有事で円が買われる理由と今後の行方。

2011年04月12日

お疲れ様です、岡三オンライン証券のたけべりきやです。
12日午前6時38分頃、福島第一4号機サンプリング建屋から出火(現在は鎮静化との報道・・)
午前7時26分頃には長野県北部で震度5弱の地震があり、午前8時8分頃には千葉県東方沖を震源
とする地震も発生。関東・首都圏でも強い揺れを感じました。

日本列島

一方、東京電力の福島第一原子力発電所で相次いで起きている事故について、経済産業省の
原子力安全・保安院は、国際的な基準に基づく事故の評価を、「レベル7」※に引き上げる
ことを決めたとの報道。「レベル7」は、旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と
同じ評価とされます。
※(国際評価基準INES=国際原子力事象評価尺度、レベル0から7までの8段階評価)

こうした一連の動きから東京市場早朝・アジア・オセアニア外為市場時間からドル売り・
円買いバイアスが高まりました。

0412東京ドル円5分足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・5分足/ドル円


そもそも論として『なぜ、円売り(≒日本売り)にならないの?』という素朴な疑問を
しばしばお受けします。確かに、、です。

しかし、為替相場の変動とは需給のほか個人投資家、そして企業法人群がリスク選好度をその
都度修正し、投資資本の流れがその行方を決めます。
世界最大の対外資産保有国である日本勢がジャパン・クライシス状態に併せ、海外投資許容度を
低下させ回避姿勢が強めれば、円を買い戻す、手元資金に厚みを持たせる、とした資本回帰の
フローが発生するのは当然のことです。
国難時においての完全復興までの産業空洞化懸念に対する対処、そして復興資金手当てを鑑みて
も政府民間家計部門での対外資産残高は決して取り崩さない、と見るほうが逆に不自然では
ないでしょうか。

日本の対外純資産残高

別途、金利が低く、借り入れコストがリーズナブル”だった”米ドルも今後の金利イールドカーブ
を想起すればスプレッド格差※の広がりも考慮され、米ドルの借り入れ調達コストも意識されま
しょうか。


※3月11日 日米10年債金利・・日本1.23% 米国3.175% 差・・1.945%
 4月11日 日米10年債金利・・日本1.32% 米国3.575% 差・・2.255%
0412日米10年債金利
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/日本10年債金利/米10年債金利

裏返せば、そうした動きが急激に発生することを恐れたからこそ、7カ国(G7)財務相・中央
銀行総裁会議で、円高抑制に向け協調介入を行うこと決定し、また、金融当局要人らから
”日本の機関投資家による外貨資産売り、根拠ない”と相次いだ当時の火消し的発言がその
不安の裏返し、だとも推測可能です。


 
ドル円ぱっと見テクニカル。
憚りながら指摘懸念していたとおりの展開・・。
短期上値焦点は直近最高値圏でオプション設定観測もある85.50-55からの戻り売り圧力が優勢で、
現状は85.40圏、85.00-15からの売り圧力が強力で84.80、84.50に回帰するのも難儀なムード。

対して短期下値焦点とした84.40-20がロックオンされました・・。
同価格帯が堅調ならば、以下の限りでは無いですが、下抜けた場合の
今後の焦点は雇用統計後の戻り最安値83.90、そして上昇基点の83.80に向けたアプローチ有無
であり、同価格帯83円台後半から短期逆張り派(下がっている時に買う)、若しくは朝から
の短期順張り派も(下がり始めたら売る)買戻しに加わるならある程度のサポートがなされるの
ではないか、と注視。更に下抜けた場合は83.40-50を意識しています。
0412東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ドル円



okasanonline at 11:21コメント(1)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 武部力也   2011年04月12日 16:44
不景気様
わざわざご丁寧に恐縮です。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート