2009年09月24日

こんにちは、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、株式市場においてはプロ野球・読売巨人軍が、セ・リーグで3年連続33度目の優勝を決めたことから、優勝セールを行う権利(ロゴなどの使用許諾権)を持つ企業やアライアンス系企業の記念キャンペーンが注目を集めています。また、本日が3月期決算企業の9月末配当の権利付き最終売買日だったことから配当狙いの好材料銘柄への個別物色意欲が強まりました。

しかし、一方では亀井静香郵政・金融担当相が中小企業の借金返済に猶予を与えるための法案提出に向けた作業を指示したとの報道から225先物主導で下げ幅を広げる動きとなっており、また、オプションの手口を一部垣間見ると先週来、CALL10500、10750の売りとPUT10000、10250の売りが些か大目のように感じられ『目先、相場は大きく動かないのでは』、と読んだ向きが合成オプションの”ショートストラングル”を構築した、とも想像は可能です。

個人的に興味が沸いているのは10月2日、デンマークのコペンハーゲンで開催される国際オリンピック委員会(IOC)総会です。それは2016年夏のオリンピック・パラリンピックの開催地決定<決定発表予定時間:日本時間3日午前1時>がなされることから仮に東京、と決定されれば当然、指数上伸への期待値は膨らむところであり、経済政策をも凌ぐポテンシャルを感じます。オリンピック景気ですね♪

1996年 アトランタ, アメリカ  
2000年 シドニー, オーストラリア  
2004年 アテネ, ギリシャ  
2008年 北京, 中華人民共和国  
2012年 ロンドン, イギリス
2016年 <候補地:東京、シカゴ、リオデジャネイロ、マドリード>

東京オリンピックバッジ

ちなみに為替市場において直接的な影響・反応はあまり聞いたことが無いのですが、1996年からのドル円チャートを見ると夏季オリンピック開催年は年初から開催月に掛けては些か円安に進んでいるかもしれません。

ドル円オリンピック4年周期
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・月足/ドル円


もっとも数年先の話より、足元、今月末、いえ、今週、今夜にどの水準でドル円相場が推移しているかを読むほうが先決かもしれませんね。


今夜の指標は以下になります。

21:30 (米) 9/20までの新規失業保険申請件数 (前回54.5万件 予想54.6万件) 
22:00 (米) NY原油先物市場開始
22:30 (米) 米国株市場開始
23:00 (米) ニューヨークオプションカット
23:00 (米) 8月中古住宅販売件数 (前回524万件 予想533万件) 
23:00 (米) 8月中古住宅販売件数 [前月比] (前回+7.2% 予想+2.1%) 
23:30 (米) エバンズ米シカゴ連銀総裁講演
24:00(英) ロンドンフィキシング
02:00(ユーロ圏)シュタルクECB理事講演
主要20カ国・地域(G20)金融サミット(米ピッツバーグ、25日まで


9月中間期末での円転・円買い圧力が山場に来ているとの観測からドル円相場では継続して下値リスクを考えています。



okasanonline at 17:09コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年09月24日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、5連休明けとなる東京市場筋が如何なる動意を見せるのか、動静が読みにくい格好で始まっています。
取りあえず小康状態で迎えたドル円相場は、主要20カ国・地域(G20)金融サミット(米ピッツバーグ、25日まで)で24日午後(日本時間25日未明)にガイトナー財務長官と藤井裕久財務相が会談すると報じられていることから為替政策やドルの信認維持などについても話し合われる可能性をも鑑み、市場参加者の様子見姿勢が強まるものと考えています。

しかし、本邦では9月中間期末という、需給的な要因を孕んでおり継続して円転圧力には注意を払いたいところです。

ドル円相場をテクニカル的に見ると上値焦点として今朝の高値91.62、60分足ボリンジャーバンド+2σ推移の91.69、91.80-95のギャップ(窓)、92.15-20のギャップ(窓)への埋め戻し有無と21日高値の92.50-55がラストターゲット。
一方下値は、60分足ボリンジャーバンド-2σ推移の91.07、91円台を下抜けた場合、昨晩の安値90.84、23日の戻り安値90.70、同じく23日、最安値90.48-50への再度下押しリスクが浮上します。

24日ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足ボリンジャーバンド/米ドル円

本日の東京ドル円は91円台前半推移でのイメージで考えています。

 



okasanonline at 09:46コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年09月23日

こんにちは、岡三オンライン証券の武部力也です。
1948年の本日、上野動物園で「おサル電車」が営業開始されたそうでわたしも小さい頃に運転手がお猿さんだった“おサルの電車”に乗った記憶があります。
その後は動物保護法が施行され、動物愛護団体から動物虐待の非難の声があがり、廃止となったそうですが、愛嬌があってほのぼのとした人気アトラクションだったと記憶しています。

さて、一般的には人気アトラクションと言えばジェットコースターなのでしょうが、ジェットコースター並みに激しい動きを見せる通貨ペアと言えば、やはりポンド円相場です。
最近は特に大英帝国:ポンドに対する思惑が高まっていますが本日は17:30に BOE議事録公開されます。
政策金利を含めた金融政策はBOEの中にあるMPC(金融政策委員会)で決定され、MPCは原則月一回の定例会合を毎月上旬の水・木の2日間開催します。
金利の決定は1人1票で多数決によって決定され、その会合の議事録は2週間後の水曜日、つまり本日、9月10日の政策決定、0.50%(予想:0.50% 前回:0.50%)とした過程が明らかになります。

どのような議論がなされたか、今後の金利動向を左右しかねない内容だとポンド円相場も激しく動く可能性からよくよくご注意ください。

0923日足ポンド円

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ポンド円



okasanonline at 09:56コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ