『豪ドル円、今後どこまで下がる?』

2012年06月06日

2012年6月5日「じゅん様」からの質問。

Q
こんにちは。以前豪ドル円で質問し、丁寧なご回答くださりありがとうございました。
今回も豪ドル円で質問です。先週74.5円までいきましたが、今後どこまで下がるとお考えでしょうか?
72円は強いサポートになっていますが、週足を見るとヘッド&ショルダーを形成してるように見えて、
72円をきった場合今年は55円を目指すのかなぁと考えたりするのですがさすがにそれはないでしょうか?
武部さんの見解を教えてください。


A
じゅん様
力也のFX道場への御愛顧並びにFXよろず相談窓口※へのお問い合わせありがとうございます。
※お受けしたご質問と当社からの回答を「力也のFX道場」に掲載する場合もございますので予めご了承ください。

>以前豪ドル円で質問し、丁寧なご回答くださりありがとうございました。

大変恐縮です。
さて、ご質問いただいたのは豪ドル円の武部見解・・。
まず、ファンダメンタルズにおいて今般の欧州ショックがリスクマネーを縮小させている経緯から豪ドル
も無縁ではなく、短期的には弱気な見解であります。
グローバルマネーの動向とした俯瞰的な見方では「質への逃避」として米債や日本債、独債、に資金シフ
トされ債券価格が上昇(金利が低下)しているのはご存知かと思います。

為替市場においてはCFTC建玉明細でも公表されていますが「ドル買い(≒豪ドル売り)」が顕著で加えて
「円買い」(≒豪ドル売り)」が豪ドル円を軟調にさせている背景です。
更に一歩踏み込んで懸念しているのは、投資の毀損回避と利益の確定とした観点でユーロ/豪ドルを見ています。

ユーロ豪ドル週足
現況だとユーロ売り/豪ドル買いが進む、、とイメージしがちですが、実は年初よりユーロ買い・豪ドル売りが
進んでおり、利益確定に動いているのが確認できます。
要は他での毀損を埋め戻す為にも収益確定に動いている、、とした市場参加者のリスク毀損に対する根深さが
感じられます。

そうしたエクスポージャー(価格変動リスクにさらされている資産の割合)の縮小の動きは豪ドル円においても
無縁ではなく、ご指摘の

>72円は強いサポート
までの軟調性は認識しておく必要はあろうかと思います。但し、円売り介入や追加緩和期待も高まると考えられ
個人投資家を主とした逆張り((下がっている時に買う)派が期待を持って強いサポートを示す可能性も考えら
れます。

>72円をきった場合今年は55円を目指すのかなぁと考えたりするのですがさすがにそれはないでしょうか?
確かに懸念事項として留意しておく必要があります。但し、2009年のリーマンショック時の下落はデリバテイブ
における毀損額拡大の見えない恐怖が市場心理として拡がったのに対して現在の欧州周縁国の赤字財政ファイ
ナンス問題とは異質なものを感じます。

ご指摘のような1豪ドル55円、、となると統計学的なシンクロ相関係数では200日終値比で【0.890】を示している
日経225の大幅な下落も推考可能であります。

豪ドル円と日経225日足
しかし、果たしてそこまで悲観的な状況でありましょうか。本邦も含め、株価の上伸性を圧迫するものは排除する
努力をしてきたのが本邦、先進主要国の政治と金融政策でもあります。

豪ドル円と日経平均225週足

従って短期的な欧州エクスポージャー(価格の変動割合)を勘案する延長線上に豪ドル売り、とした圧力は否
めないものと見ていますが「中長期的には反転局面探し期」と見ており、ご指摘の72円水準が第一局面、
そして55円水準は第二局面として豪ドル円トレンドの分水嶺になるものとみております。

そうした意味では2段構えとして積極的?な逆張り((下がっている時に買う)手法より些か消極的かもしれません
が順張り(上がり始めたら買う)でのトレードスタンスを第一局面、そして第二局面でも、と余力もイメージした
トレード戦略を考えておりますが、如何でしょうか。

じゅん様におかれましてはリスクとリターンのイーブンバランス(例えば5円幅狙いなら、損切りは其の幅とほぼ同様)
にご留意なされ、虚心坦懐とした姿勢で大合戦場に備えられることを祈念申し上げます。


また、お問い合わせ下さい。


岡三オンライン証券 投資戦略部部長 武部力也



okasanonline at 13:20コメント(2)トラックバック(0) 
FXよろず相談窓口 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by じゅん   2012年06月06日 15:14
武部さんさっそくのご回答ありがとうございました!日替わり武部でもよく相関性のお話をされていたのをすっかり忘れていました。こちらも参考にしながらロングの仕込みどころを探していこうと思います。また質問することもあると思いますがその時はまたよろしくお願い致します!
2. Posted by 武部力也   2012年06月06日 16:19
じゅん様
恐縮です。また、今回のご質問、反響が大きいので本日の日替わり武部で再度、「豪ドル円が注目される理由(ワケ)」−。と題してご案内致します。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート