2018年12月11日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、英国の欧州連合(EU)からの離脱条件を定めた協定案などを巡る不安定さが警戒されます。

そもそも、12/11英議会下院でのEU離脱合意案の採決(日本時間12/12午前4時頃から)で、その結果
をダイレクトに受ける東京市場が危ない、との紹介をさせて頂いた経緯ですが、、ナント、、延期。

メイ首相が英議会で「議論を聞いてきたが、採決しても否決される見通しなので延期する」発言
しています。

で、どうなるか。やはりメインシナリオは3つ。

.瓮ぜ鸛蠢軋狄悄↓英国国民投票再実施、9膂嫐気「無秩序離脱」

しかし、そもそも、英議会承認を問う中で日程としては英国が来年3/29離脱のためには、手続き上、
来年の1/21迄に離脱案に対して英議会承認がなされればセーフとのこと。

20181004メイ英首相


そこで恐ろしき一部シナリオがもう一つ。メイ首相は国民投票再実施、内容の大幅修正にも否定的で、
あるものの最終的には議会合意で突破、との道を探っている、との見方であります。それはどんな手段か。



つまり合意無きEU離脱は特に英経済活動を停滞させ、英ポンド暴落・忌避に動く可能性から、混乱が
強まり、経済クライシスに追い込まれ、逆に国民・議会がメイ首相の離脱案を支持する、せざるを得ない、
すがる、、とした身を捨ててこそ浮かぶ瀬も有り、の案に傾斜しているのではないか、との見方であります。

それまでは議会採決日時を明らかにせず、市場を利用する作戦です。
無論、否決された場合、21日以内に代替え案を議会に提出が可能ですから、逆算すると年末年初。
この頃までメイ政権は、ポンド売り大歓迎、との邪推に繋がる見方となります。


本当にポンド暴落で良いのか否かですが、通貨安はメリット、と捉えた諸刃の作戦となります。

以下、ブリグジットショックでのポンド急落時、通貨安≒輸出性向プラス、として英株FTSE100が
急上昇した経緯があります。

20181211ポンドとFTSE100

当時、日本を含む先進主要国が協調してポンド買い介入支援を打診したら、英国政府側から余計なことを
しないでくれ、と言わんばかりのお断りがあったとの観測報がありました。

今回はメイショックで当時の動きが再来に賭けているのか否か。
邪推ですが恐るべし作戦かもしれません。





以下、朝の当社・投資情報部内でのブリーフィングに使用した本日の東京ドル円・日経225の上下
焦点メモです。



okasanonline at 11:14コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2018年12月10日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、今週も主要国の政治経済日程が複数予定されていますが、落し穴、と警戒されているのが
12/11英議会下院でのEU離脱合意案の採決で、日本時間12/12午前4時頃から採決に入る予定とされて
いること。


え〜


で、現状、メイ英首相が示した離脱案へは与党・保守党内でさえも反発が強く、離脱案発効に必要な
下院過半数の承認を得られる見通しは立っていません。

で、シナリオが3つ
20181004メイ英首相

○どうせ否決されるなら、、と採決延期
○否決された場合のメイ政権は21日以内に代替え案を議会に提出
○メイ首相が「もういや!」と政権を投げる、若しくは行き詰って退陣を余儀なくされる
⇒「合意なき離脱」

そして、こうした政治リスクをポンドは何処まで織り込んでいるのか。
観測報も含めてポンド警戒度が高まっており、クロス円、対ドル、対円への影響、そして12/12の
日経平均への感応度は未知数。
何故なら結果をダイレクトに受けるのはまたまた東京市場だからであります。



今回の株と為替の売買シナリオは、その前週末に決まったメルケル独首相の次期後任を紹介して
短期ドル円・短期日経225ストラテジを勘案しています。

20181210バイシナ







okasanonline at 18:02コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2018年12月10日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、中国の通信会社・華為技術(ファーウェイ)を巡る軋轢が中国、米国・カナダ・英国、
そして日本との関係を悪化させる懸念があり、株式市場で顕在化するリスクに加え、米国で
景気後退の予兆とされる長短金利の逆転がドル売り円買いに繋がりやすいとして警戒されています。

12/18-19連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決定した上で様子見姿勢のシグナルを送るか否か




しかしここにきて銀行間インターバンク市場から聞こえてくるのは機関投資家、そして需給での
企業ニーズとしたドル買い意欲。
本日もその時の実勢レートより銀行仲値が高かった、つまりドル不足が多かったから、と推測可能です。

一方、以下、東京金融取引所くりっく365とMINKABU社のデータによるFX投資家のドル円売買比率を
見ると微増ながらも上昇、そして12/7米雇用統計では微減・横ばいしている点であります。

20181207売買比率ドル円

出所/引用元:/岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/コンビニ★売買建玉推移

要は11月下旬高値圏では、売り残を増やしての買い比率低減。そして114円台から
足元の下落・安値に向けては逆張り・買い下がりで112円台は買い、との思考か、買い残玉増加により
買い比率が素直を上昇しています。が、、12/7は微減・・。

114円台は売り、対して111円台後半〜112円台前半では買い、とした動きが強まるか否か。個人
投資家のドル円下限イメージが探られる局面です。




祝日の相場



以下、朝の当社・投資情報部内でのブリーフィングに使用した本日の東京ドル円・日経225の上下
焦点メモです。



okasanonline at 11:25コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ