2010年06月04日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

新たな日本の門出です。
海外勢がどのように評価してくれるか、デフレ対策と円安志向の強い菅首相誕生で日銀への金融緩和圧力が
強まるとの思惑はあるものの今後の組閣人事を見て我が国の財政、景気対策に向けての”本気度”が窺われる
ところです。


本日のランチは”スタンデイング蕎麦バー”のテイクアウト。

201006041ランチ
社内でランチタイムを堪能しました。

夕刻に以下、収録して御案内しておリます。

0604セミナー
ちょっと、時間をオーバーしてしまいましたが、御高覧頂けましたら幸いです。

 

今夜の材料。
20:00 (加) 5月失業率 (前回8.1% 予想8.0%)
20:00 (加) 5月雇用ネット変化 (前回+10.87万人 予想+2.00万人)
21:30 (米) 5月非農業部門雇用者数 (前回+29.0万人 予想+55.0万人)
21:30 (米) 5月失業率 (前回9.9% 予想9.8%)
21:30 (加) 4月住宅建設許可 [前月比] (前回+12.2% 予想-1.5%)
22:30 (米) ロックハート米アトランタ連銀総裁講演「経済見通しと金融環境」
22:30(米)米国株式市場(〜05:00)
23:00 (加) 5月Ivey購買部協会指数 (前回58.7 予想59.5)
23:00(米)ニューヨークオプション行使時間期限  
24:00(英)ロンドンフィキシング 

○主要20カ国・地域(G20)財務相、中央銀行総裁会議(4日−5日まで、韓国釜山)
      


週末リスクとしては、ショイブレ独財務相の「他の多くが金融取引税を支持している」、
「G20で合意できなくても独自に金融取引税を推進していく」「ユーロの変動は急激であってはならない」
などの発言からG20が意識されますが、その他、7日月曜日のウェリントン市場休場(女王誕生日)、
菅首相・所信表明演説(※日程変更の可能性有り)の影響も鑑みるところ。

しかし、目先は今夜の米雇用統計の結果からの影響であり、昨日のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長
の見解を踏まえればトーマス・M・ホーニグ/カンザスシティ連銀総裁のコメントのように
FOMC声明文「長期間((for an extended period)」、
「異例な低水準金利(exceptionally low level interest rate)」  
を削除する、とした思惑も浮上する可能性もあり、米国の雇用情勢に改善傾向が出てくれば、振り返って
”ドル円相場の大きな転換点だった”、として取り沙汰されることも考えられます。


リスク回避の流れから”リスクオン””持たざるリスク”からの出遅れ出動に点火されるか、、、、。
長い夜になりそうです。

 

 

ドル円ぱっと見テクニカル。
テクニカル的には上値の93円ちょうど前後が複合的に節目として意識されている一方、
下値では92円00-20の価格帯にストップロスやオプション設定の観測が取り沙汰されており、一旦でも
想定レンジがブレイクアウトした場合は、逆に小刻みなトレードがよりし易くなるのでは?と考えています。

0604欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 19:25コメント(2)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年06月04日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

首相官邸のサイトを見ると歴代の首相が顔写真入で掲載されいますが本日は実質、第94代目
の内閣総理大臣が決定されます。


予定。

4日金曜日午前:民主党両院議員総会で新代表選出

        首相指名選挙

7日月曜日  :新首相による組閣

 

本日の東京は澄み切った青空。新首相におかれましては挙国一致体制で経済状況も爽やかで
天まで届くような青空な相場環境作りを期待しております。

20100604銀座三丁目の青空


東京。
株式市場においての御祝儀買いは歓迎されるところではありますが東京外為市場での
御祝儀”円買い”は御免蒙る、との声が聞こえてきそうです。

本筋。
本日は今夜に控える注目の米雇用統計発表がメインであり、雇用拡大への期待がドルを支える一方、
欧州の財政不安や金融機関の損失拡大懸念が相場全体の重しと考えられます。

昨晩、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が「中小企業向け融資は減少しており、これに
より高失業率への対応が一段と困難になっている」、との認識を示していました。

要は米国の雇用情勢に改善傾向が出てくれば、緩和的政策からの出口戦略に対する金融当局の
前向きな発言に繋がりやすく、期待感が膨らむところ。

昨晩の材料に関してもFOMC投票権を有する要人コメントに御注意を、と書きましたが
トーマス・M・ホーニグ<カンザスシティ連銀総裁>氏から
「米景気回復には持続力があるとし、今夏の終わりまでには政策金利を1%に引き上げる準備が整う」
「FRB、長期間にわたり異例の低金利を維持するとの確約を撤回するべき」
との見解が示されました。
同氏はそもそもタカ派との認識がなされてはいますが、今後、タカ派の威勢を取り戻すきっかけと
なりえる今夜の米雇用統計を控えては思惑動意での展開が予想されるところでもあり警戒を要します。

加えて釜山での20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控えて、関係者要人から
金融システム安定に向けた事前発言などがなされればリスク回避の流れから
”リスクオン””持たざるリスク”からの出遅れ出動も期待されるところです。

ドル円ぱっと見テクニカル。
92円台半ばから後半を主戦場と考え、今夜の5月米雇用統計発表待ち、、となりましょうか・・。

0604東京ドル円60分足ボリンジャー
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足ボリンジャーバンド/ドル円



okasanonline at 11:04コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年06月03日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

早いもので6月第一週も明日で終了。明日4日金曜日は米雇用統計を控えています。
僭越ながらわたくしのWEBセミナーも予定しております。ご高覧頂ければ幸いです。

0604WEBセミナー

6月4日といえば1989年の中国・北京で天安門事件が起こった日であり当時の胡耀邦主席の
死をきっかけとした追悼集会が大規模な民主化デモとなり中国政府と激しい衝突がなされ
ました。


当時のわたしは東京外国為替市場インターバンクのドル円外為ブローカーとして配属され
たばかりのピカピカの新人。
ドル円相場は概ね140〜144円水準での推移でしたが、”リスク許容度による動き”なるも
のはあったのでしょうか?

新人ですから余裕すらなく、当然、「ユアーズ(売り)」「マイン(買い)」「ダン(取引成立)」
「ギブン(売られた)」「テイクン(買われた)」も満足に理解できていなかったので市況の記憶も
全くございません・・。


理想的なオーストラリア、中国、日本の関係。
さて、ラッド豪首相は外交官として北京に駐在経験を持ち、北京語も流暢に話せる中国通
で有名ですが、2008年訪日時には「アジア太平洋共同体」構想を提唱しています。
歴史的な背景、各国の利害関係はさておきオーストラリア、中国、そして日本が、
戦略・安全保障・経済の面でより包括的なパートナーシップが保てれば、米ドル、ユーロ
に対抗しうる、”域内通貨誕生の可能性”も浮上しうるのですが、、、現実的な可能性は
かなり低そうです・・。

オセアニア

現実的な豪ドル円。
中期トレンドを指針する週足一目均衡表で見ると雲の上限79.50が上値抵抗線となっており、
同水準を上抜けるまでは週安値が切り上がってきているとはいえ、75円台、72円台への回帰
リスクは現存・・。くれぐれも油断成されぬように。

0603豪ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・週足/一目均衡表/豪ドル円

 


今夜の材料。
20:30(米)ロックハート米アトランタ連銀総裁、「米経済見通し」について講演
21:15(米)米国ADP雇用統計:5月(予想7.0万人)
21:30(米)米国1−3月期非農業部門労働生産性/確報値:第1四半期(予想3.4%)
21:30(米)米国単位労働費用/確報値:第1四半期(予想-1.4%)
21:30(米)米国新規失業保険申請件数:〜5/29(予想45.5万件)
21:30(ユーロ圏) バローゾ欧州委員長、会見
22:30(米)米国株式市場(〜05:00)
23:00(米)米4月製造業受注指数 (予想+1.8%)
23:00(米)米5月ISM非製造業景況指数 (予想55.6)
23:00(米)ニューヨークオプション行使時間期限  
24:00(英)ロンドンフィキシング 
24:15(米)バーナンキFRB議長 シカゴ連銀主催の会合で挨拶                         
01:15(米)ローゼングレン/ボストン連銀総裁 講演                                  
02:15(米)ホーニグ/カンザスシティー連銀総裁 講演   


明日の米雇用統計を控え、前哨戦と成りうるADP民間雇用統計、新規失業保険申請件数、
ISM非製造業指数などが予想以上の結果となれば、ドルは底堅く、株価の上伸も期待され、
投資家のリスク選好が回復し豪ドルなど資源国通貨の底堅さも期待・・。
FOMCで投票権を有するFRB要人三人のコメントが深夜に予定されており、要注意。


ドル円ぱっと見テクニカル。

あれよ、あれよ、と上値追いを見せ、一目均衡表の日足&週足での重要な上値焦点である
93円00-15に向けての上伸期待が更に萌芽。クロス円全般にも大きな影響を与える事から要注意。
勿論、下値を少しずつ切り上げてきているものの急に梯子を外される可能性もあり、
週末、雇用統計前での利食い組、戻り売り圧力も想定して引き続き小刻みなトレードを
繰り返す事が結果としてリスク管理に繋がるものと考えます。

0603欧米日足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円

0603欧米週足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・週足・一目均衡表/ドル円



okasanonline at 19:56コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ