2021年04月12日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、日本と中国との関係では歴史・文化、あらゆるものでの結びつきや経緯は周知ですが、現在
の日本が超え
なくてはいけないもの中国が、輸出入総額の2割を占める我が国最大の貿易相手国で
ある点です。

新型コロナウイルス禍で世界経済、国内消費が低迷する中で中国との摩擦は避けたいのが実情で
あり本音です。しかし、現在と未来の損得を菅首相は天秤でどのように計るか。
菅総理

各国からの評価と日本人自身の矜持が問われる場面と考えます。


菅首相訪米を控え、明らかに決断が迫られるであろうことは米国や欧州連合(EU)をはじめとした
国々が制裁措置へ踏み切っている中国の新疆ウイグル自治区に対する人権問題となります。
ウイグル国内での恐ろしい人権抑圧内容が伝わる一方で真偽不明を大義名分に日本は経済への影響を
危惧して対中国姿勢に慎重な態度を崩していないとの指摘もあります。


一部の保守系永田町関係者からは苛立ちと強気な姿勢が聞こえますが、これに加えてマーケット
関係者が興味を持つのが、実は並行して中国海警局による沖縄県・尖閣諸島周辺の領海侵入問題、
そして中国軍機が台湾の防空識別圏(ADIZ)に立ち入る事例が急増している点での、いわゆる
「台湾問題」です。

日本


台湾との友好関係は未来永劫続くものとして、個人的には祈りますが、国際外交はクールであり、
それは
台湾・尖閣諸島を結んでのシーレイン防衛、沖縄・太平洋ライン、とした地政学、そして
自由人権主義
な問題だけではなく、そこには経済の問題として「半導体」問題も潜んでいます。





半導体が世界中の製造市場で不足しているのはご存じかと思いますが理由は簡単です。

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務・テレワークが世界中で広がり、スマートフォンやパソコン
などに使う電源管理用の半導体が足りず、また、感染回避を目的に家族需要での自動車市場の回復
も聞こえるなど医療器具も含めたあらゆる分野での半導体の需要が著しく高まっています。

そして肝心なことは国際半導体製造装置材料協会ほか各種資料を見ても世界の半導体生産能力を国・
地域別にみると1位は台湾であり全世界の生産能力の約22%を占めていることです。

2位はシェア約20%の韓国、3位はシェア16%で日本。4位はシェア約14%の中国で、米国は5位の
13%と続き、6位は欧州ユーロ圏の6%・・。


確かに台湾の自活選択、人道・自由人権主義への支援は大変重要ですが台湾の戦略的重要性は
東アジア・
太平洋地域の安全保障上の問題だけでなく日米合計でも世界生産の30%弱しか抑えら
れない半導体戦略
にも大変重要である点も注視しておく必要があります。


申し訳ございませんね




okasanonline at 11:38コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2021年04月10日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、4月中旬入り局面を迎えていよいよ日米首脳会談に耳目が集まります。

日米懸案事項の中で為替・ドル円への影響はあるのか。





20210412週号



をお送りしました。是非、ご高覧下さい。


okasanonline at 09:30コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2021年04月09日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、本日4/9金曜日午前10時03分頃からはラジオNIKKEIの株式番組「マーケットプレス前場内」
「今日の相場概況」「FXショートコメント」に(お相手は岸田 恵美子さん)に出演させて頂
きました。

詳細は<ラジコ>でご聴取頂けますがポイントは1点。

やはり来週は菅首相の訪米とそれに伴うバイデン大統領との4/16会談、そして合意と協調の内容、
考えます。
菅総理


日本側の喫緊課題は周辺近隣国との軋轢など外交防衛問題。
米国側は人権・気候問題を軸に巨額なインフラ投資策と併せて法人向け最低税率の導入提唱です。

バイデン



特に法人向け最低税率の導入は主要国の財政基盤安定、そして米財源・米債金利に影響を与え
ドル円にも波及する、とした見立てです。


<ラジコ>で是非ご聴取ください。









okasanonline at 10:48コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ