2010年02月18日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、関東地方は18日未明から雪が降り始め、今朝の都心・当社周辺でも雪が降っており、『え?天気予報で言ってたっけ?』という会話もあちらことらから聞きました。
20100218早朝都心の雪
木の根元には雪も・・。

かくいうわたくしも、出勤時に『あ、傘がない?、、会社か!?』と事前対応を失念・・。
気象庁によると、雪は昼前まで続き、平野部でも積もるおそれがあるとのことですから、外出成される方は傘は勿論、交通障害や思わぬスリップ事故には十分お気をつけ下さい!
何事も事前対応の重要性を再確認した今朝ですが(笑)
本日の主な東京指標は以下となります。

09:00(日)日銀政策委員会・金融政策決定会合[終了後結果公表
       (昼刻予定:0.10%で据え置き予想)]
14:00(日) 12月景気動向指数・改訂値 [先行CI指数] (前回94.0)
14:00(日) 12月景気動向指数・改訂値 [一致CI指数] (前回97.6)
15:30(日) 白川日銀総裁・記者会見

昨年12月1日に開いた臨時の金融政策決定会合の議事要旨では異例の臨時会合に踏み切った狙いが、当時1ドル=84円台まで進んだ円高で企業マインドなどを通じて実体経済に悪影響を及ぼすリスクへの対応だったことが明らかになっておりますが明確なる昨年11月20日の政府デフレ宣言による具体策、というのは残念ながら未だ一般には浸透されていない気がします・・。
しかし、先日来、国会での菅財務相、日銀白川総裁の弁から鑑みても短期金融市場では需給に配慮した一時的な積み上がりとはいえ実質的な量的緩和、いわゆる「円のダブつき化」を”見せる”かのように日銀当座預金残高は見込みベースで16兆3000億円前後と引き続き高水準の資金供給を図っており、こうした施策が翻ってドル円、クロス円でリスク回避の円全面高を抑制している、とするなら、本日は更なる円安地合いを後押しする会見内容が成されるのか否か、が焦点として考えられます。


簡単なドル円トレンド予想。
昨晩ですが(厳密には東京時間早朝です)米国10年債利回りが過去1ヶ月余りでの最高水準に上昇しました。
理由は連邦公開市場委員会(FOMC、1月26ー27日開催)の議事録で、一部メンバーが”近い将来”に資産(FRBが保有する1兆2500億ドル相当のMBS住宅ローン担保証券)売却を始めるよう主張したこと明らかになり債券が売られる格好となったからです。(債券価格は低下・金利は上昇)
将来の出口戦略や金融政策の引き締めが、なお数カ月先ではあろうものの?FOMC議事録で、FRBの資産と金融機関の超過準備を「時間をかけて顕著に」圧縮することで合意したことが明らかになったわけで緩やかながら健全・正常化へ意思が示された格好です。

もっともFOMC内での難しい議論の分析はさておき(笑)、個人的に一番気になったのが以前より、トレンド指針としてみている米10年債とドル円相場が相関性の同時指向を見せる比較チャートです。

0218ドル円と米10年債金利
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円/米10年債金利

上記で見る限り、、、、『おお、、お?』と今後の展開イメージを簡単に考えたのですが、、如何でしょうか?
誰でも出来る簡単なトレンドイメージの計りかたですので(笑)ご自身でも当社岡三オンライン証券e-profit FXチャートで御覧くださいませ。無論、本当の行方は神のみぞ知る、、です。

ドル円パッと見テクニカル。
短期上値焦点としては日足一目均衡線での雲の上限となる先行線91.40水準を上抜け1月21日の高値圏91.88-90、1月14日高値圏92.00-05にアプローチできるのか否か。
下値焦点としては先週以来テンポ良く上伸してきたものの短期的な調整反落リスクも意識し、90.40-60ゾーンを下支えに90円台後半を維持できるのか否かに注視しています。

0218日足東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円



okasanonline at 11:21コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年02月17日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、本日の日経225先物3月限は底堅い推移が継続。
米国株式市場の上昇を受けて日本株式市場も徐々に上げ幅を拡げるなど堅調に推移。
結局、日経平均先物は前日終値比270円高い10,290円で取引を終了し、2月4日以来の水準を回復しています。

0217のドル円と225
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/日経平均株価

『おお、225!365は?』と金融以外の方が聞いたら何かの暗号か?思うでしょうが社内的には通じる問答でして、その”365”は東京金融取引所<くりっく365>の動向です・・。東京市場時間のドル円推移を見る限り、、、。

17日東京ドル円出来高
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円/価格帯別出来高

しかし、今夜は”365”の動きに期待します。

今夜の材料。
クロス円、特に注目していた豪ドル円が上伸。
ギリシャの財政赤字問題が終息し、中国の景気回復基調にリスク懸念が後退したとして豪州株は大幅上昇。豪ドルも強含み、やはり追加利上げ観測が強まりを見せています。

豪ドル円は日足一目均衡線で焦点と指摘した81円台前半をあっさり、クリア。次なる焦点は1月21日の下落価格帯である81.50-83.00に対してどのような取っ掛かりを見せるか。

日足一目豪ドル円0217
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/豪ドル円

そして欧州連合(EU)の財務相理事会でギリシャの財政再建計画を正式に承認したこと、また、インタファクス通信がロシアのマカロフ連邦軍参謀総長の話として「米国はイランを攻撃する可能性がある」と発言したと報じるなど投資家のリスク志向が豪ドル円、そしてユーロ円に着目するなら2010年2月から大きな乖離指向の傾向のギャップを見てもギリシャ不安を見込んだ膨大なユーロショートポジションの巻き戻し、反発期待が高まるところです。

豪ドル円とユーロ円0217
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ユーロ円/豪ドル円

21:00(米) MBA住宅ローン申請指数[前週比](前回-1.2%)
22:30(米) 米国株市場開始(〜06:00)
22:30(米) 1月住宅着工件数 (前回55.7万件 予想58.0万件)
22:30(米) 1月輸入物価指数 [前月比] (前回±0.0% 予想+0.9%)
22:30(米) 1月建設許可件数 (前回65.3万件 予想61.1万件)
22:30(加) 12月卸売売上高 [前月比] (前回+2.5%)
23:15(米) 1月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.8%)
23:15(米) 1月設備稼働率 (前回72.0% 予想72.6%)
24:00(米) ニューヨークオプションカット
01:00(英) ロンドンフィキシング
02:20(加) ロングワースBOC副総裁、講演
02:45(米) プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁講演「金融危機からの教訓」
04:00(米) FOMC議事録 (1月26・27日分)

ドル円パッと見テクニカル。

上伸リスクを感じています。

0217今夜のドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 19:52コメント(3)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年02月17日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、わたしが勝手に隠れて命名している(笑)、
TKB(たーけーべー)48は『逢いたかった〜、逢いたかった〜、逢いたかった〜イエイ!、岡三オンラインに〜』とは大袈裟なまでも安価なご案内がお蔭様で皆々様よりご好評を得ており、深謝の限り。
48円
当社へ詳細なお尋ねをいただく機会も増えましたので改めてご案内申し上げます。

EPRO発注連携機能
e-profit FX発注連携機能

ちなみに新FXシステムのお問い合わせも多く頂きますが、ご遠慮なく、FXよろず相談窓口もご利用ください!
FXよろず相談窓口
お待ち申しあげております!!

一方、昨日来、都心の一部電車の車両内中吊り広告として週刊SPA!広告内左側ゾーンに拙著『勝ち残りFX』(扶桑社刊)の広告がなされております・・。
地下鉄の中吊り
※JR東日本・中央線系
(中央線快速・各停、京葉、青梅、五日市、武蔵野線)
※メトロ日比谷線系
(日比谷、有楽町、半蔵門、副都心)

地下鉄の中吊り2
<注:車内で見かけても破いたり突っついたりしないように!>

『電車の中で逢いたくない(見たくない)顔だった・・・。』とのお叱りも受けますが(笑)、TKB(たーけーべー)48と3月1日からのFX新システムリリースに免じてご容赦いただけましたら幸いです

 

東京ドル円イメージ。
米債10年金利の上昇はドル円を金利差面で牽引しているのかチャート上では同時性指向を見せドル円相場のトレンドイメージを掴む参考指標として個人的には注視しているのですが昨夜は、コチャラコタ・米ミネアポリス連銀総裁が「インフレは比較的緩やかな水準に留まる」と発言したことなども背景に債券買い(金利は低下)を見せており米債10年金利とドル円のチャートと比較すると些か、米10年債金利の低下が気になるところ・・。

米債とドル円0217
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円/米10年債金利

一方、3連休明けの米株式市場がマクロ景気指標の改善を受けて上伸した影響から日経平均株価が続伸。
3月期末を控えた輸出企業や機関投資家による円転(ドル戻リ売りやユーロ戻り売り/円買い)が想起されるものの日経平均株価の上昇がドル円相場を牽引しているかのように?チャート上では同時性指向を感じさせています。
日経平均225とドル円0217

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円/日経平均225


米10年債、日経平均225との連関性が今後のドル円トレンドを計るには重要な局面と考え、引き続き注視していきたいと思います。

ドル円パッと見テクニカル。
東京ドル円は90円台前半での推移を中心に考えています。

0217東京ドル円戦略
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 11:54コメント(4)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ