力也のFX道場

2017年10月20日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、本日10/20金曜日の午前10時頃からはラジオNIKKEIの株式番組「マーケットプレス前場内」
「今日の相場概況」「FXショートコメント」に、(お相手は岸田 恵美子さん)出演させて頂きま
した。
出演直前までキャスターの鎌田伸一さんが「フィラデルフィア連銀指数好調も米長期金利が上昇しな
いのでドル円が牽引されないのでは、、」とのコメントがあり、それに被せての解説と予想となりま
した。

米10年債金利に関しては前回のバイシナ焼き直し、足元は、●<本日の為替コメント>とほぼ同様です。


その他、注視している材料を以下で申し上げました。
○1ドル114-115円示現には米10年債金利が2.4-2.5%に上昇する必要
○FRB議長人事でトランプ氏はパウエル理事指名に傾く、とした報。ならば利上げテンポに変化は無い
○プーチン露大統領「石油価格は1バレル50ドル超が適切な価格であり、ちょうど良いと考えている」発言
○先日は安倍首相の公邸宿泊が中国党大会に向けての北朝鮮挑発、緊張予想として話題となったが一旦後退。
しかし米軍は空母をはじめ大量動員して日本海で韓国軍と合同演習をし北朝鮮に圧力を掛けている。
英豪からも軍事艦船の派遣、合同、協力を申し入れるなど地政学緊張は孕んだまま。
○ジャシンダ・アーデンNZ労働党党首を中心とした政権誕生に向けた動きがNZドル円を不安定化させている
○衆院選挙後の首班指名は憲法54条では30日以内、恐らくトランプ訪日前。安倍首相の求心力次第では日銀
正副総裁の去就に繋がるかも
20171022投票券



こんな感じです。
雨でも解説



以下、本日の東京ドル円・日経225の上下焦点メモをベースに上下限をコメントしました
<ドル円>
20171020ドル円15分足


<日経225>
20171020日経225の15分足





okasanonline at 11:23コメント(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
  • ブログ為替レート

2017年10月19日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

20171019株と為替の売買シナリオ

「ドル円、上がらんぞ〜」と株式関係者からのお問いに対して、「米10年債金利が上がらんのです」
とお答えしての内容です。

米10年債金利が2.4-2.5%ぐらいまで上昇すればドル円も114-115円に向けて牽引されそうですが、
夕刻より225指数の下落、時間外米10年債金利が2.34%台から2.31%台へ急落(債券価格上昇)・・。
ドル円・クロス円も下落の煽りを強めて東京外為市場終了、となりました。


●<本日の為替コメント>




okasanonline at 17:27コメント(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
  • ブログ為替レート

2017年10月19日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、1ドル113円台に2週間ぶり示現もその緩やかさに苛立つ向きも多いようで・・。

売買

●<本日の為替コメント>

円安が緩やかな理由を推考するなら一点。
昨日は日銀の桜井審議委員が、そして本日は中曽副総裁が自身を示していたように現在の金融緩和
の枠組み「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の効果が出ているとした見解と、同政策は柔軟で
持続性の高い枠組みなので、更なる緩和強化の必要が無い、とした姿勢であります。

要は円安浮揚力の加速感は当面強まらないとした見方、そして衆院選挙後の政権枠組みがどのように
なっても現在の日銀メンバーが全員、安倍チルドレンなので一気に円高圧力に転ずる、とした見方が
少ない点であります。



対してドル高が緩やかな理由が2点。
ひとつは米ニューヨーク連銀のダドリー総裁が昨夜、年3回の利上げは軌道路線、早期利上げに前向きな
姿勢を改めて示していましたが、FOMC内部、そして地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)でも明らか
になっているようにインフレ加速の兆候乏しいとした杞憂であります。

そして避けて通れないのがFRBの次期議長人事となります。有力視されているスタンフォード大のジョン・
テイラー教授は本来、経済モデルを用いて機械的に金利を決める「テイラー・ルール」の提唱者で、金融
引き締めに積極的なバリバリの「タカ派」。

しかしトランプ米大統領は、輸出競争力を低下させるドル高を牽制し、低金利志向派。
そうなると本来はイエレン議長続投やパウエルFRB理事の現ハト的思考とベクトルがある筈ですが、それでは
新味も無い、との見方で不透明感が漂います。
ところが、最近になってティラー教授が柔軟な姿勢、思考を持ち合わせている、としてトランプ大統領の
お気に入り観測が出てきました。

要はトランプ波長に合せるのか、となってきた訳ですが、そうなると仮にテイラー氏が議長に就いても米利
上げペースは速まらないかもしれない、としてドル強気派が「失望」のドル売りに転ずる懸念も浮上してきた
のであります。

ホワイトハウスのサンダース報道官はトランプ大統領が「数日中」にFRB次期議長人事について発表すると
コメント。以前はトランプ大統領の訪日前、10下旬が意識されいましたが、数日中、となると、普通は
「2〜3日」「3〜4日」、長くても10日以内、の感覚です。
来週初以降、衆院選投開票後のドル円の動きが警戒されます。


台風解説


以下、本日の東京ドル円・日経225の上下焦点メモです。

<ドル円>
20171019ドル円15分足


<日経225>
20171019日経225の15分足



okasanonline at 11:01コメント(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
  • ブログ為替レート

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート