相場「がぎぐげご」。

2010年08月19日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

東京戦略。
さて、本日の東京外国為替市場ですが政府が検討を始める追加経済対策と同時に、日本銀行が追加金
融緩和策を検討すると19日付の産経新聞朝刊が報道。
新型オぺの規模を現行の20兆円から30兆円に増やし、期間を3ヶ月から6ヶ月に伸ばす、とした臨時会
合が来週予定の菅首相・白川日銀総裁の会談を意識してなされるのではないか、というものです・・。
確かにセンチメントからは、円安誘導策への期待が高まり円買いバイアスの後退が期待されところで
はあります。


昨年末、政府のデフレ宣言後の12月1日、日銀は10兆円規模の新型資金供給オペレーションの導入を
決定。9千円を割り込むかと懸念された日経平均株価は上昇をし4日間で1万円を超えました。
ドル円相場も1ドル=86円台から90円台まで円安反転を見せています・・。

年末年始のドル円と225
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円/日経平均株価


しかし、一方では取り巻く世界景況感の違いがあります。
そもそも米景気減速懸念や金利低下を背景としたドル安・円高圧力は根強く、米国は追加緩和で自国
通貨安を一段と加速させる自国の利益を優先、としたスタンスを11月中間選挙前に後退させるとは思
えないのですが、如何でしょう。

自見庄三郎郵政・金融担当相がバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長と”意見交換”したとした
報道がありましたが、空砲的な色彩が強く、まだ、来週行われる方向で調整されている菅直人首相と
白川方明日銀総裁の会談のほうが、政府・日銀の連携をアピールして市場を疑心暗鬼にさせる可能性
が高く、より効果的だと思えます。


または直近の政府・日銀による景気認識が下方修正されておらず、円高を意識しての追加緩和強化、と
いうのには些か不整合さを指摘する声も聞かれており、”見通し修正か”と報道されるだけでも効果は
期待されるかもしれません。

シンプルに昨年12月以降、今年3月、6月と日銀は3ケ月ごとになんらかの追加緩和を実行してきたため、
「次回の緩和は9月9日」との見方も出来ますが、果たしてそんなに早く動けるのか、否か。

そうなると、9月1日の米国FOMCを見て、9月14日の民主党代表選を経て、10月1日の日銀短観を見て、、
として、僭越ながら以前、
某取材でお答えした10月5日が何らかのアクション、となるのでは、と考えます。
でも、個人的には産経新聞<フジサンケイグループ(扶桑社/夕刊フジ/週間SPA/フジテレビ)>さんと
はご縁があるので、報道に信憑性は当然、感じております。はい。

夕刊フジと産経新聞の広告DCSA0042
夕刊フジと産経新聞での拙著の広告と10年以上昔の夕刊フジ一面(青シャツが武部)

「がぎぐげご」。
拙著「勝ち残りFX」(扶桑社・刊)の48〜49ページにおいて相場の禁句、「がぎぐげご」、というのが
ございます。
わたくしの師匠筋の言葉ですが「が」は頑固、「ぎ」は欺瞞、「ぐ」は愚痴、「げ」は下品・下劣、「ご」は傲慢―。
やはり市場/相場に対しては謙虚でないと、勝ち残れないと感じます。
それは投資家に限らず、政府でも日銀でも、、、。


ドル円パッと見テクニカル。
謙虚に細かく切り返しイメージです。

0819東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円



okasanonline at 11:08コメント(2)トラックバック(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 株式勝男   2010年08月20日 17:10
為替に振り回される相場が続いています。 難しいですね。 白川・菅会談で適切な対応が示されるとよいのですが・・・市場が納得するような政策であって欲しいものです。
いつも勉強させてもらっています。 ありがとうございます。
2. Posted by 武部力也   2010年08月20日 17:39
株式勝男様
御指摘のように難しいですね・・。

>いつも勉強させてもらっています。 ありがとうございます

何を、、、、、そんな、お言葉、恐縮次第です。
アウトライトマーケットあがりの身上ですから(笑)
兎にも角にも健康第一で相場に負けず、頑張りましょう!株式勝男様もお体御自愛下さいませ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ