2019年01月17日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、トランプ大統領と野党・民主党の予算を巡る対立が続き、政府機関の一部閉鎖は昨年12/22
から継続しています。


トランプに直立不動


政府機関の閉鎖での自宅待機職員は約80万人とされ1/11の給与支払日も滞り、ローン返済等に
困っている人向けにはFRB連邦準備制度理事会が金融機関向けの声明を出して柔軟な対応を呼びかける
事態にまで発生しています。

もっとも、ここに至っても、ピンとこないイメージを抱く方々には是非、ご確認を、となるのですが、
あくまでも参考、としてチェックされているシカゴIMMポジションが公表されていない、となると
「あ!」と思われる方も多いのではないでしょうか

各取引所は国際通貨先物市場に上場されている通貨の建玉明細を米商品先物取引委員会(CFTC)に
毎週火曜日の取引終了時点の建玉明細を報告しそれが同週末金曜日の取引終了後に公表されています。


米商品先物取引委員会(CFTC)は大統領直轄の政府機関であり一部閉鎖、、とした影響からIMM通貨
先物の取組データの公表を見送っています・・。恐らく米証券取引委員会(SEC)も同様に業務に影響
を及ぼしている可能性です
◎<本日の為替コメント>◎

仮想通貨関連にも影響、とは想像していませんでした。



まずは、1/16取引分迄となる、東京金融取引所くりっく365とMINKABU社のデータによるFX投資家の
ドル円売買比率をご紹介します。
1ドル114円からの逆張り買い・ナンピン買いでの買い上昇から低下が認められ、コスト近辺での縮小
が推考されます・・・。

20190117


出所/引用元:/岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/コンビニ☆売買建玉推移.

以下、朝の当社・投資情報部内でのブリーフィングに使用した本日の東京ドル円・日経225の上下焦
点です。





okasanonline at 11:33コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2019年01月16日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、中国、韓国、北朝鮮、ロシア、米国に英国、と外交観点、経済観点での影響度合いがより
一層の高まりを感じる2019年。

特に某国に関しては日本への理不尽な言動につくづく愛想が尽きたというムードが報道を通じても
広がっていることを感じ、「うんざり」「疲れる」とした声を聞く一方で進出・提携企業が多い
ことや観光庁が本日発表した訪日外国人消費動向調査(速報値)によると、2018年累計の訪日客
による旅行消費額において某国は2位で消費額は5842億円、訪日人員数も753万9000人であること
が判明。
2003年の流行語大賞「毒まんじゅう」を思い出してしまいました・・。

対某国への強硬措置は輸出関連の日本企業群、国内消費関連企業群にも相応の痛みが予想され、
その影響が東京金融市場にも大きな影響を及ぼすもの、と考えます。

しかし今まで以上に日本のアイデンティティ・主体性が問われる問題を抱え、本年は地方統一選、
参院選、場合によっては、衆参ダブル選挙の可能性が永田町で燻る中では、「何もしない」とした
可能性は低い、との観測も聞こえてきます。


日本に限らず、政治が相場を突き動かす展開が引き続き警戒されます。
ちなみに、、米政府機関の一部閉鎖は本日で、26日目を迎え、米史上最長、FRB議長がその影響
憂う状態が遂づいています。

今回の株と為替の売買シナリオは、そうしたエアーポケットに入り込んだ局面、として短期ドル円
・日経225ストラテジをイメージしました。

20190116バイシナ






okasanonline at 17:58コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2019年01月16日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、英議会はEU欧州連合からの離脱協定案を歴史的な大差で否決。<賛成202票、反対432票>

メイとポンド

そうなると、ポンド動向は?となるのですが、こちらは否決織り込みの上に事前の観測報として
英著名ジャーナリストが”EU側が離脱期限延長”とした期待観測を示したことで、まずは合意無
き離脱懸念が”後退”、というより”一旦先送り”となり、ポンドショートの買戻しに繋がっている、
との見方が聞こえてきます。


で、離脱協定案否決後、今度は英国の最大野党・労働党が、直ちに内閣不信任決議案を提出。
市場の観測では
、内閣不信任案の結果判明→1/17木曜日早朝→恐らく否決→メイ政権継続

□離脱協定案否決→英政府メイ政権は3日以内(1/21期限)に代替案を議会に示す必要→超党派協議



→メイ首相辞任、国民投票再実施、総選挙、離脱の延期・撤回、とした可能性は低いとされ、
このままでは国益を害するとして△軸となり超党派会合がなされる可能性が現実的、との見方
が聞こえ始めました。
困った武部


NY市場関係者らの見解読みだとポンドの買戻し、上値追いリスクが強まる、、そして第二幕・三幕も・・、とやや難解・・。
正直、英国政治事情の疎い東京市場参加者は追随順張りが無難なのかもしれません・。

ドル円上下









以下、朝の当社・投資情報部内でのブリーフィングに使用した本日の東京ドル円・日経225の上下焦









okasanonline at 10:37コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ