マグロ丼で相場転換点を想う。

2010年05月13日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

銀座二丁目友せき 鳥の照り焼き丼
本日のランチはドンブリもの2品しかないお店にトライ。
0513友せきのマグロ丼
わたくしはマグロ丼を頂いたのですがマグロと言えば本年3月中旬、ワシントン条約会議でモナコ公国により出された「地中海および大西洋のクロマグロ(本まぐろ)の国際取引規制案」からマグロ消費量世界一とされる日本では大騒ぎとなりました。

マグロ好きには否決を喜ばしく思えるのです。
しかし、一方で本当に将来を危惧する絶滅種なのか否かの議論内容があまり伝わって来ないのは残念な気がします。

未来の歴史書で2010年3月がマグロ文化の転換点と記されるのか否か気になるところですが、一方、2010年上半期の相場においては転換点候補ナンバーワンに目されるのはギリシャ問題から発生した5月7日の金融市場大混乱です。

本年の転換点になり得るのか否か、分析資料を探していたのですが、デスクの引き出し内に”『フォーキャスト2010』レイモンド・A・メリマン著:(訳:皆川弘之氏)”を発見。

2010フォーキャスト
週末に改めてサイクル理論での検証合わせをしようかと考えています。


今夜のドル円戦略。
菅直人副総理兼財務相が「2011年度当初予算の新規国債発行額を今年度の44.3兆円以内に抑えるべきだ」と発言。

峰崎直樹財務副大臣によると「欧州連合(EU)諸国のソブリンリスクが高まっており、日本もきちんと対応しなくてはならないという宣言的な意味合い」と説明しており、市場の焦点は引き続きギリシャをはじめとしたPIGS(ポルトガルPortugal、イタリアItaly、ギリシャGreece、スペインSpain)諸国、南欧諸国のソブリンリスク(国家の信用リスク)と対比した主要国通貨の動きを探る展開が見込まれ、ます。

ドル円相場においては堅調な日本を初めとしたアジア株価動向を受けた回避姿勢の後退が欧米市場でも継続されるか否かが焦点。

そのほか、米検察がSEC(証券取引委員会)の協力を得て、JPモルガン、シティ、ドイツ銀行、UBSなどを住宅ローン証券の販売に関して捜査している、との報道が金融規制強化を連想させるか否か。
中国国内銀行の貸倒引当金水準を引き上げる見込み、とした一部報道を蒸し返してリスク回避の動きが見られるかに警戒。
需給動意の可能性として ロンドンフィキシングに向けて5月中旬の米債償還による円転圧力若しくは米債再投資によるドル転圧力が発生する可能性もありボラタイルな値動きの可能性に警戒です。


今夜の材料。
20:15(ユーロ圏) ゴンザレスパラモECB専務理事 講演 
21:30(米) 週間新規失業保険申請件数 (前回44.4万件 予想44.0万件)  
21:30(米) 4月輸入物価指数 [前月比] (前回+0.7% 予想+0.8%)  
22:00(南ア) SARB政策金利発表(6.50%で据え置き予想)  
22:00(米)コーンFRB副議長講演「金融政策」
22:30(米)米国株式市場(〜05:00)
23:00(米)ニューヨークオプション行使時間期限
24:00(英)ロンドンフィキシング 
01:30(米)バーナンキFRB議長・質疑応答
02:15(米)フィッシャーダラス連銀総裁 講演
02:30(米)コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁講演

フランクフルト、パリ、チューリッヒ休場(アセンション・デー/キリスト昇天祭)

時刻未定
○(米) ダラス連銀のフィッシャー総裁、テキサス州で講演
 

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/各情報ベンダーより

ドル円ぱっと見テクニカル
今週はおおよそ92.20-93.50円のボックス相場を形成。
明日14日エクススパイアリー(権利期日満期)とされるオプション設定観測のある水準93.75円を目先のポイントと推考。
同水準にアプローチし更に大量の設定観測がある94.00円に肉薄できるか否かが今夜の焦点と考えます。

0513東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円

「くりっく365 ボリュームディスカウント手数料」でさらにオトクに!6月1日より開始!



okasanonline at 18:24コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ