風が吹けば次世代の基軸通貨?と今夜のドル円戦略。

2010年05月18日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、ギリシャ問題を起因にPIGS(ポルトガルPortugal、イタリアItaly、ギリシャGreece、スペインSpain)をはじめとした欧州諸国のソブリンリスク(国家の信用リスク)、つまりはユーロの威信に関した相場展開が続いています。

次世代を担う基軸通貨。

現在において世界の基軸通貨とされているのがドル。

基軸通貨としての主な要件は
国際間の貿易・資本取引に広く使用される安定した決済通貨である事

各国通貨の価値基準となる基準通貨である事

通貨当局が対外準備資産として保有する準備通貨である事

が挙げられます。

19世紀半ば以降、国際金融の中心地としてのイギリスの強力な立場を背景に英国ポンドが基軸通貨としての役割を担ってきました。

しかし、第一次世界大戦で経済が疲弊し、基軸通貨が機能面で英ポンドから米ドルへ移行。
第二次世界大戦後はアメリカの経済力を背景に米ドルが名実共に基軸通貨となりました。

しかし、ベトナム戦争などでアメリカ経済の疲弊、巨額の経常赤字が問題化するとその米ドルの地位も青色吐息。
米ドルが迷走する一方で1999年1月1日に意気昴然と欧州統一通貨・ユーロが誕生し、近年は一部で中東石油決済のユーロ転換をも囁かれ始めました。
 
そうした中でのギリシャ問題ですからユーロ・シフトへの加速化が進み、ドルの基軸通貨の地位を脅かされる、とした危惧も些か遠のいた感があり、ユーロウェイトも見直す方向となる筈・・。

ではその代わりに、、、というと、オセアニア通貨?中東統一通貨?、まさか円?、と浮かんでは消えるところです。

では、人民元か?、というと未だ規制通貨であり直ぐにでも基軸通貨に取って代わるとは思えません。

但し、危惧するところは仮に人民元切り上げ云々、将来的に規制が緩和/自由化され決済通貨等として国際化される方向に動いたとするなら、
円の地位低下をもたらす可能性は高まると思われます。

ドミノ理論的な考え方をすれば
ユーロ不安→ドル→ドル見直し→ポスト基軸通貨探し→円の地位低下?・・。

「風が吹けば、桶屋が儲かる」
英語では「It is a very ill wind that blows nobody any good(=だれの得にもならない風は吹かない)」

と言うそうです・・。


今夜の材料。

19:00(英) 5月CBI製造業受注指数(前回-36) 
21:30(米) 4月生産者物価指数 [前月比] (前回+0.7% 予想+0.1%)
21:30(米) 4月生産者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
21:30(米) 4月生産者物価指数 [前年比] (前回+6.0% 予想+6.0%)
21:30(米) 4月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+0.9% 予想+0.9%)
21:30(米) 4月住宅着工件数 (前回62.6万件 予想65.0万件)
21:30(米) 4月建設許可件数 (前回68.5万件 予想67.7万件)
21:30(加) 3月国際証券取引高(前回+67.2億加ドル)
22:30(米) 米国株式市場(〜05:00)
23:00(米) ニューヨークオプション行使時間期限
24:00(英) ロンドンフィキシング 
01:20(米) ピアナルト米クリーブランド連銀総裁講演

○ボルカー元FRB議長、スタンフォード大で講演
○ガイトナー財務長官、ワシントン州のボーイング工場視察
○EU財務相会合

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/各情報ベンダーより


ポイント。
ユーロ圏に対する懸念は払拭されておらず、ユーロの下落基調が継続していると思われる反面、経済指標や信用不安を緩和させる要人コメントなどから調整反発局面も想定。
クロス円が強含む展開には当然、ドル円への影響も想定して対応を。

 

ドル円ぱっと見テクニカル
60分足で見ると91.80近辺でトリプル・ボトムを形成。
指摘してきた通り、92円台後半へ肉薄しました。
今夜は92円台前半を橋頭堡(きょうとうほ)として93円台半ば越えに向けたアプローチを見せるか否かがポイント、と考えます。

0518欧米ドル円

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 18:07コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ