2009年09月11日

こんにちは、岡三オンライン証券の武部力也です。
狸うどん
本日のランチは”ちくわ天トッピングの狸うどん”でした。♪

さて、朝方算出された株価指数先物・オプション9月限の特別清算値(SQ)は10541.92円。
アノマリー的な見方ですが、通常、SQ値を上回って引ければ、翌週以降の相場は堅調となり、下回ると軟調になるというアノマリーがあります。
今年3月のメジャーSQ時は終値がSQ値を上回ったことで、翌週以降に相場は急騰。6月のメジャーSQ時はSQ値を僅かに下回ったことで、その後1ヵ月近く調整を余儀なくされました。
今後の株式相場を占う意味でも、本日の日経平均終値10444.33円が気になります。

一方、東京ドル円相場ですが懸念どおり上値が重く、円高・ドル安で推移・・。東京時間15時過ぎに”上場FX”<参照:東京金融取引所の取引所為替証拠金取引「くりっく365」(当社の商品名、「岡三オンラインFX」)>では2月13日以来の90円台を示現しており、遂先だってまでの構図、
株式の上昇等に伴うリスク懸念の後退→円安・ドル安→対ドル相場上昇→クロス円高そしてドル円高、、、とした流れが崩壊しつつあります。

今後のドル円相場を占う意味でも現況の確認ですが、9 月中間期末を控えて本邦企業からのリパトリエーション(資金の本国還流)に伴う円買い(=円買い戻し)/ドル売り圧力が高まる可能性があり、また、国連などが提唱する新準備通貨の議論穿った見方ではありますが、先日、当サイトでも懸念を指摘した藤井発言< 次期首相に就く民主党の鳩山由紀夫代表が財務相に元大蔵大臣の藤井裕久・民主党最高顧問を起用する意向を固め、調整に入ったとの報道も・・>
●現在は急激な円高ではない、ドル安からきている面大きい
●為替介入、よほど異常な時以外はやるべきではない
●日本は基本的に円高の方がいい
●円高政策とる必要ないが、円安で輸出伸ばす政策は間違い

がありましたが、一方で現在の金融当局には政権交代の空白期に挟まれ、明確に介入指令系統がはっきりしていないのでは?、と海外投機筋につけ込まれれば、民主党のドル円相場容認水準を試す為にも90円台割れ狙いたがっている気がしてなりません。
さて、そうなるとどの水準がポイントとなるかというとやはり目先は87円10銭水準が意識されると考えます。


本年のドル円相場

本年1月にボルカー元FRB(米連邦準備制度理事会)議長が「我々は、救済策においてドルの信頼の土台を崩すリスクやインフレ悪化リスクを負っている」と米上院公聴会で発言したことを起因にドル売りを誘発し、
ドル円相場は1月21日に1995年7月以来の低水準となる87円10銭を記録した当時の水準です。

その後はオバマ米政権が米国景気対策を打ち出し、バーナンキFRB(米連邦準備制度理事会)議長が米上院銀行委員会証言で「主要米銀は現時点で管理下に置かれるような状況になく、国有化の必要はない」と述べたことで、米国銀行の国有化懸念が後退したことなどを受けてドル買いが優勢となっています。

さて、今回はどうなるのか。

ちなみにわたしのドル円相場長期ビューですが、テクニカル的には5年サイクルを意識して80円台、、というのが念頭にあります・・。ご参考まで
ドル円5年サイクル
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・月足/ドル円



okasanonline at 16:35コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年09月11日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。

昨晩のニューヨーク市場では米7月貿易収支が悪化の一方、米新規失業保険申請件数では改善が示されました。
序盤はドル売り優勢から一時ドル買いへ傾斜。その後は米30年債入札が堅調に終わり、米長期国債が利回りを低下させると、ドル売りが再燃しドル円相場も下落となっています。
先日来、下値焦点、と記していた91円50銭水準のオプション設定観測値を下抜け本年2月16日以来の91円42銭の円高・ドル安水準を記録しています。
<参照:東京金融取引所の取引所為替証拠金取引「くりっく365」(当社の商品名、「岡三オンラインFX」)>

さて、本日の東京ドル円戦略ですが株式市場での影響のほか、特に中国に関する経済指標の発表が集中することもあり、それが波乱要因になりかねないかも知れません。東京金融市場全般に影響を及ぼす可能性もあり要注意です。

08:50 (日本) 第2四半期GDP・二次速報 [前期比] (前回+0.9% 予想+0.9%)
08:50 (日本) 第2四半期GDP・二次速報 [前期比年率] (前回+3.7% 予想+4.0%) 
08:50 (日本) 第2四半期GDPデフレーター・2次速報値
11:00 (中国) 8月固定資産投資[年初来、前年比](前回+32.9% 予想+32.7%)
11:00 (中国) 8月消費者物価指数[前年比](前回-1.8% 予想-1.3%)
11:00 (中国) 8月小売売上高[前年比](前回+15.2% 予想+15.2%)
11:00 (中国) 8月鉱工業生産[前年比](前回+10.8% 予想+11.9%)
11:00 (中国) 8月固定資産投資[年初来、前年比](前回+32.9% 予想+32.7%)

テクニカル的なドル円の上値焦点としては昨晩の戻り高値水準で60分足ボリンジャーバンド中心線が推移の91.9491.95-00(9月3日安値)、節目の92.0092.25-30(9月10日高値)、60分足ボリンジャーバンド+2σ92.31、日足一目均衡線/転換線92.43、92.60(9月9日高値)、8日16時に生じた92.60-70のギャップ(窓)からの圧力、、92.75-80(9月3日高値)、92.95-93.05の戻り高値ゾーン、93.30、、、。

一方、下値焦点91.40-45 (9月10日安値)91.15-20 (2月16日安値)91.00の節目、90.90、90.50、とチャートでも確認できるように91円の大台を割込むような動きとなった場合は、上値が重くなる可能性があることから日の東京ドル円戦略としては91円台半ばから前半が維持され続けるのか?に最大の関心を払っています。

0911ドル円ボリンジャー60分
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足ボリンジャーバンド/米ドル円



okasanonline at 08:49コメント(2)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年09月10日

こんにちは、岡三オンライン証券の武部力也です。

ランチはのんびりコーヒーなどを飲んで過ごしましたが、

レタスかにサンド&レタスホットドッグ
お昼を過ぎても緩やかながらドル円やクロス円での円買いバイアスは変わらず・・。∑( ̄ロ ̄|||)

そこで改めてですが【2009年9月4日作成:岡三証券 経済調査部】の<岡三GLOBAL REPORT>から
岡三EXPRESS〜円高の背景とされる材料を斬る〜

を特別に公開したします・・。w(゚o゚)w オオー!

<既に当社に口座をお持ちでご失念の方は投資情報欄でその他のレポート等とも併せて改めてご確認ください。>

お役に立てれば幸いです

テクニカル的には短期的なドル円相場の下値焦点を91.75-85の節目の維持、60分足ボリンジャーバンド-2σが推移する91.71。そして91.61(9月9日安値)、オプション設定観測のある91.50、日足ボリンジャーバンド-2σが推移する91.2091.00のオプション観測値、と考えています。

FX道場よろず相談窓口はこちら!!



okasanonline at 14:27コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ