2009年12月24日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、少し気が早いですが、本年のドル円と日経平均株価のチャートを眺めて今年を振り返ってみました・・。

やはり、相場に大きな影響を与えたのは8月末の衆議院選挙で民主党の歴史的な大勝利から、与野党が逆転、鳩山新政権が誕生したことになるでしょうか。

特にドル円相場に影響を与えた今秋からの藤井発言は円高推移へと誘引し、それが株価へも影響を及ぼし、遂には11月27日にそれまでの発言から一転することとなりました。


2009年9月 3日  藤井民主最高顧問
           「為替介入、よほど異常なとき以外やるべきではない」
     9月16日 藤井氏、財務相就任「為替が緩やかに動くなら為替介入には反対」
     9月17日 「輸出支援の円安誘導は良いことではない」
     9月25日 「円安政策は取らない」「安易な市場介入は支持しない」」 
     9月28日 「輸出、大企業を中心に皆が潤う時代は終焉」 
                 「最近のドル/円の動きは異常ではない」 
     9月29日 「為替が異常に動いたら国益に反する、しかるべき措置」 
     10月15日 「円安が良くないとか円高が良いとはひと言も言っていない」 
     11月10日 「円高はドル安、米経済政策の問題」 
     11月25日 「円高はドルの弱さのため」
     11月27日 「共同声明の検討も含め、欧米と臨機応変にやり取り」 
           「介入については申し上げない」 「適切な措置取ることもあり得る」  
           「為替動向、必要に応じて米欧と連絡を取る」
           「景気への影響、円高の害のほうがずっと大きい」 

2009年1月から12月ドル円と日経平均
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/日経平均株価

改めて確認するまでもありませんが、日本経済のバロメーターは株価が第一であり、そして普段は大きな影響を与えないのに調子が悪いときに限ってドル円レートが株価に重大な影響を及ぼす・・。藤井発言の変容もその例に当てはまると思います・・。

ドル円レートと株価という二つのマクロ指数を見ることが一番シンプルなマクロ経済の比較分析ですね。



okasanonline at 08:07コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年12月22日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


本日は乾燥時に起こりやすい静電気を回避するため、体質を少しでもアルカリ性に近づけるべくランチは野菜を中心にサンドイッチ・・。

20091222ランチ

昼食時は『ぼけーッ』と本年のドル円を眺めていました・・。

 

ドル円テクニカル確認。

改めて日足で確認すると今夏、そして秋から抵抗していた一目均衡表の雲をようやく抜けて、現在は雲の上限がサポート機能。
そして本年の高安をフィボナッチリトレースメントで結ぶと現状がちょうど半値50%戻しの水準91.14と符合し、一旦の達成感を醸し出しています・・・・。

2009年ドル円フィボナッチと一目均衡
出所:岡三アクティブFX トレーダー:日足・一目均衡表/フィボナッチリトレースメン/ドル円

 


今夜の材料。
当然、今後の行方が気になるところですが、やはり現状ではドル高方向への上伸リスクが意識されるところであり、クリスマスを週末に控えて閑散とする状況の下、【ドルショート・債券ショート/商品ロング・株ロング】のポジション調整、巻き戻しの動きに要注意です。


白川総裁が昨夜、報道番組に出演し、デフレスパイラル阻止で迅速果敢に行動する体勢を常に整えていると 強い決意を表明したことで本日夕刻の講演に注目があつまりましたが本日は具体的な政策については明言を避けました

さて、そうなると新たな材料としては

22:30(米)米国株市場開始(〜06:00)
22:30(米) 第3四半期GDP・確報値[前期比年率] (前回+2.8% 予想+2.8%)
22:30(米) 第3四半期個人消費・確報値[前期比] (前回+2.9% 予想+2.9%)
22:30(米) 第3四半期GDPデフレーター・確報値
24:00(米) 11月中古住宅販売件数 (前回610万件 予想625万件)
24:00(米) 11月中古住宅販売件数[前月比] (前回+10.1% 予想+2.5%)
24:00(米) 12月リッチモンド連銀製造業指数 (前回1 予想4)
24:00(米) 10月住宅価格指数[前月比] (前回±0.0%)
24:00(米) ニューヨークオプションカット
01:00(英) ロンドンフィキシング 

米国株式動向、そして中古住宅販売件数など市場予想からの大幅な乖離がなければドル買い圧力をサポートするのでは?と考えます。

 

ドル円テクニカル。
日足一目均衡表の雲の上限がサポート機能。5日連続の陽線引けには、さすがに買われ過ぎの観も感じますがドル円相場は流動性が枯渇し、クリスマス相場の色合いを強めている状況だけに大幅動意も当然。
現状では昨年末の上伸同様、ドル高方向への上値追いリスクが意識されます。

2009年10月以降の一目ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円

短期的な上値の焦点は、手前から10月30日高値91.59、10月29日高値の91.82、そして強気に見ると91.80-92.10のギャップ(窓)を乗り越えられれば、10月27日に示現した高値92.33円が最終ゴールとして視界内へと捉えることが可能です。

1222ドル円夜
岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足ボリンジャーバンド/MACD/米ドル円

一方、指標などの不調から下値試しとなった場合は、60分足ボリンジャーバンド中心線推移の91.00維持が重要で、要は91円台が維持されれば堅調さが示されますがオーシレーター系MACDを見ても過熱感からか調整戻しの可能性も高く、仮に下値に崩れるようだと90.80-50のギャップ(窓)がターッゲットとされやすいと考えます。

そして最終的な短期サポート水準としては60分足ボリンジャーバンド−2σ推移の90.35維持の有無に注視しており、また、日足一目均衡表での雲の上限90.17のサポートにも期待を寄せることと考えます。



okasanonline at 18:09コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年12月22日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

昨晩、日銀の白川総裁は21日夜、テレビ東京の報道番組「ワールドビジネスサテライト」に出演。
<ちなみにわたしも2年前ですがコメント出演したことあるんですよ。”ワールドビジネスサテライト 武部力也”でネット検索するとある?、、かな??>

白川総裁はデフレスパイラルを防ぐために必要なら「迅速果敢に行動する態勢を常に整えている」「実質ゼロ金利という極めて緩和した状態を粘り強く続ける」と金融市場に異変があれば追加緩和も辞さない姿勢を示し、デフレ克服に向けての意思を表明しました・。

日銀内部
以前は良く伺った日銀内部の隠し撮り!?いえ、本当はキチンと許可を得ています!


当然、市場では材料視され、ドル買い・円売りをサポート。

一方、シカゴ米連邦準備銀行のエバンズ総裁は米CNBCテレビで米連邦準備理事会(FRB)のゼロ金利政策について来春までは現状維持となる可能性を示唆。
ゼロ金利維持の期間について「FOMCの3〜4会合分程度だと思う」と発言・・・。ということは2010年のFOMC会合は1、3、4、6、8月ですから8月にはゼロ金利解除?と市場は好感視して、ドル買いをサポートさせました。


本日の東京ドル円材料。
東京市場では、16:00からの白川日銀総裁講演予定に注視。
昨夜の番組同様、スタンスの再表明や具体策を示唆すれば円安サポート、逆、後退と取られかねない姿勢を見せれば失望による円高回帰、、と両リスクを秘めています。


ドル円テクニカル。

目先のドルの抵抗と考えていた一目均衡表の雲の価格帯もしっかりと上抜け。5日連続の陽線引けには、さすがに買われ過ぎの観も感じますがクリスマス相場の色合いを強めている状況だけに流動性が枯渇し、大幅動意は当然。政府当局/日銀だって認識しているはずです・・。と、なると現状ではドル高円安方向への上伸リスクが意識されます

上値の短期最終焦点は強気に見ると10月27日に示現した高値92.33円が最終ゴールとして視界内へと捉え、手前だと10月30日91.59、10月29日の91.82としたそれぞれの高値。

1222ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円

一方下値焦点は、91.30-20のギャップ(窓)の維持が重要で、要は91円台が維持されれば堅調さが示されますが
崩れるようだと90.80-50のギャップ(窓)がターッゲットとされやすく、90円台後半の維持に成功すれば再度、91円台への上伸反攻の足場になる、と考えています。



okasanonline at 10:37コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ