2020年11月20日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。



さて、11/20金曜日の午前10時03分頃からはラジオNIKKEIの株式番組「マーケットプレス前場内」
「今日の相場概況」「FXショートコメント」(お相手は岸田 恵美子さん)に出演させて頂きま
した。詳細は<ラジコ>でご聴取頂けます。


内容は是非、ラジコでお聞きいただければと思いますが、ラジオ出演終了後、複数懇意筋から
「知らなかったよ〜」とお問い合わせを頂いたのが、11/17の日豪共同声明に関して。




米大統領選挙を巡ってトランプ米大統領の陣営が法定闘争を挑む一方でバイデン次期大統領も
着々と新政権人事・閣僚選出の動きにでている、とコメントした一方で米国の世論二分化・分断に
よる混乱を念頭に日本も米国依存一辺倒から多様性を求めているのではないか、とした見方です。

その対応の一つとして今週、菅首相はわざわざ会談をするために来日なされたモリソン豪首相
との首脳会談、そして安全保障・防衛協力や経済などの分野における協力関係の一層の強化を
図る日豪首脳共同声明への署名を11/17にしたことです。

日豪共同

対中国を意識した日豪関係の強化であり、なぜか国内は大きく報じないものの、先方の豪国内
メディア、または海外では日豪安保条約に向けた動き、として伝えており
“military  defence pact”“Security treaty”とした見出しが躍っています。

軍事・防衛はさておき、市場観点で見れば経済関係の交流強化、資本移動の需給も高まる可能性
から中長期での豪ドル円着目を考察しました。

日豪首脳共同声明に関しては直接、外務省サイトでご確認下さい。








okasanonline at 11:51コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2020年11月19日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、本日11/19木曜日は午前9時から東証寄り付きに合わせての日本テレビ・日テレNEWS24(BS/CS)
「Market News」に電話出演をさせて頂きました。(お相手はトーマス サリーアナウンサー)

20201119日テレ24出演








で、日本テレビ系番組に出演したことでコメントを自粛した報道が2つほどございます。


一つは他局(フジテレビ系)でしたが昨夜の東京都・小池知事発言に関して。
小池東京都知事

飲食店や事業法人への時短要請には慎重な姿勢を見せていたものの11/18の新型コロナウイルスの
感染者数としては過去最多の493人の感染が確認され、これも踏まえての見解なのでしょう、小池
知事は、今後、更に感染が拡大し、東京での1日の感染者数が1,000人になることを念頭に対策を
進める考え
を示していました。

念頭に対策、とした姿勢なのですが、一日1000人、つまりは月3万人、とした数字だけが独り歩き
をし始め、それ以上も、としたややエキセントリックな警戒に転じ始めるのでは、との懸念も出て
きました。
正しく恐れ、防疫・予防をする、とした意識から過激な警戒への転化です。

いずれにせよ防疫・医療体制の堅持と景気経済の持続、とした難しい両輪の舵取りを小池知事は
迫られます。




もう一つも他局(NHK・TBS系)によるオバマ前米大統領の回顧録に関して。
オバマ元米大統領

鳩山由紀夫元首相に対してのくだりの原文が「A pleasant if awkward fellow」と記され、これを
「不器用だが大変感じの良い男だ」と訳せば無難だったのでしょうが「迷走した日本政治の象徴」
「彼も7ヶ月後にはいなくなっていた」等々、手厳しく意訳して評したそうで・・・。



わたくしは今回、日テレ系での出演なので2つの報のコメントは自粛しましたが、
市場同様、解釈と受け取り方で巷の反応の違いが顕著に現れる2例でございます。
申し訳ございませんね








okasanonline at 11:22コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2020年11月18日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、11/16月曜日の報ですが正午から日本記者クラブで茂木敏充外相が記者会見をしました。
茂木外相

ほ〜、と唸ってしまったのは米大統領選で民主党のバイデン前副大統領が当選を確実にし、
トランプ大統領に関しては「選挙結果がひっくり返るということはないと思っている」と
茂木外相が言及した点であります。


法定闘争中だとか、不正選挙の是非は兎も角として外務省は既に11/12時点で
”菅総理大臣とバイデン次期米国大統領との電話会談”、として民主党のバイデン前副大統領
とはせずに”バイデン次期米国大統領”、と明記してます。
要は既に政府・外務省はバイデン政権誕生に舵を切っており、それを追認した格好です。


個人的には不正選挙の存在有無を早く明確にして欲しい一方で若し、バイデン陣営が不正選挙
を行っていた、と明確になれば、今後は長期にわたり民主党政権の誕生はあり得ないもの、
とも考えます。


武部イラスト小

昨年夏、武部の週間為替見通し7/8週号で7/2にトランプ大統領がツイッター投稿した文章を
取り上げました。

内容は「わたしはジュディ・シェルトン博士を(FRB理事に)指名する事を謹んで発表します」
とした意思でこれに対し型破りな見解を示していることで有名な方の登用を危惧している、
と週間見通しで取り上げました。


シェルトン氏はFRB連邦制度や中央銀行の存在を批判し、懐古的な金本位制を掲げ、これに対し
FRB元当局者やノーベル経済学賞受賞者7人を含む著名経済学者陣が指名承認反対の書簡を上院
議員に送付していました。
異例の騒動から上院承認場面では物議を醸し、反発を呼ぶのではないか、と昨夏時点で記した
経緯です。



  
で、案の定、昨日の米上院ではトランプ大統領がジュディ・シェルトン氏をFRB理事に指名
する承認手続きを前進させる動議の採決を行ったものの賛成47、反対50で否決・・。
共和党議員の中には欠席者もいましたが「彼女に確信が持てない」とFRB独立尊重の観点から
造反議員も出現しています。

勿論、シェルトン氏の資質に疑問を持っての反対もあるでしょうが、加えてトランプ大統領の
神通力、求心力低下も否めず、今後は次期米大統領の就任式まで現政権のレームダック化が
強まるかもしれません。落日の始まり、とも警戒します。


もっとも危惧するのはトランプ大統領がつなぎ予算案に署名しているものの、その期間は
12/11迄であること。

つまり、それ以降は連邦政府機関の閉鎖が年末恒例のように危惧される訳で、ネジレ国会に加え
次期米大統領の座を巡る法廷闘争も高まっているようだと、ドルは忌避されるかもしれません。



トランプ大統領が黙って退陣し、バイデン政権誕生に向けてスムーズな移行がなされる
でしょうか・・。

米大統領選挙候補


物語はまだまだ続きそうです。







okasanonline at 11:00コメント(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ