2019年07月11日

お疲れ様です、岡三オンライン証券・武部力也です。 



さて、本日7/11木曜日午前9時からは日本テレビ日テレNEWS24「Market News」に出演させて
頂きました。


20190711日テレ

<お相手は鈴木理香子さん>、

20190711日テレ



コメントは画像クリックにてもご覧いただけます。
「アキラ・パウエル100%」では無く、「リサゲ100%」としたのはシカゴFEDウオッチでの
7/31米連邦公開市場委員会政策金利動向に対して2.25-2.50%据え置き、とした確率は無いこと。
つまり確率として100%利下げ見通しとなっており、2.20-2.25%、とした0.25%の利下げ確率が
71.4%、更に0.50%幅での利下げ確率も28%ある点を踏まえてコメントしました。




以下、朝の当社・投資情報部内でのブリーフィングに使用した本日の東京ドル円・日経225の上下焦点を
軸に申し上げ、現行の日経平均株価とドル円水準のレンジ観を申し上げました。


昨日、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が半期に一度の議会証言を行いましたが、「利下げの
必要性が高まっている」と明言したことにより、今後は対ドルでの主要通貨の金利水準、主要中銀の
金融政策が改めて問われるわけであり、特に円においてはFOMC翌日の日銀会合ではどのような一手を
示すのかも今後はテーマになり得るものと見ています。



20190711日銀













okasanonline at 11:27コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2019年07月10日

7/10(水)の「力也のFX道場」は都合によりお休みいたします。

ぺこり武部




okasanonline at 09:09コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2019年07月09日

お疲れ様です、岡三オンライン証券・武部力也です。 

さて、今回の株と為替の売買シナリオは2つの中央銀行に焦点を合せました。

一つはトルコのエルドアン大統領が同国中央銀行のチェティンカヤ総裁を7/6土曜日に更迭した
こと(任期は2020年までありました)。

チェティンカヤ総裁の金利据え置きがお気に召さなかったようで特に昨年9月から24%金利を据え
置き、6/12会合でも利下げせず、に対しては6/20にエルドアン大統領は怒りを爆発。
政策金利の引き下げを強く要求したことが報じられ、リラ円もパニック的に急落場面を見せました。

エルドアン大統領の娘婿のアルバイラク財務相も一部関与しているとの見方があるようですが
、いずれにしろウイサル副総裁が後任昇格。しかし政府と中銀の間では利下げの時期を巡って
見解の相違がまだ、ある筈で、、果たしてセントラルバンカーとしての矜持を貫くか、政治的圧力に
屈するか、次回7/25のトルコ中銀会合に向けての警戒を申し上げています。

20190709バイシナ

一方、二つ目としてトランプ大統領とパウエルFRB議長の見解差異は周知なところですが、一応?
パウエル議長も予防的措置を大義に次回7/31のFOMC連邦公開市場委員会で利下げ姿勢を覗かせて
いたのは周知となります。

そこでややこしくなってきたのは7/5金曜日発表の6月の米雇用統計で非農業雇用者数が市場予想以上に
増え
、7/31のFOMCで利下げを予想する市場参加者が減ったことであります・・。

そして7/10-11にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は半期に一度の議会証言を上下院で行いま
すが、整合性が見せれる証言をするのか否か。

当然、利下げ観測で金利面でのドル買いインセンテイブが後退してドル売り円買い、となっていたのが、
こうした動きから反転買戻しでのドル買い円売りへ。証言では利下げ見通しを後退させるのか否か。

さて、こちらもセントラルバンカーとしての矜持を貫くか、政治的圧力に屈するかが探られます。

ためいき1

困った2人の大統領に悩まされる、2人の中銀総裁に捧げる今回のバイシナです・・・。





okasanonline at 17:55コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ