2010年02月05日

お疲れ様です、、岡三オンライン証券の武部力也です。
本日の当ブログ、画像の閲覧および画像アップロードができない不具合が発生しておリますので、ランチのお弁当もチャートも文章と絵文字でご説明します( ̄ー ̄)ニヤリッ。

本日のランチはてんこ盛りサラダを別に買い、そしてエビフライとほたて、鮭フライの入ったほかほか弁当です。最近はこってりランチでしたからたっぷり野菜でリカバリーです。


東京マーケット。
本日の日経平均は大幅に下落し、続落。ギリシャを始めとする欧州諸国の財政悪化懸念を嫌気し大きく下落した欧米株市場を受けて、日経平均も朝方から売り先行となりました。しかし心理的な節目となる1万円が意識されたことで安値圏ではサポート意識が高まり、昨日、決算発表をしたトヨタが反発したことで投資家心理の一段の悪化に歯止めがかかった感じです。
ドル円相場は今夜の米雇用統計眺めでのリカバリートレードが主体となり為替相場もほぼ横ばい。
ドル円相場は89円台後半を完全に値固めするとしたムードには覚束ない頼りなさを感じさせました・・。

今夜。

22:30(米) 1月失業率 (前回10.0% 予想10.0%)
22:30(米) 1月非農業部門雇用者数 (前回-8.5万人 予想+2.0万人)
24:00(米) ニューヨークオプションカット
01:00(英) ロンドンフィキシング
02:00(米) ガイトナー米財務長官講演
05:00 (米) 12月消費者信用残高 (前回-175億USD 予想-84億USD)
G7財務相・中央銀行総裁会議(加イカルウィット、6日まで)

米雇用統計次第ですが、別途、週末のG7動向に要注意。
内容次第では総じて6日土曜日早朝の終値に比べてG7明け来週8日月曜日は大きく水準が変動して開始する可能性があります。
ポジション調整・縮小も念頭にトレーデイングすることをお薦め致します、ご注意を!

短期ドル円
ドル円の上値焦点は東京高値圏89.75-80から昨日深夜1時半の急落直前圏90.20-25を埋め戻し、橋頭堡を90円台前半に作れるか否かがポイント。90円台前半での値固めが成功したらここ数日の上値重さを醸し出した91円台からの下押し圧力に対峙する可能性がようやく初めて浮上します・・・。

一方で90円台推移が難しいと下押し圧力を一層懸念するところで89円台前半維持の有無が鍵。下抜けた場合88.70-8050-5520-30が意識されます。

【特番】1月米雇用統計と2月ドル円相場の行方!

今夜の動向次第で今月のドル円の流れも見えてくる可能性から、ご参考に一助にでもなれば幸いです。ご高覧下さい。簡単30分内容です。


6日土曜日は東京金融取くりっく365セミナーに行きますので見かけたらお声がけ下さいませ!



okasanonline at 18:22コメント(2)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年02月05日

お疲れ様です、、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、不謹慎ながら??昨晩は久方ぶりの大相場。
まさに歴史は夜作られました。(欧米勢にしてみれば昼間ですが・・)

ドル円の反応。
円は主要16通貨すべてに対して上昇。
欧州の一部の国について財政赤字への対応が困難になるとの懸念が広がり、世界的に株価、商品相場も下落。リスク資産を避け、米国債の安全性を求める動きが広がり米国債相場は上昇し、中でも米10年債の利回りは昨年12月以来の大幅低下。連動相関性指向の強いドル円相場も大幅に低下しています。

下落材料の確認。
●新規失業保険申請件数が予想より悪化。
22:30(米) 週間新規失業保険申請件数 (前回47.0万件 予想46.0万人) では48.0万件と5日金曜日の22:30発表の米雇用統計を控えて景況回復期待が後退。

●01:00NY州クオモ司法長官がBOA(バンク・オブ・アメリカ)のルイス前CEOを提訴と発表

●01:30ガイトナー財務長官
「SHARE LAWMAKERS CONCERN ON CHINA CURRENCY, THINKS IT LIKELY BEIJING WILL MOVE ON YUAN」
「中国が元の柔軟性向上で行動する可能性高い」。要は「人民元切り上げの可能性が高い」とし、市場は解釈し円高を誘発。

起因として市場の深層心理にはアメリカ経済はまだまだ悪いとの印象が急落のへ布石となり、今夜の米雇用統計に懸念を持ってのポジション投げ、各節目でのストップロス誘発、となっています。


別途リスク名称。
以前よりBRICs(ブラジル (Brazil)、ロシア (Russia)、インド(India)、中国 (China)+南アフリカ(South Africa)と言われているのはメジャー用語でご存知かと思いますが、最近のリスク傾向用語としてスペイン、トルコ、英国、ポルトガル、イタリア、ドバイで、”STUPIDs”と称したり地中海沿岸のポルトガル、イタリア、ギリシャ、スペインの4ヵ国を"PIGS"と総称するのを聞きます。意味は、、、それぞれお調べください。

更なるリスク確認。
今週末はカナダのイカルイトにて先進7カ国財務省・中央銀行総裁会議(G7)が開催される予定です。会議の内容次第では6日土曜日早朝の終値に比べてG7明け来週8日月曜日は大きく水準が変動して開始する可能性もあります。本日のリスク管理としては特に充当的な資金管理若しくは、ポジション調整・縮小も念頭にトレーデイングすることをお薦め致します、ご注意を!


ドル円パッと見テクニカル。
東京勢の狼狽も一服か?米雇用統計やG7にらみに動きづらい展開で予想。短期的には凄まじいギャップ(窓)圧力を意識してドル円相場の大枠レンジをざっくり88.50-90.50で想定し主戦場を89円台、と考えています。

本日はサーバー負荷がかかりチャート画像のアップロードが出来ませんでした。見づらくて申し訳ございません。ぺこり。



okasanonline at 11:06コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年02月04日

お疲れ様です、、岡三オンライン証券の武部力也です。
本日のランチは銀座1丁目の某ビル地下1階にあるちょっと高級なチャイニーズレストラン。
入り口は大きな扉でチャイナドレスを着た方々が

過門香
お店の中にはいればどこまで続く?と思うくらい長く見える回廊式廊下で壁には兵馬俑?みたいな人形が壁にあり、まるで映画「ラストエンペラー」風です。

20100204過門香の坦々メンと麻婆豆腐ライス
中華大陸四川風辛さで汗が・・。このデフレのご時勢にランチ1500円コースの巻でございました!<でも、デザート付き>。

日銀政策。
一方、「デフレ、短期間解消難しい」と述べたのは日銀の中村清次審議委員。デフレについて「短期間に物価の下落圧力が解消できるとは考えられない」との見方を示しました。
「流動性の供給を増やすなどの施策だけで脱却できるとは考えがたい」、国内外の需要創出などにより「中長期的な所得増加期待を高めていくことが肝要だ」と、ある意味政治的施策での対応要求、とも受け取れます。

確かに昨年12月1日、臨時の日銀金融政策決定会合での追加緩和政策決定後の記者会見で日銀白川総裁はこう述べました。
『デフレ脱却のため、最大限の努力を行っていく・・・』

日銀が昨年12月に追加の金融緩和に踏み切ってから早2カ月・・。しかし昨年12月1日に開いた臨時の金融政策決定会合の議事要旨では異例の臨時会合に踏み切った狙いが、当時1ドル=84円台まで進んだ円高で企業マインドなどを通じて実体経済に悪影響を及ぼすリスクへの対応だったことが明らかになっており明確なる昨年11月20日の政府デフレ宣言による具体策、というのは浸透されていない気がします。

日銀の姿勢の姿勢としては本日の短期金融市場の動向として日銀当預残高は13兆6000億円、無担保コールオーバーナイトレートは0.100%水準で推移させておりますが、中村清次審議委員の「中長期的な所得増加期待を高めていく・・」とするならサラリーマンにランチ代支給とかランチ費用の控除、とかするように政府に上申して欲しいな、、、と考える武部でした。


今夜の材料。
21:00(英) BOE政策金利発表  
21:45(ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
22:30(米)米国株市場開始(〜06:00)
22:30(ユーロ圏) トリシェECB総裁記者会見 
22:30(米) 週間新規失業保険申請件数 (前回47.0万件 予想46.0万人)
22:30(米) 第4四半期非農業部門労働生産性 [前期比] (前回+8.1% 予想+5.2%)
22:30(米) 第4四半期単位労働費用 [前期比] (前回-2.5% 予想-2.1%)
22:30(加) 12月住宅建設許可 [前月比] (前回-4.6%)
24:00(加) 1月Ivey購買部協会指数 (前回48.4 予想51.0)
24:00(米) 12月製造業受注指数 (前回+1.1% 予想+0.5%)
24:00(米) ニューヨークオプションカット
01:00(英) ロンドンフィキシング
03:30(加) カーニーBOC総裁講演
04:00(米) ホーニング米カンザスシティ連銀総裁、講演

動意ネタは多く英国中銀の金融政策委員会では資産買い入れプログラムの終了とするか先行きの再開に含みを残す「一時休止」とするか、そしてトリシェ総裁会見でのギリシャ財政危機、そしてポルトガルやスペインに関する発言が有るのか否か、朝方にFOMC投票権を有するホーニング米カンザスシティー地区連銀総裁の講演も米雇用統計を控えて一応警戒。ドル・ポンド・ユーロの動きからドル円相場にどのような影響を与えるかに注意です。

ドル円パッと見テクニカル。
短期的には引き続き上下ギャップ(窓)圧力に挟まれるドル円相場は上値焦点として再度91円台示現でのストップロス発生の有無、そして昨日高値圏91.25-30への再トライ有無と最終ゴールとして91.70-75を想定。

一方下値焦点としては90代半ばの維持の有無、と90円台前半維持の有無として90.10-00への取っ掛かり有無。
90円台割れの場合89.80、60、40-50に向けての動きに注意しています。

0204ドル円夜の戦略
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 20:27コメント(3)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ