2009年08月25日

こんにちは、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、本日は日本中が概ね晴天だそうで夏の名残を感じるにはちょうどいい感じです。
当社の所在地は東京は中央区の銀座三丁目(茅場町/兜町ではありません)。あちらこちらを散策し日本中の食が集まる天下の台所を”うろうろ”するのには最高の筈です!しかしながら、暫くはそれを我慢しようかと考えています。

理由は・・・。
体重が、、、、豪ドル円を超えてしまいました・・・。(涙

0825ランチベーグル

本日のお昼はコーヒーとサーモン&アボガド&レタスのベーグルの図

豪ドル円が上がるのは良いですが、何時の間にか、一足先に自分の体重が大台を・・・。

豪ドル円は日足移動平均線で見ると5月に短期線が長期線を下から突き抜ける”ゴールデンクロス”を示現。
0825豪ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足移動平均線20日/200日/豪ドル円


一方、なんとか”デッドクロス”を示現させ上値を抑え、豪ドル円と自分の体重がパラレル進行を目論む武部でした。(涙



okasanonline at 14:18コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年08月25日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、昨晩の欧米市場ドル円相場は94円台半ばから後半での推移となり、大凡の想定範囲内となりましたがロイヤル・バンクオブ・スコットランド(RBS)がポンドを主要通貨で最大の下落リスクがあるとの見解を示していたことや英タイムズがダーリング英財務相の予想をはるかに超えた3倍の英税収落ち込みとなる20%減になった、と報じたことからポンドの上値抑制材料となりました。

<参考:当社取り扱いポンド相場(=上場FX(※東京金融取引所の「取引所為替証拠金(くりっく365)」)英ポンド/円・英ポンド/米ドル・英ポンド/スイスフラン・英ポンド/豪ドル・ユーロ/英ポンド>

しかしポンド円相場をテクニカルに見た場合、特段大きな変化は感じられず、一目均衡表日足で見ると基準線(157.72円)が最終レジスタンスとなっている一方、雲の上限152.70が下値サポートしており、継続してレンジ相場のイメージです。

0825ポンド円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・一目均衡線日足/ポンド円

短期的な上値焦点は156.80-85 (8月24日高値)・156.00-05 (8月12日・14日安値)、下値焦点は154.55-60(8月20日安値)、154.05-10(8月18日安値)と見ており、上下ブレイクに警戒が必要です。

本日予定されている英経済指標は以下です。

17:30 (英) 7月英BBA住宅ローン承認件数   
01:15 (英) ビーン・イングランド銀行副総裁講演

一方、本日の東京ドル円です。
月末ゴトー日(5・10日)の仲値需給への思惑、月末に集中しやすい外貨建て投信手当て※等、対してそろそろ東京市場では9月決算を控えた輸出企業や機関投資家による(期末円転)の観測も出てきておりフロー主導の展開と株価下落への警戒感、投機筋による下方向のストップロスを狙った動きなどが想定できます。
※東京市場では月末にかけて外貨建て投信の新規設定が予定されており、今月も多数・・。投信新規設定の場合、外貨転(円売り)されて運用が開始されるので、為替相場、特にクロス円相場においては外貨高・円安要因として捉えられています。

テクニカル的には60分足ボリンジャーバンドでみると短期的な上値焦点として中心線94.66が意識され、下値焦点としては93.75-94.20のギャップ(窓)への回帰がなされるのか否か、と考えています。

825ボリンジャードル円

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足ボリンジャーバンド/ドル円

ちなみに今週は米国債市場で、25日に2年債420億ドル、26日に5年債390億ドル、27日に7年債280億ドルという入札が予定されており、入札が良好となれば金利低下とドル安に振れる可能性、一方、入札が不調だと、米金利上昇・ドル高、そして更には財政赤字ファイナンスの懸念による米債安・ドル安・株安という、複合的なトリプルリスクも秘めており、債券動向にもご注意ください。

溶けるアイスクリーム←「大丈夫、大丈夫!」だと思って油断すると、こうなります・・・。ああ・・、とける〜(涙。

 



okasanonline at 08:58コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年08月24日

はじめまして、岡三オンライン証券株式会社の武部力也と申します。
本日より”力也のFX道場”と題し日々のドル円為替相場(=上場FX<※東京金融取引所の「取引所為替証拠金(くりっく365)」>)を中心に日経225先物指数オプションや株価の動向なども交えたブログを更新致します。

当ブログを通じて、今までご縁を持てた全ての方々への感謝の意味とそして上場FXにご興味を持たれた方、既に上場FXでお取引をなされている方々、またFX取引をこよなく愛する方々が取引において生き残っていくための参考になるような戦略、戦術の立て方を具体的内容で更新していく所存です。脱線が多いかとは思いますが、ご愛顧のほど、宜しくお願いいたします。

さて、今回は第1回ですので私のプロフィールについてです。

武部力也(たけべ りきや)東京都出身
2009年 
岡三証券入社。岡三オンライン証券 事業戦略部部長。
1989年 
東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーローに出向し東京外国為替市場のインターバンク最前線でドル円外為ブローカーとして勤務。

    
自称”伝説の敏腕ドル円ブローカーです(爆笑)”。時には、某お台場系テレビ局さん等から一日取材があり、そして放映されると、番組内コメンテーター関係者に「こうした輩の存在が東京外為市場を乱高下させる!」、と勘違いされたまま喝破され、ひとり凹んだ時もありました。
もっとも政府系銀・多数地方銀・都市銀・信託銀・外国銀行を担当させていただいた経緯から国内海外の新聞掲載、テレビニュース報道番組などで毎日のように放映していただいたことは今でも大変感謝しています。


そうした中でも特に想い深いのは以下の写真です。

7975円ドル円相場の日

これは1995年4月19日ドル円相場が歴史的な水準79円75銭を記録する直前、79円85銭水準での写真です。<中央で右手を出しているのが私です。80円台割れの際にセルサイドで関わりました>

外為法改正前の当時、東京外国為替市場といっても「取引所」といった物理的な市場があるわけではなく、まして銀行間のディーリング用に開発された通信ネットワークが主な「外為市場」であったことから、そうした仮想空間の代名詞がわたくしが当時勤務していた場所でありました。

牛丼

そしてこちらは超円高時代に忙しくてランチ時に牛丼を頬張っていたのを某大手全国新聞紙に掲載され、「東京外為市場関係者が牛丼を食べて仕事している!」という可笑しな証拠になってしまった写真です。多くの金融市場関係者、職員の方々のなかでもこのような写真で査問を受けたことのある人はわたしのほかにいないのではないでしょうかね・・。
大雑把にはこのような経歴を持つわたくしです。(苦笑)

 

次回からは東京市場、欧米市場向けでのドル円ストラテジなどを中心に日々、色々な内容で更新していく予定です。
ちなみに本日のドル円相場は、先週の金曜日深夜のバーナンキ米FRB議長の講演内容が経済への楽観的な見解だったことからリスク志向筋を中心にショートカバーが進んだ地合いを受け、日経平均株価が先週末比300円以上値上がりし10500円台へと上昇したことからリスク選好優勢での底堅さも感じさせるところ。


但し、本日の東京・欧州時間には目立った指標発表もないため、月曜様子見的にアジア株価の動向次第で推移する可能性が高いとみています。

テクニカル的にはドル円93円台半ばからの下値堅さを確認してから反発、として93.75-94.20のギャップ(窓)への回帰がなされるのか否かが焦点であり、60分足ボリンジャーバンドで見ると中心線94.11水準、本日の安値94.40が下値サポートとして意識されるかに注視しています。

一方、上値焦点としては95円台に上伸し、日足一目均衡線の雲の上限でもあり8月18日の戻り高値でもある95.25/30にアプローチ出来るのか否か、と考えています。

短期的には目先94円台半ばから後半を中心とした推移でのレンジイメージです。

0824ドル円

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足ボリンジャーバンド/ドル円



okasanonline at 13:03コメント(2)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート