2010年06月10日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、本日の東京外国為替市場では円が株価に左右されやすい展開で考えます。

株式市場のセンチメントとしては 昨日に年初来安値を更新した一方、中国の景気拡大への期待や発表
された日本の第1四半期の実質国内総生産(GDP)2次速報が1次速報に対して小幅ながらの上方修正
が確認されており上下、綱の引き合いを予想。

特に明日11日の先物・オプションのダブルSQ(清算日)を前に権利行使価格9250円−9500円−9750円を
睨んだ思惑展開が予想されます。

0610ドル円と225
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/日経平均株価

 

為替市場においては引き続きユーロ圏への財政懸念。
特にPIGS(ポルトガルPortugal、イタリアItaly、ギリシャGreece、スペインSpain)をはじめと
した南欧問題に留まらずハンガリーの財政危機が東欧圏全体に発展する可能性が警戒されるところ・・。

僭越ながらインターバンク出身者としては欧州系銀行を中心とした債券エクスポージャー(価格変動リスク
にさらされている資産の割合)から該当金融機関への懸念が欧州の金融システム不安に発展する可能性も
あり、その場合は流動性低下を招き、FXにおいては値が飛びやすい、とした懸念も想起しています・・。
 

東京ドル円戦略。

欧州の債務危機を背景に世界景気の先行き不透明感が強まるなか、前日の米国株同様、日本株やアジア
株も軟調となれば、リスク回避の連想からユーロや高金利通貨を売って低金利の円を買う動きがドル円相
場にも影響する可能性を考えます。

ニュージーランド円の踏ん張りどころ!

  一方、ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は早朝に3年ぶりの利上げを実施。
政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レートを過去最低の2.5%から、2.75%に引き上げました。
ボラード総裁は政策決定会合後の声明で、「基調のインフレ圧力は高まると予想される」とした上で、
「現在の政策金利の低水準を考慮すれば、刺激策を徐々に解除するのが適切だ」と説明。

改めて昨日指摘した世界平和度指数(せかいへいわどしすう 英:Global Peace Index)1位のニュージーランド
に着目した次第です。

NZ買い建て玉比率
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート

もっとも、そもそもニュージーランドドルの流動性の低さは周知の通り。
ふとした弾みで値が飛びやすい中で61-62円圏を維持できるのか。テクニカル的には中期トレンドとして
週足一目均衡表、雲の上限64円に向けアプローチできるのかに注視しています。

0610ニュージーランド円週足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・週足/一目均衡表/ニュージーランドドル円

  


ドル円パッと見テクニカル。
0610東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円

 

本日は皆さんの勝利を祈念して、珍しい五つ葉のクローバー(金運向上の意味)を!
五葉のクローバー
PHOT BY shigeru



okasanonline at 11:24コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年06月09日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、世の中には数々の指数データがありますが、本日報道されて話題となったのは
世界平和度指数(せかいへいわどしすう 英:Global Peace Index)。

英のエコノミスト紙が24項目にわたって149カ国を対象に分析し、各国や地域がどれくらい平和かを
相対的に数値化したデータで大学をはじめとした各種研究所やシンクタンク、
多数のエコノミストなどが協力して更新しているとのこと。

 

主な調査項目ですが、例えば●対外戦、内戦の数 と推定死者数●人口に対する難民・追放者の割合
●近隣国との関係 ●小型武器、携帯兵器の入手しやすさ●暴動の可能性 ●犯罪収容者の数、、、など。

平和と評価された1位から10位までの国は
ニュージーランド、
アイスランド、
日本、オーストリア、
ノルウェー、
アイルランド、
デンマーク、
ルクセンブルク、
フィンランド、
スウェーデン、
の順です。

ん??スイスは?、、と疑問に感じたのですが意外に圏外・・。指標結果には賛否両論ありますが
いずれにしろ発案者はこの指数で各国指導者を目覚めさせるのが役割だとしています。


日本は毎年10位以内ですが、今回初めてのベストスリー入り。
改めてですが今日の日本を平和の礎を築いていただいた方々には感謝の念が絶えません。

地球とユーロ

 

今夜。
日経平均株価においては年初来安値を更新。日本のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は
悪くはないのですがやはり、欧州の債務危機/不透明感がリスクオフとしたセンチメントにバイアス
を掛け、また、ユーロ先安観が欧州売上高比率の高い銘柄の足を引っ張った格好です。

今夜も欧米株式動向ほか、注目していたスティーブンス豪中銀総裁の発言から利上げ期待が些か
後退しており、豪ドルのポジション調整の動きがあるのか否かに警戒です。


また、ドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領はバローゾEU委員長に共同で書簡を送付し、
株式、国債、国債のCDSの空売り禁止を欧州全域での導入を検討すべきと強化の要請をした、との
報道もあり、ユーロに対する思惑が相場を乱高下させる可能性も高まっています。

フォーキャストで有名なレイモンドメリマン氏によればスイスフラン、ユーロ、ドル円相場において
の直近の変化日は6月4〜7日(前後3営業日)とされ、ファイナンスアストロロジーサイクル上では
危険転換日の12日土曜日(前後2営業日」とされることから併せて鑑みると週末まで要警戒、とした
覚悟を感じます。


今夜の材料。
20:00(米)MBA住宅ローン申請指数[前週比](前回+0.9%)
22:30(米)米国株式市場(〜05:00)
23:00(米)ニューヨークオプション行使時間期限  
23:00(米)4月卸売在庫 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.7%)
23:00(米)バーナンキ米FRB議長「経済の現状・FRBからの視点」で議会証言(下院予算委員会)
23:30(米)週間原油在庫[前週比](前回-190.2万バレル)
24:00(英)ロンドンフィキシング 
02:00(米)米10年債入札
03:00(ユーロ圏)メルケル独首相演説(経済について)             
03:00(米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
05:00(米) バーナンキFRB議長、ラッカー米リッチモンド連銀総裁挨拶
06:00(NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート発表


 ○バローゾ欧州委員長、トゥスク・ポーランド首相と会談
 ○ファンロンパイEU大統領、トゥスク・ポーランド首相と会談
 ○ファンロンパイEU大統領、ユーロについてスピーチ(ブリュッセル)

 

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/各種情報ベンダーより

 


豪ドル円パッと見テクニカル。
中長期スタンスでも今夜の想定レンジを策定し上下いずれか、明確にブレイクするまで短期リスク
管理トレードが無難と考えています。
0609欧米豪ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/豪ドル円

 

ドル円パッと見テクニカル。
ドル円相場はユーロ、クロス円からの牽引で上下する可能性を考えています。
0609欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 18:08コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年06月09日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

今回はランチタイム前後の雑談より。

元楽しょうゆラーメン
ランチは豚骨しょうゆラーメンです。

「菅さんに売り無し(閑散に売りなし)」
「鳩ポッポ相場」から「菅さんに売り無し(閑散に売りなし)相場」と言う一部の方々の例えに移行した
東京市場。

昨日ですが
菅直人新首相「 円安は一般的に輸出にプラスで、輸出のウエートの高い日本経済にとってはプラスに
なると承知しているが、相場についてはあまり発言しない。 」
野田財務相「 為替に関して相場観を言うことは適切ではないが、過度な変動や無秩序な動きは経済・金融
の安定に悪影響を与える。」

ある意味、政府から市場に対しての明確な意思の表明ではありますが、マーケットでは引き続き、
欧州財政懸念が日経平均株価とドル円の上値重さを継続させています。

0609ドル円と225
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/日経平均株価

「婚活男子」ターゲットキャンペーン?
さて、菅直人新首相が昨日の就任会見で、新規国債発行額を44.3兆円以下に抑制しても直ちに財政再建
できるわけではないとの見解を示していましたが、一方、財務省は6月3日より個人向け国債の新商品と
して3年満期の固定金利型国債「固定3」の募集を開始。
「国債を持てる男子は、女性にモテル!!・・・か!?」
と題した大型広告を掲載し、国債の供給が需要を上回ろうとする中、での購入を訴えています。
実際にその広告を拝見しましたが、本当に財務省の広告なのか?と思わず再チェックしてしまいました


ハプスブルク家とユーロ圏
「ハプスブルク家」※、と聞いてピン!と来る方はかなりのヨーロッパ通。
昨年末から本年初旬の間、国立新美術館(東京)と京都国立博物館(京都)において13世紀から20世紀初頭
までヨーロッパに君臨したハプスブルク家が所蔵する美術コレクションが展示されていました。
さて、この「ハプスブルク家」、明治天皇から贈られものがあるほどの名門であり政略結婚により広大
な領土を保有し「太陽の沈まぬ領土」として数カ国にも及んでいたとのこと。
今回のユーロ圏内で財政危機が取り沙汰されている国々の中には”旧領地”だった国もあるそうで、
同家のイメージカラー”黄色”を国旗のカラーに利用しているとの話。

※同家の仔細に関しては多数の本が刊行されいます。

 

ユーロを読むには歴史観から見ないといけないのか、その奥深さに悩むところです。



okasanonline at 14:40コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ