2010年06月28日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、週末のカナダ・20カ国・地域(G20)首脳会議においては各国の対立が明確化する、というような
事態もなく、財政赤字削減の目標設定合意等をこなして無事終了。
週明けの東京市場は各国合意を下支えに堅調な推移が期待されます。


今後の課題。
G20では各国の財政赤字削減の目標設定や景気回復が定着した段階で金融機関に資本比率の引き上げを
求めることで合意。当然市場センチメントの好転に期待する一方で足元では以前、金融規制、欧州財政
問題の先行き不透明観を抱えている状態は継続。
今週は月末・月初でイベントも多く、7月1日木曜日の日銀短観、2日金曜日の米雇用統計を控え、そして
7月4日が米国独立記念日であることから振り替え3連休の米国勢が週末に向けて各種指標からどのような
動きを見せるかが焦点、と考えます。


株式市場に期待。
本日は株式市場の上伸に期待を寄せる一方で東京外国為替市場ドル円相場では上値が重い展開を予想・・・。
先週発表された米国各指標がパッとしなかったことは御存知の通りで米住宅関連指標の下振れや米連邦
公開市場委員会(FOMC)による低金利政策の持続スタンス、そして米GDP確定値の下方修正と米景気
の先行き懸念は後退どころか、強まってきており、その一端はリスク回避による米国債価格の
上昇(利回りの低下)からも窺うことが可能です。

ドル円と10年債0628
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円/米10年債金利


ドル円パッと見テクニカル。
ドル円相場で懸念するところは5月下旬以来の相場水準に回帰している事。
更に円高が進行しドル円相場”88円台”というビビットな大台表示が株式市場においては心理的に嫌悪
される数字イメージ、として株式市場への悪影響を懸念するところです。

0628日足東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円

 

オプション等の観測設定の噂が余り聞こえてこないものの?需給に応じた法人オーダーや投信絡み、
若しくは公的機関投資家の下支え観測が聞かれており引き続き89.20-30の維持の有無(5月21日、25日の
戻り安値圏)が焦点、と考えます。
一方で下値ブレイクした場合は5月20日の戻り安値圏88.95―節目89.00―89.05がロックオンされやすく、
さらには88.80まで断続的なストップロス設定観測を聞いており、相場水準の下降移行には警戒が必要、
と考えます。

0628の60分足東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 10:44コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年06月26日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、わたくしが東京外国為替市場インターバンク市場ドル円外為ブローカーとして勤務
を開始したのが1989年でした。

以来、数々の修羅場の戦場(主ないくさ場は天安門事件、湾岸戦争、ロシアクーデター、超円高、
バブル崩壊、金融再編日本クライシス等)に”黒子役”として参戦させていただきましたが、歴史的
なドル円レートを記録する場面に実際に関わる、というチャンスには2度ほど恵まれました。

まずは僭越ながら拙著「勝ち残りFX」<扶桑社・刊>でも紹介させて頂いた1ドル79円75銭
に至る場面の前後。

ドル円79円85銭の場面
1995年4月19日ドル円相場が歴史的な水準79円75銭を記録する直前、
79円85銭水準での写真です(中央にて右手を挙げているのが当時”セルサイド”だった武部です)

勝ち残りFX扶桑社新聞広告
1ドル80円割れを起こしたエースディ―ラー氏に関しては拙著で御高覧いただければ、と
存じますが、実はもう一つ、歴史的な場面があります。

それは1994年6月27日、東京外国為替市場で1ドル100円の大台を割った時です・・。
ドル円100円割れ1994年

出所:岡三アクティブFX トレーダー:FXチャート・月足/ドル円

「ちょうど、ギブン(=100.00が売られた)」のマーケットの喚声と同時に銀行ディーラー
とホットラインで結ばれたのスピーカーから「99円99銭ユアーズ、99売る!」という発声を
オウム返しで大発声で叫び、マーケットに売り出しをし、それをすぐさま「マイン!(買う)」
と叫んだのが相対の銀行ディーラー&外為ブローカーのコンビ・・。


これに関しては当時関係した銀行ディーラー各位が現在も第一線で御活躍していらっしゃる
ので、これ以上詳細は書けませんが、売り手も買い手も邦銀同士。

懐かしい思い出でです。

1ドル紙幣と100円紙幣

さて、今月もあと数日を残し来週半ばからは7月入り。
今回は
岡三フォレックス・ストラテジー
〜人民元弾力化による上昇は新興国通貨にプラスに〜

を特別に公開。

将来、2010年6月を振り返り、人民元問題の歴史的な転換点とされるのか否か。
今後の戦略を構築する上でも、御高覧頂ければ幸いです。


来週も皆様の勝ち残りを祈念しています。



okasanonline at 10:10コメント(5)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年06月25日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、本日は月末期入りでの週末。四半期(4-6月)末接近でリバランスの動きも出ている
可能性のあるクロス円・・。
やはり東京市場時間では欧州の財政・金融不安や米景気回復の鈍化懸念を背景にリスク
回避を目的とした株売り・円買い圧力が強まった模様です。

週末の類推と邪推
世界の景気回復ペースの鈍化懸念のなかで週末に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議
では、金融規制を強化する提案が協議されるとの観測や各国首脳と会談が行われれば、
先日のIMF供出に加え更になんらかの協力体制を求められる可能性を鑑みます。

まず、1点目
デフレ対策と円安志向の強い菅首相が明確な円安是認姿勢を国際舞台で貫き通すことが
出来るのか否か。

2点目
参院選を控えて、ネガティブな国際公約など出来る訳がない一方で菅首相は国際舞台へは
初デビュー。
他国の財政再建、貿易不均衡是正に貢献する策としては”円”が消去法的にスケープゴート
に晒される可能性をある程度甘受/黙認するコミットメントの可能性も否定できないのでは
ないか。


3点目
加えて、『北朝鮮が黄海の北西域を19日から27日まで航行禁止海域と宣言。
短距離ミサイル発射を控えた措置の可能性』、とした一部報道があり、G8、G20に向けた
示威行為の可能性としても資産ポートフォリオのエクスポージャー対応としたリスク回避の
動きは”下振れ”方向にリスク回避の反応がなされやすくなっているのではないか。

ついでに豪ドル円への類推と邪推
改めてフラクタル分析による豪ドル円と日経平均225のシンクロトレンドを見ると
リスク許容度のオン・オフが顕著に感じられます。
それぞれを比視てみると豪ドル円の行方が些か下降気味なところが懸念されるところです。

0625豪ドル円と225
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/豪ドル円/日経平均株価

うな玉丼とざる蕎麦
本日のランチは相場の鰻登り(うなぎのぼり)を祈念して”うな玉丼”です

 


今夜の材料
21:30 (米) 第1四半期GDP・確報値 [前期比年率] (前回+3.0% 予想+3.0%)
21:30 (米) 第1四半期GDPデフレーター・確報値[前期比年率](前回+1.0% 予想+1.0%) 
21:30 (米) 第1四半期コアPCEデフレーター・確報値[前期比年率](前回+0.6% 予想+0.6%) 
21:30 (米) 第1四半期個人消費・確報値 [前期比] (前回+3.5%)
22:30(米)米国株式市場(〜05:00)
22:55 (米) 6月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回75.5 予想75.3)
23:00(米)ニューヨークオプション行使時間期限 
24:00(英)ロンドンフィキシング

                                            
今夜の材料番外
流動性低下懸念から一応、御念頭に。
サッカーワールドカップ2010年南アフリカ大会


23:00 ポルトガル  vs  ブラジル
23:00 北朝鮮      vs  コートジボワール
03:30 チリ         vs  スペイン
03:30 スイス       vs  ホンジュラス


○ベルギーのルテルム首相、EU議長国就任にあたり記者会見
○主要8カ国(G8)首脳会議(25-26日、ムスコカ)
○イングランド銀行、半年に一度の金融安定報告書を公表

                  【6月26日土曜日】
○20カ国・地域(G20)首脳会合(26―27日、トロント)

 

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/各種情報ベンダーより


ドル円パッと見テクニカル。
下値焦点は昨晩深夜、ショートカバーが開始された89.20-30の維持の有無(5月21日、25日の戻り安値圏)。
上値重さからの下押し再燃には引き続き警戒。
下値ブレイクした場合は5月20日の戻り安値圏88.95―節目89.00―89.05がロックオンされやすくなる事
から要警戒が必要、と考えます。

0625欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 19:22コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ