2009年11月09日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、6日金曜日の30分間凝縮セミナー、如何だったでしょうか。
1106セミナー

少しでもお役に立てればと考えていますので、今後に向けてもご指示ご鞭撻のほど、お待ち申しあげます。

注意確認
懸念していた通り、米10月雇用統計・非農業部門就労者数(NFP)が予想より弱く、さらに米失業率が約26年ぶりに10%台を突破。<驚きましたね。>
やはり心理的な重石観は否めず、また、週末にG20で景気刺激策の継続で合意したことから当面は米国の低金利政策が続くとの見方が強まりそうな流れです。

また需給的な話題になりそうなのが12月決算期末のヘッジファンドへの解約通知45日前ルールを鑑みると11月15日前、または11日が(米)Veterans' Day(退役軍人の日)でニューヨークが休場なるため、同日にかけてはポジション整理やキャッシュ化のリスクが警戒されそうです・・。

特にドルキャリーの調整はドル円相場ではサポート要因になりそうですがで反面、対ドルでの欧州通貨や資源通貨に対しては下落を幇助しやすくクロス円では外貨売り・円買い圧力が増す可能性から株安によるリスク回避とあいまって要警戒すべきと考えます。

本日の東京ドル円ポイント
テクニカル面では中期的には日足一目均衡表では雲の下限を超えられずドル安地合いが暫く続く可能性が高そう、、、

1109日足一目均衡
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円

と考える反面、短期的にはドル円は下落の反動に伴う反発も想定されます。

116雇用統計発表から今朝まで
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/ドル円


そこで、戻り売りスタンス、、、がクローズアップされるのでしょうが、週末以降、反発の力も限られており、雇用統計後の戻り高値90.23-25、を越えて雇用統計発表直後の下落で生じたギャップ(窓)価格帯への回帰有無、埋め戻す力があるのか否かが最大のがポイントと考えています。
仮に上抜けた場合は90.85-90 (11月5日・6日高値)が最終タ−ゲットとして意識されやすのではないでしょうか・・。

地味ながら東京市場ではドル円相場の反発水準を試されており、欧米勢は東京勢の動意結果を参考にして参入してくる可能性が高いと考えます。



okasanonline at 12:26コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年11月06日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

本日のランチは寒さを跳ね飛ばす気合をいれようと考えていたら「熱烈発汗幸福麺!」の看板が目に入り四川風坦々麺に挑戦。

2009110612090000

唐辛子と山椒で気合も入りました。

さて30分間の凝縮セミナーに関してですが、本音は米雇用統計云々は別としてそもそも相場に取り組むに当たりイメージを如何に持つか、と言う点を申し上げたいのが旨であり、どちらかというと初級・中級者の方々に向けてのメッセージでもあります。

わたしのクセになるのかもしれませんが、相場を見るときはまずはチャート、そして高安をチェックします。
これは為替に限らず、225エクイティを行っているときも同様でしたから20年はしています。
インターバンク市場勤務時代は必ず、昨日の高安を机の上に鉛筆で書きなぐり、何処の銀行が該当水準で売り方、買い方で出てくるのか良くチェックしていました。


相場に限らずだと思いますが、料理にドライブ、人生設計に恋愛、スポーツとおおよそありとあらゆるものに想像シュミレーションが働いていると思いますが、思いのほか、FXに関して”でたとこ勝負”を成されている個人投資家の方が多いのには何時も驚かされます。

DCSA0683
打つ、打つ、打つのイメージ中。

FXは損益が発生します。間違っていても、いえ、自分勝手に都合が良い見方でもなんでも、こうなりそう、とかこうなるのでは?と考えるのはとても大事なことです。

とりあえずジタバタしてみて今後に生かす。どんなカタチでも構いませんから自分自身に合った得意なスタンスを皆さんに備え持って欲しいと考えます。それが生き残りに繋がる、と考えますが如何でしょう?まずはイメージすること、大事だと思います。

もっとも、わたし自身の人生設計が”出たとこ勝負”になっている気がするのが一番の問題なような気もしますが。(T_T)



okasanonline at 15:57コメント(3)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年11月06日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。

今週急に冷え込んできた気がしますね。空気乾燥も激しそうで国立感染症研究所が全国約5000医療機関を対象に行っている定点調査ではインフルエンザ患者が、注意報レベルを超えてきているとのこと。皆さんもお体をご自愛ください。<わたくしもPCに向かっているときはマスクをしています。>

昨夜のポイント。
米雇用統計を控えて新規失業保険申請件数の改善が好感、NYダウは7月以来最大の上げとなり、10日ぶりに1万ドル台を回復。

1106ダウ
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ダウ平均


日本時間午後9時イングランド銀行(英中銀行、BOE)は政策金利0.5%に据え置き資産買い入れ規模を1750億ポンドから250億ポンド拡大して2000億ポンドにすると発表。そもそも市場では、資産買い入れ規模について大幅な拡大との見方が広まっていたことから、想より拡大幅が縮小されていたことにポンドへの安心感が広がりポンドは対主要通貨で上昇。

1106ポンド円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・5分足/ポンド円


日本時間午後9時45分欧州中央銀行(ECB)は政策金利を過去最低の1.00%に据え置きを発表。予想通りだったこともあり、市場の反応は限定的であった。日本時間午後10時30分から始まったトリシェ総裁の記者会見で、「ユーロ圏経済が来年回復する」との見通しを明らかし市場はユーロ買いに反応。

1106ユーロ円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・5分足/ユーロ円

 

ドル円相場はクロス円上昇、米株が200ドル高を示現に牽引されていった格好。

 

本日の東京ポイント
やはり最大のイベントである今夜の、米国雇用統計発表を控えて東京市場ではポジション調整終始で予想・・。

22:30 (米) 10月非農業部門雇用者数 (前回-26.3万人 予想-17.5万人)
22:30 (米) 10月失業率 (前回9.8% 予想9.9%)

そしてそのあとにFOMC投票権メンバーの講演が予定されており、長い夜になりそうな気がします。

23:45 (米) エバンズ米シカゴ連銀総裁講演
01:30 (米) デュークFRB理事講演

東京市場は週末調整を主体した動き考えています。
米雇用統計に関しては昨晩新規失業保険申請件数の改善が好感されて10日ぶりにダウ平均は1万ドルの大台を回復するなど景気の底打ち期待が強く、今夜の10月非農業部門雇用者数も前回の26.3万人減から大きく改善期待されています。

別途、来週にかけて外貨建て投信の新規設定が予定されています。もっともボーナス・シーズンも今しばらくのちでもあることから月末などにかけて投信設定が増えそうですが国内法人や個人から集まった資金がまとまって外貨転(円売り)されて運用が始まるため、注意しておきたいところです。<ちなみに当社の取り扱いファンド一覧です。ご参考まで>


東京ドル円短期テクニカルポイント
今後のテクニカル面での上値焦点ですがまず、日足一目均衡では雲の下限90.67を抜け雲の中には踏み込んでいるもののこのまま材料も無くすんなり上伸するには厳しいと考えます。

1106一目均衡表
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円

短期的な上値焦点としては朝方の高値90.87。未だ90.85-90のギャップ(窓)を完全に埋め戻せていません。60分足/ボリンジャーバンド+2σ推移の90.89、そして、ストップロス設定観測のある91.30(10月30日高値)、10月29日-30日の高値圏91.40-60が意識されますが、手前の91.00にはオプション設定がなされ、カット期日が今日、そして来週初で設定されているものもあるとの観測も成されていることから防戦圧力も鑑み、90円台後半を簡単に抜けていくには難儀と考えています

一方下値焦点ですが、深夜2時の急騰ゾーン90.45-60価格帯がサポート機能するのか否か。
60分足/ボリンジャーバンド-中心線推移の90.50、60分足/ボリンジャーバンド-2σ推移の90.15、昨日、一昨日の最安値90.00-05圏。90円台割れでは2日の戻り安値と符合する3日の最安値89.85-90水準、下抜けて2日の最安値89.18-20やその手前の戻り安値89.45がターゲット目処にされやすいと考えています。

1106ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/ドル円


本日の東京時間は90円台半ばから後半での推移で考えています。

 



okasanonline at 10:30コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ