力也のFX道場

2018年12月12日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、ここ数日、個人的に興味を持ったのは最近のメキシコ関連報です。
(※メキシコペソ円の取り引きを煽るつもりは毛頭ありませんので、念のため)


メキシコ関連で整理しておきたいのが以下。
メキシコ旗

○12/1にメキシコ大統領就任式が行われ、アンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール氏が宣誓就任。
・「贅沢過ぎる」、と大統領専用機を売却し大統領公邸には住まないと宣言
・選挙公約では犯罪と貧困、汚職との闘いを表明。
・大統領選では過去最多得票数で圧勝し支持率は60%超、支援与党も過半数越えで議会安定、求心力
 も高い。

・大衆迎合的な公約が多く、財政悪化懸念からメキシコペソ売りがそもそも警戒されていた。
・メキシコ中央銀行ディアスデレオン総裁は「新政権の経済政策で不確実性が非常に高まっている」
反大統領姿勢は明確


・10月に首都の新空港建設の中止を発表し公共事業・インフラ計画撤回が財政規律の観点から評価され
 たがメキシコへの投資環境悪化も意識され一部の格付け会社がメキシコのソブリン格付けを安定的
 からネガティブに引き下げた



一方で米国事情ですが、
アメリカ旗
●12/6に米上下両院は期間2週間の暫定予算案を可決し、政府機関閉鎖の期限を12/22に先送りとした。
・米機関閉鎖に関しては過去、与野党が批判されたことで双方が穏便に合意したいのが本音。

・しかし、トランプ大統領はメキシコ国境の壁建設予算50億ドルの予算計上を巡る意向を民主党に
強め、
認めないなら
「私が政府を閉鎖する。貴方のせいにするつもりはない」
「国境警備の為に政府を閉鎖するのを誇りに思う」
と覚悟の恫喝表明。



で、メキシコ・米国双方の事情として

メキシコアメリカ
○●NYなどの報ではロペスオブラドール・トランプの両大統領はベクトルが合うようで、実際には中米
から
のキャラバン移民集団に対して、米側国境を越えぬように中米移民に就労ビザを発行しメキシコ
国内に受け
入れる策を練っているものの反対勢力や国民からの支持がなかなか得られず、苦慮してい
るのをトランプ大統領が
理解を示しているとの観測

○●通商新協定「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」として再編されたもののこれを期に米国への
輸出比率・
経済依存性の見直し機運がメキシコ政界・経済界で高まってきた


○●米利上げサイクルの見直し・停滞観測から対米ドルでのメキシコペソ水準が12/6以降、萌芽。
合せてメキシコぺン円が連続陽線を見せてきた。


○●メキシコペソ円の長期不透明感は否めないものの短期的には反転戻りが試されるのではないか。
200日線、日足一目均衡表雲下限までの上伸性有無が探られそう

20181212メキシコペソ円

こんな感じです。




以下、朝の当社・投資情報部内でのブリーフィングに使用した本日の東京ドル円・日経225の上下
焦点メモです。






okasanonline at 11:38コメント(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
  • ブログ為替レート

2018年12月11日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、英国の欧州連合(EU)からの離脱条件を定めた協定案などを巡る不安定さがポンドの動向を
脅かしています。
最大リスクは英議会がEU離脱案の採決延期から「無秩序」なEU離脱の可能性、とした見方でしょうか。

逆に各種外交ルートで認識している筈の河野外務大臣が、「投票延期を聞いて少々驚いている」との
見解を示したことに失礼ながらやや驚き。マーケット関係者なら想定されていた動きであります。


ちなみに外務省「海外在留邦人数調査統計(平成30年要約版)10/1時点」調べでの昨年度での対英国
への日系企業進出数
は986社。

で、勝手にリンクする訳にはいかないので紹介に留めますが、、、河野大臣以上に武部が驚いたのは、
本日公開された独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)による

「2018年度欧州進出日系企業実態調査」の結果について 

であります。是非、御自身で検索してご高覧頂ければと思いご紹介します


多くが報じられていませんが、、英国のEU離脱による今後の事業への影響をみると、在英日系企業の
59.8%が「マイナスの影響」で、意外と低いと感じた武部であります。
そしてマイナスとした理由は「関税」「通関手続き」「英国の欧州本社・物流ハブの再検討」など。

更に重要なのは、在英日系企業が抱える懸念の上位3項目は
「英国経済の不振」「英国の規制・法制の変更」、「ポンド安の進行」
つまり「英国経済の不振」が一番の悩みだったのであります。
ビビる

「へ〜・・・・、現地感覚ではイギリス景気、、不振なの???」−。
意外感を抱いて今回の株と為替の売買シナリオをご案内しています。
20181211バイシナ






okasanonline at 17:51コメント(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
  • ブログ為替レート

2018年12月11日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、英国の欧州連合(EU)からの離脱条件を定めた協定案などを巡る不安定さが警戒されます。

そもそも、12/11英議会下院でのEU離脱合意案の採決(日本時間12/12午前4時頃から)で、その結果
をダイレクトに受ける東京市場が危ない、との紹介をさせて頂いた経緯ですが、、ナント、、延期。

メイ首相が英議会で「議論を聞いてきたが、採決しても否決される見通しなので延期する」発言
しています。

で、どうなるか。やはりメインシナリオは3つ。

.瓮ぜ鸛蠢軋狄悄↓英国国民投票再実施、9膂嫐気「無秩序離脱」

しかし、そもそも、英議会承認を問う中で日程としては英国が来年3/29離脱のためには、手続き上、
来年の1/21迄に離脱案に対して英議会承認がなされればセーフとのこと。

20181004メイ英首相


そこで恐ろしき一部シナリオがもう一つ。メイ首相は国民投票再実施、内容の大幅修正にも否定的で、
あるものの最終的には議会合意で突破、との道を探っている、との見方であります。それはどんな手段か。



つまり合意無きEU離脱は特に英経済活動を停滞させ、英ポンド暴落・忌避に動く可能性から、混乱が
強まり、経済クライシスに追い込まれ、逆に国民・議会がメイ首相の離脱案を支持する、せざるを得ない、
すがる、、とした身を捨ててこそ浮かぶ瀬も有り、の案に傾斜しているのではないか、との見方であります。

それまでは議会採決日時を明らかにせず、市場を利用する作戦です。
無論、否決された場合、21日以内に代替え案を議会に提出が可能ですから、逆算すると年末年初。
この頃までメイ政権は、ポンド売り大歓迎、との邪推に繋がる見方となります。


本当にポンド暴落で良いのか否かですが、通貨安はメリット、と捉えた諸刃の作戦となります。

以下、ブリグジットショックでのポンド急落時、通貨安≒輸出性向プラス、として英株FTSE100が
急上昇した経緯があります。

20181211ポンドとFTSE100

当時、日本を含む先進主要国が協調してポンド買い介入支援を打診したら、英国政府側から余計なことを
しないでくれ、と言わんばかりのお断りがあったとの観測報がありました。

今回はメイショックで当時の動きが再来に賭けているのか否か。
邪推ですが恐るべし作戦かもしれません。





以下、朝の当社・投資情報部内でのブリーフィングに使用した本日の東京ドル円・日経225の上下
焦点メモです。



okasanonline at 11:14コメント(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
  • ブログ為替レート

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ