2019年09月11日

お疲れ様です、岡三オンライン証券・武部力也です。 

さて、昨夜、トランプ大統領は自身のツイッターに
”I informed John Bolton last night that his services are no longer needed at the White
 House. (私は昨夜、ジョン・ボルトン氏にホワイトハウスにはもう要らないと伝えた)と投稿。

NY



ジョン・ボルトン氏と言えば大統領補佐官(国家安全保障問題担当)であり強硬タカ派と知られて
おり例えば

・バラク・オバマ大統領の広島訪問は「恥ずべき謝罪の旅」
・当時のトルーマン大統領が日本への原子爆弾投下の決定は勇断、と演説する姿勢

・北朝鮮への先制攻撃主張派で朝鮮の脅威に対抗するために日本と韓国は核武装を検討すべき
・親台湾派、嫌中国・反中国強硬派
・カウンタージハード・反イスラム派
・イラン攻撃強硬派で6月の米軍無人偵察機の撃墜を受けた局面では軍事行動を主張



等々、枚挙に暇がないですが要は最強硬・最タカ派であり、ボルトン解任は軍事的緊張、衝突リスク
の後退を意味するとした市場理解がなされています。

そうなると今後のトランプ米大統領外交は『話し合い』『ディ―ル取引』の軸足スタンスが強まる
可能性から軍事衝突による地政学リスクは大幅に低減、後退した、との見解に繋がってきます。
つまり軍事面でのリスクオフ円高の可能性が少なくなった、となりましょうか。


18年前の本日は米同時多発テロ事件が発生した9月11日。犠牲者への鎮魂、平和への祈りが強まる
日です。



◎<本日の為替コメント>◎




以下、朝の当社・投資情報部内でのブリーフィングに使用した本日の東京金融取引所くりっく365と
くりっく株365でのドル円・日経225の上下焦点です。

◎<日経225><ドル円>◎




okasanonline at 10:29コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2019年09月10日

お疲れ様です、岡三オンライン証券・武部力也です。 

さて、連日のように韓国と日本の関係に関して、韓国の国内政治問題が一般テレビで報じられて
いますが、基本、市場には直接的な影響がない限り、距離を取るようにしているのが個人的な信条
であります。

もっともメディア出演させていたいただいた際は経済関係として韓国中銀動向、そして韓国の
統計庁が9/3に示した8月の消費者物価指数CPIでは前年同月比0.00%、細目では食料品・飲料が
-3.3%、そして交通・通信・教養娯楽がマイナスなので「実質上のデフレ懸念だが中銀も更なる
利下げ緩和にはウォン安誘引懸念から10月会合に向けては悩んでいるのでは」とは先週末にラジオ
やテレビに出演させて頂いた際はコメントさせて頂きました。


ところが、、市場には直接的な影響がない限り、距離を取るように、、としていたなかで、
私自身、余りにも知らなかったので、、驚いたことが一点。

それは朴槿恵(パククネ)前韓国大統領に関してで旅客船沈没時での対応や側近の不祥事・疑惑で
大統領弾劾が成立して罷免され、収監されていたのはおぼろげながら報道で認識していました・・。
前後の韓国大統領

しかし、、厳密には2018年4月に懲役24年、罰金180億ウォン(約16億円)の有罪判決を受けているの
ですね!!
収監は認識していましたが、懲役24年って、1952年生まれだそうですから20年の減刑されたとして
も2038年出所だと、、86歳・・・。「・・・」と些か絶句。



勉強不足の反省と気を取り直して今回の株と為替の売買シナリオをお送りしました。
20190909バイシナ











okasanonline at 17:25コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2019年09月10日

お疲れ様です、岡三オンライン証券・武部力也です。 

さて、トランプ大統領の米国第一主義は何と言われようとも結局は国益の為、とした政治信条に
基づく主義主張であり、ある意味、国益重視の観点では当然と言えましょうか。

で、英国イギリスにおいては英議会がジョンソン首相に対し「3ヶ月の離脱延期をEUに求めること
を義務付ける」とした身勝手な法案が昨日、正式に成立しています。
英首相

ジョンソン首相は10月の欧州連合(EU)首脳会議でEU離脱協定で合意したいとの意向を抱いており
これも英国民の為、英国の国益の為、とした政治信条の延長にあります。
3カ月延期を求めた議員らも国益重視での対応の筈であり、これに対してEU側がどう出るかはまだ明確
ではありません。

もっとも市場はドライであり、国益だろうと何だろうと目先の英国内混乱はひとまず回避された、と
して対主要通貨で売られていたポンドの買い戻しが強まっています。

「ポンド?関係ないしイギリスにも興味ない」とした声も聞えそうですが、理屈抜きでの200日終値比
でのポンド円とドル円の相関係数が0.888であることは重要と心得ます。

20190910ドル円ポンド円日足

トレンド的にはドル円とポンド円がシンクロ同調性、同じような方向性に寄せられることを完全に
無視する訳にもいかず、事実を留意しておく必要を感じます。
思わぬ盲点、落し穴であることをお忘れないように。


以下、朝の当社・投資情報部内でのブリーフィングに使用した本日の東京金融取引所くりっく365と
くりっく株365でのドル円・日経225の上下焦点です。








okasanonline at 10:37コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ