豪ドル判断は7月米利下げ次第か

2019年06月17日

おつかれさまです、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、週明け東京市場の動意は稀薄。


救いは満月期待ですが、、材料が無いけれ身動きの仕様が無く、以下、朝の当社・投資情報部内での
ブリーフィングに使用した本日の東京ドル円・日経225の上下焦点です。◎<日経225><ドル円>◎


 気になるのは7月の米連邦準備理事会(FRB)の利下げ転換シナリオが強まるなかで、本当にパウエル
議長が7月利下げを明確に示すのか否か。

シカゴFEDウオッチでは6月据え置き確率が81.7%、利下げ確率が18.3%。7月になると逆転しており
据え置き確率は14.2%で利下げ確率は70.7%。
パウエル議長が利下げ判断に慎重な姿勢を見せればドル買戻しに転ずる可能性が高まるのと一方で米
利下げ追認姿勢の場合市場の織り込み程度が円を圧迫する大事な局面が6/20の深夜・午前、と見てい
ます・・。





で、複合的な影響度合いとして睨んでいるのが米中通商交渉の影響と米金融政策との差異が焦点となる
豪ドルに関して。
現行の豪準備銀RBAは政策金利を1.25%としており、米連邦準備理事会(FRB)の2.00-2.25%からの利下
げ思考と同じです。

従って米利下げでも金利格差は明確にドルインセンティブの方が高いのですが、不定見な状況が続いて
おり豪ドルへの警戒が続いています。

そうしたなかで不思議に感じたのはフライデンバーグ豪財務相が豪準備銀RBAの金融政策にも限界があり、
政府が景気支援に向け財政政策の緩和や改革を実施する可能性があることを示した、と東京午前に伝わり
始めたこと。要は利下げ以外の策を考えている、との見方となります
”RBA doesn't have to do all the heavy lifting”

しかし、これは6/14金曜日午後、つまり先週末に現地の豪紙オーストラリアン・フィナンシャル・
レビューが報道済み・・。

なんで週明けに蒸し返している向きがあるのか・・。

20190617豪ドル円


豪ドル円ロング志向派には悪いことではないのですが、、、へそ曲がりの武部は週明け豪ドル円が
緩やかに上昇推移していることにモヤモヤ感を覚えています。



okasanonline at 11:30コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ