『ドルスイス中長期買い戦略は問題ある?』

2010年10月12日

2010年10月10日「マスイ様」からの質問。


Q
中長期投資を目指しています。対象通貨として、史上最高値近辺にある、
ドル円やドルスイスを買い集めています。

特にドルスイスを買っていますが、どこまで下がるのか皆目見当が付きません。
 また、ドルスイスを長期投資で所有したいという話も聞きません。
 ドルスイスを中長期で買うという戦略はどこか問題があるのでしょうか?
 宜しくご教授ください。


A
マスイ様

力也のFX道場への御愛顧並びにFXよろず相談窓口へのお問い合わせありがとうございます。

さて、史上最高値近辺にある、ドル円やドルスイスを買い集めているとのこと。
確かに特にドルスイスは大変興味深いですね。
ドルスイスの歴史的底値圏への着眼はすばらしいと思います。
今後もドル安・スイス高が一本調子に進む、と断言できる向きはいないでしょう。

2010年ドルスイス月足

しかし、2010年10月7日安値(史上最安値0.9553 )  を記録しても下値目処が判然としない、
というのも不安です。
各種中長期テクニカル分析では下値目処0.9500、0.9400とした節目が取り沙汰されており
ファンダメンタルズとしてはやはり米景気後退懸念と追加緩和観測からスイスフランにシフト
されている傾向も継続しています。
そうした流れの一端をIMM通貨先物市場でのスイスフラン買い建て玉からも伺い知れます。

 

1008のIMMスイスフラン


そうなると買い建て派も何処で利益を確定するか気迷うところですね。


>ドルスイスを長期投資で所有したいという話も聞きません。

多くの投資手法があり、マスイ様のように長期保有戦略を採られても、わたしは
間違いだとは思いません。

但し、気になる点もあります。

それは”ドル円とドルスイスを両方買い保有している”、と言う点です。
再確認ですが
ポジション的にはドル買い・円売り(ドル円)とドル買い・スイス売り(ドルスイス)ですから
要はドル買い(≒ドル強気)/スイス売り・円売り、での長期投資スタンスとなりますね。

そうなると米経済センチメントと米金融政策には改めて警戒を持って見ておく必要を感じます。


現在米国金利政策をはじめ各国とも低め誘導しており
米国ドル(0.00-0.25%)、スイスフラン(0.00-0.75%)、そして日本円(0.00-0.10%)と
で比較しても大差はなく、また、スワップポイントにおいても妙味が低減化しているのが実情です。

1008米日スイスフランの金利差

つまりは現在は
インカムゲイン(金利配当等)狙い、というよりキャピタルゲイン(売買差益等)狙いを
目論む向きのほうが多いと考えられ、御懸念のような
>長期投資で所有したいという話も聞きません。
とした御見解にも繋がるものかとも思われます。


しかし、マスイ様!「人の行く裏に道あり花の山」という相場格言もあります。
今後はドル強気、としての長期スタンスなら他の対ドル相場においてもドルのセンチメント
を要警戒してドルスイスの値動きに御注視下さい。
資金を十分充当なされてじっくりとお取り組みいただければと存じます。

これからも末永く岡三オンライン証券及び力也のFX道場に御愛顧賜れればと存じます。
今後もお問い合わせ下さい。

 

 FXよろず相談窓口回答者 武部力也



okasanonline at 15:14コメント(0)トラックバック(0) 
FXよろず相談窓口 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート