2009年12月07日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

本日の東京ドル円回顧。

想定どおり、89円台後半維持が動向のポイントとなり、動意が一巡すると月曜様子見派が台頭して凪相場になってしまいました・・。


週末のカーメンテナンス

週末に愛車のメンテナンスに行きました。一年間のねぎらい、そして年末年始に控えてです。
オイルエレメントを換えて、フラッシング等々・・。高級オイルがキャンペーン中だというので奮発して充填(笑)。諸々のチェックをしました。

20091206自動車メンテナンス
僭越ながら大昔にはガソリンスタンドでのバイト経験もありますから、何処がメンテナンスポイントなのかはわかります。しかし、中途半端に知識があるぶん、整備士クルー各位にはご迷惑だったかも。この場にて深謝です。(でも、楽しかったです)

 

レンジ相場のときは。
さて、本来、小康状態でレンジ相場になっている場合、参加者は比較的フリーな状態で短期的にはポジションも傾いていない場合が多いと考えられます。
勿論、新たなセンチメント、仕掛け次第では膨大な新規ポジションが発生する状態でもあります。

1207ドル円5分足

相撲に例えるなら土俵の中央でがっぷり四つになり動けない、剣道だとつばぜり合い、・・。要は力尽きた方が一気に追いやられる可能性があり、上下いずれかにストップロスなどを巻き込んで、ブレイクアウトを引き起こす可能性を控えている時期、、ともいえます。


現在するべきこと。

自身のリスク許容範囲を再確認して保有ポジションの縮小や逆指値の設定、そして短期売買、、と考えます。要は小休止時でのメンテナンスタイムです。


チェック項目

まずは今週の指標です。今回は特別に岡三証券投資戦略部作成の
岡三ウィークリー(12/7-12/11)をご案内します。

内容は週間予定からはじまり、為替相場は勿論、日本株式・新興株式・米国株式・中国株式・債券相場、注目銘柄を参照することが可能です。


今夜の指標。

20:00 (独) 10月製造業受注 [前月比] (前回+0.9% 予想+0.7%)
22:00 (ユーロ圏) トリシェECB総裁講演
22:30 (加) 10月住宅建設許可 [前月比] (前回+1.6% 予想+1.0%)
22:30 (米) 米国株市場開始(〜06:00)
24:00(米) ニューヨークオプションカット
01:00(英)ロンドンフィキシング 
02:00 (米) バーナンキFRB議長講演
05:00 (米) 10月消費者信用残高 (前回-148億USD 予想-93億USD)
06:45 (NZ) 期製造業売上高[前期比](前回-4.8%) 


特に先週末の米雇用統計の改善により、日本時間深夜02:00に予定されるバーナンキ米FRB議長の講演でどんな発言が出るか、事前の対応が必須です。

 

ファンダメンタルズポイント

先週末の米雇用統計の改善を受けたドル高と米債金利の上昇により、ドル調達キャリー取引の巻き戻しが継続。金などの資源価格が下落しており、これまでリスク選好相場で買われてきた欧州通貨や資源国通貨が圧迫されていることから朝方の見解と同様、クロス円にどの程度の円高リスクを想起させるか、警戒が必要です。

 

ドル円テクニカルポイント
上値焦点は本日の仲値公示後に小さく生じた90.05-15のギャップ(窓)、東京時間の高値90.38、一目均衡線日足での上値焦点は雲の下限/先行線推移の90.46。越えて、先週末の高値90.78。

1207ドル円60分足
一方下値焦点は現状、89.60-80がサポート機能しているものの89.55-40、5分足で見た場合の89.25-10のギャップ(窓)の維持の注視。
この価格帯がサポート機能がなされないと5分足で見た場合の89.10-88.50という米雇用統計発表時に生じたギャップ(窓)への回帰有無が焦点となり、相場水準が下降移行するため注意が必要となります。


油断禁物!



okasanonline at 19:20コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年12月07日

おはようございます。
今週も宜しくお願いします、岡三オンライン証券の武部力也です。


先週のポイント

●非農業部門雇用者数変化:11月-1.1万人(事前予想-12.5万人)
●失業率:11月10.0%(事前予想10.2%)

米11月雇用統計の結果は市場サプライズとなり、FRBが出口戦略に向けて舵をきるのではとの思惑から、早期利上げ観測も浮上。ドルは全面高の様相となりました。


今後の警戒ポイント

注目の雇用統計の大幅改善というまったく予想外の結果に・・。ドル円はスパイラル的に大幅上昇、調整らしい調整もなく、最後は90円台まで続伸して週明けの東京を迎えています・・。

日本の金融緩和も後押しになった感もあるでしょうか、とりあえずのドル安リスクは一服してきました。


今後の展開ですが日本株には円高・ドル安一服が好材料となるため、日本の株高がクロス円での円高リスクを抑制させる期待がもたれる一方で、そもそも米年末決算による海外収益のドル転需要も全般的なドル買い戻しを支援しやすく、それが対ドルで欧州通貨や資源国通貨の軟調を引き起こし、クロス円にどの程度の円高リスクを想起させるか注目されるところです。

 

本日の東京ミドコロ。


今回の米雇用回復の持続性や年末商戦の行方には継続して不安感が完全払拭されたわけではなくドル安や円高が再燃するリスクは消えていないと考えます。
東京市場では、待ってました!と言わんばかりにドル売り・円買い手当ての遅れていた国内輸出企業のドル売り圧力が90円台から想定しやすいところ。

増してやドル円相場では一時、84円から85円台を見せられ、円高恐怖は遂先日の話題。そのあとの90円台!ということで、地獄に仏?日銀短観前、クリスマス前、年末前という押し迫ったカレンダー的な要因も駆け込み的なドル売り対応が東京勢法人勢から持ち込まれる可能性大、と考えています。

 

ドル円テクニカルポイント。

1207ドル円日足
一目均衡線日足でみると上値焦点は雲の下限/先行線推移の90.46が上値焦点。

1204から05のドル円

下値に関しては5分足でみてもテンポが速すぎるのが確認できます・・。各所急騰ゾーンのギャップ(窓)埋め戻し有無に警戒。89円台後半が維持されるか否かで水準が移行する可能性から動向に注意。


注意。

東京勢法人勢の動意が一巡すると月曜様子見派が台頭して凪相場になる可能性大・・・。



okasanonline at 08:10コメント(3)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年12月04日

おつかれさまです、岡三オンライン証券の武部力也です。

本日のランチはたまには、お肉、、ということで当社お隣の開店まもない綺麗な焼肉屋さんにGO!!

20091204焼き肉ランチ1050円

わたしが写真を撮っているのに中央先方からお箸を出しているのは誰?<答えは・・

                                
おしゃれな店舗の作りからか周りは女性だらけでこちら、男同士の二人組はポツン、、と。味は中々でしたが、さすがに店内ムードまでは読めませんでした。

さて、投資家にとって市場のムードを読むと言うか、予測をする、とすればチャート分析、ファンダメンタルズ分析が主となりますが融業界クロートの間では昔から年末・年始、毎年の定番の本があります。

恐るべし予測精度?。『通』の投資家が探しているもの?。

それは、『フォーキャスト』!!
本年は『フォーキャスト2009』のタイトルで売られました。

フォーキャスト2009 定価8000円

来年度版は『フォーキャスト2010』ですね。恐らく、クリスマス前後から来年初めは金融業界クロート筋が読み漁ります<笑>。なぜか?

フォーキャスト、つまり予想、予測と訳すのでしょうか。
「レイモンド・A・メリマン」と言っただけで、判る方はかなりの投資家クロート筋、いわゆる「通」ですね。(訳:皆川弘之氏)

占星術(アストロロジー)で金融市場の動向、見通しをかなりの精度で示す方で世界的に知られている人物です。

『はあ???』

小馬鹿にするなかれ。食わず嫌いもいけません。
勿論、正直、いや、確かに『山羊座は土星に支配され・・・冥王星と土星がカーデイナル・クライマックスによるアスペクトは極めて重要・・・』
『土星/天王星の軌道の4分の一のサイクルで1976年にドル円は史上最高値をつけ・・・』

『おいおい、武部、おまえ、大丈夫か???』

と言いたくもなるでしょうね、普通は。

ただ、年末に見返すと高い精度で見通しを的中させているんですから、これはもう、しょうがない、、、。普通はこうした予想できません<笑>。わたくしも訳がわかりません<苦笑>

相場の行方に関心のある方は、そういう本もあるんだ、とご記憶の片隅にでも残れば幸いです。
ちなみに目次の主な項目は
<米国金利>、<米国株価>、<外国通貨(対ドル:スイスフラン、円、ユーロ)>、<日経平均株価>、<貴金属>、<原油相場>、<天候>、<穀物相場>、<星座別個人の運勢>
などです。


ある意味、世界七不思議?都市伝説?みたいな貴重な相場予想の本です。
<クリスマス前後から一般書店でお求めになれますが、但し、お値段も貴重です。w(゚o゚)w オオー!>

内容等にご興味ある方、個人的に(笑)、お問い合わせ下さい。ご案内します。



okasanonline at 16:04コメント(4)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−現在 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート