

ニューヨーク市場関係者と話をしてもこれは根深い問題であります。


特に「製造業評議会」は本年1月、トランプ大統領が選挙で公約に掲げた「米国人第一の雇用」を
実現するため精力的に製造業の雇用拡大に向けて米製造企業の経営者を主要メンバーとする会議を
設置。
このメンバーと言うのが米国を代表する企業の最高経営責任者CEOであり、小売り、IT、製薬、鉄、
非鉄業界と具体名を挙げるとキリがないほど。

で、米半導体大手インテルなど製造業界3社の最高経営責任者(CEO)がこの諮問機関「製造業評議会」
委員を辞任した際は「米製造業の振興を政治問題にするべきではない」とトランプ大統領は吠えま
した。


では、なぜ辞任したのか。
どうも、日本、日本人にはピンとこない方が多いようですが、、8/15の株と為替の売買シナリオ
テーマが変わっている、米紙一面ではトランプ大統領の白人至上主義への姿勢批判が取り沙汰
されている、とバイシナの開始3:20頃からコメントさせて頂いています。
 
0815バイシナ



つまり、米国は多様性、他民族の複合構成国家であり、企業も企業ユーザーも白人だけではなく、
多くの方々が関わっているのであります。

20170704米休場

そうした中で今般、白人至上主義団体と反対派の衝突で死亡者が出たにも関わらず、トランプ大統領が直ぐ
に差別主義、ヘイトスピーチ、白人至上主義団体を明確に批判しなかった上、翌日に「双方に責任」があった
と述べたことが起因であります。

当然、企業はドン引き、、共和党要人、ブッシュ元大統領親子、そして陸軍参謀総長などからも遺憾、批判、
容認できない等の声が挙がったのであります。
前出、企業イメージも鑑みれば諮問会メンバーで辞任に動くCEOも当然でありましょう。

トランプ大統領が諮問・助言機関の解散を決めたことで議会運営能力は勿論、経済界とも溝が出来たことで
ドル売りに動くことは米国では当然との見方となります。
 
ためいき


以下、朝の社内ブリーフィングで使用した本日の東京ドル円・日経225の上下焦点メモです。
 
ドル円チャートみると明確ですが7月のFOMC議事要旨公開前、諮問・助言機関の解散報後からドルはジリジリと
売られています・・。
<ドル円>
20170817ドル円15分足


<日経225>
20170817日経225の15分足











okasanonline at 10:27コメント(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
  • ブログ為替レート

2017年08月16日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、8/14週は円買い煽りに警戒、とした週間見通しをご案内した経緯ですが、結果、米朝対立
の危機をチャンスと見た投資家も多かったように見受けられます。


相手を強く威嚇し激しい言葉の応酬を行ったアメリカと北朝鮮でしたが、結局は核保有の両国が
お互いに先制攻撃、軍事力行使はできないだろう、ブラフ(脅し)にすぎない、と投資家は見抜い
たのでありましょう。振り返れば、これがトランプ大統領の政治手法、”ディール(取引)”であり、
裏では米朝水面下交渉が進んでいるのかもしれません。

地政学リスク、としては日本ほか周縁・関係国で人的被害も想定され、軍事執行をする米国は太平洋を
挟んで距離があり、現実的被害を見込んでいない、との見方もあるようですが・・、日本だけでも
民間・軍関係者の在日アメリカ人は約10万人強。
そして米財務省の国際資本統計によると、昨年10月末の日本の米国債保有額は1兆1319億ドル、約124兆円。
日本への直接被害は米経済、世界経済、そして世界秩序の崩壊を意味することとなりましょうか。


これらを冷静に見据えての投資行動だったのでありましょうか、今回の株と為替の売買シナリオは、
 
20170816株と為替の売買シナリオ


手口公開!北朝鮮リスクに勝った投資家”と題しました。要は勝ち組の投資心理、売買手法です。

ぺこり武部

私自身、改めて勉強となりました。ぺこり










okasanonline at 17:48コメント(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
  • ブログ為替レート

2017年08月16日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、昨日のバイシナでもご紹介しましたが、菅官房長官は
「いかなる緊急事態にも適切に対応できるよう、万全の態勢をとりながら夏休みをとる。いかなる
事態にも報告連絡を受けられる態勢を取っている」と述べて安倍首相の夏休み入りを示唆しました。

で、報道によると昨夜の安倍首相は日本財団会長の別荘にて森喜朗、小泉純一郎、麻生太郎の3人
の元首相、茂木敏充経済再生担当相らと会食したとのこと。

恐らく北朝鮮情勢の緊迫と経緯、今後の展開、そして経済景気動向が話題になったと考えられますが
ある意味、何が話し合われたのか、多岐に及んだ可能性であり、最近の会談ニュースで一番気になる
ところでありました。
安倍首相


報道によると8/18まで安倍首相は夏休みとのこと。
 
これを以て地政学リクスに対する過度な懸念は後退し、自律上伸性を何処まで示せるかが週末に向けた
ドル円・日経平均株価の課題、と推考します。


尚、8/8にトランプ大統領が「世界史に類をみない炎と怒り」で報いを受けると北朝鮮に向けて発言し、
これを受けての翌8/9、北朝鮮が米軍施設のあるグアム周辺に中距離弾道ミサイルの発射を検討、と
発表した際を地政学リスクの高まり起点とするなら以降、約1週間が経過。
 
20170816円の騰落率

一部クロス円においては、リスクオン・回復出遅れなのか、当該通貨の背景弱含みが理由なのかが、
戻らない理由の再精査がなされそうな本日です。




以下、朝の当社・投資情報部内でのブリーフィングに使用した本日の東京ドル円・日経225の上下焦点
メモです。

<ドル円>
20170816ドル円の30分足チャート


<日経225>
20170816ドル円の30分足チャート






okasanonline at 10:14コメント(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
  • ブログ為替レート

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート