2010年03月25日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、ドル円が逆襲してきました。円高一転、円安です。
ドル円相場は1月12日以来の水準となる1ドル=92円台の示現となりました。

背景。
ポルトガルの格下げ発表やギリシャを巡るドイツをはじめとしたEU加盟国の意見の不一致に加え欧州の一部の国家の信用リスク(ソブリンリスク)を意識して対ドルでユーロ売り圧力が加速して増大。ドル上昇からドル買い・円売りに連動して繋がっています。

0325ドル円とユーロドル

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/ユーロドル

米国債市場では米債入札の不調により、今後も厳しい結果になるとした予想<今夜02:00米7年債入札(320億ドル)>から、長期金利が上昇(債券価格は下落)。米10年債利回りは3.70%近辺から3.80%まで急騰しドル買いに拍車をかけ、トレンド相関性指向の強いドル円相場でも日足チャートで見るとシンクロ推移が顕著に確認できます。

0325ドル円と米10年債
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円/米10年債金利

 

中期的上値期待。
ドル円相場90円台後半に多くあった抵抗線を次々にブレイク。調整的な動意も意識される一方で中期的な上値追いターゲットとしては週足の一目均衡表で見た場合、雲の下限93円台後半、そして1月第一週の年初来高値93.68を意識した93円台に向けたアプローチの可能性も浮上してきました。

2010年週足一目ドル円0325
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・週足/一目均衡表/ドル円

東京ドル円戦略。
米長期金利の上昇も一服。久しぶりの92円台ということで輸出企業が駆け込み的なドル売りや期先の為替予約、または上昇に伴う短期利益確定と思しきドル売り・円買いが上値を押さえて東京は開始・・。
ドル円の調整動意を意識しつつもユーロドル1.3300ドル、1.3200ドルに大量のノックアウトオプション設定観測があり防戦買い圧力が想定される一方で下抜けを試す可能性も高く、その場合一段のユーロ安進行・ドル買いがドル円相場に影響する可能性から東京時間夕刻のロンドン勢参入時も意識した短期トレードが望ましいと考えます。


ドル円ぱっと見テクニカル。
本日の東京市場時間は上昇時に生じたギャップ(窓)からの抵抗力と回帰圧力を巡る攻防が目先の相場水準の移行に関わる最大のポイントと考えています。

0325東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 10:55コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年03月24日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、我等がドル円・・・。
相場の上昇を予想する強気な見方を「ブル(Bull:雄牛)」(参考=下落を予想する弱気な見方を「ベア(Bear:熊)」)と海外勢は良く使いますから、牛丼が雄牛かどうかはわかりませんが(笑)、本日のランチは動意を祈念して牛丼を食べに突撃。テレビでも有名で女性芸能人も多数訪れるとか
ステーキ雄の牛丼ランチ
本来はステーキ屋さんでお昼のみ牛丼一品。1階はカウンターのみ8席で良い感じです。上げ潮・上昇相場、勝利の象徴、と念じての牛丼ランチでした。<お詫び:ランチに熊(ベア)料理を食べれるところは知らないので、ベア派の方、今回は御甘受下さい。>

牛丼
しかし、昔からランチに牛丼ばっかり・・・。

今夜のドル円材料。
17:00 (米) エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演(北京)  
17:30 (独) 3月製造業PMI・速報値(前回57.2 予想56.8) 
17:30 (独) 3月サービス業PMI・速報値(前回51.9 予想52.1) 
18:00 (独) 3月ifo景況感指数(前回95.2 予想95.6)
18:00 (独) 3月ifo現況指数(前回89.8 予想91.0) 
18:00 (独) 3月ifo景気期待指数(前回100.9 予想101.0) 
18:00 (ユーロ圏) 3月サービス業PMI・速報値(前回51.8 予想52.0)
18:00 (ユーロ圏) 3月製造業PMI・速報値(前回54.2 予想54.0) 
18:00 (ユーロ圏) 3月総合PMI・速報値(前回53.7 予想53.8) 
18:00 (ユーロ圏) ビーニ・スマギECB理事講演
19:00 (ユーロ圏) ユーロ圏1月鉱工業新規受注(予想+1.1%) 
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数[前週比](予想-1.9%)
20:00 (ユーロ圏)  EU10カ国財政赤字報告     
21:30 (英) 英政府・ダーリング英財務相予算案公表
21:30 (米) 2月耐久財受注 [前月比] (前回+3.0% 予想+1.0%)
21:30 (米) 2月耐久財受注 [前月比:除輸送機器] (前回-0.6% 予想+0.5%)
22:00 (ユーロ圏) オルドネス・スペイン中銀総裁講演
22:00(ノルウェー)ノルゲバンク政策金利発表
23:00 (米) 2月新築住宅販売件数 (前回30.9万件 予想31.5万件)
23:00 (米) 2月新築住宅販売件数 [前月比] (前回-11.2% 予想+1.9%)
23:00 (米) 米下院歳入委員会にて中国の為替政策に関する公聴会
23:30 (米) 週間原油在庫[前週比](前回+101万バレル) 
23:45 (米) ホーニング米カンザスシティ連銀総裁講演
24:00(ユーロ圏)シュタルクECB理事講演
01:45 (加) カーニーBOC総裁会見
02:00 (米)米5年債入札(420億ドル)      
02:30 (ユーロ圏)バローゾ欧州委員長、会見

今夜は数多の材料で目移りしますが、ポイントは2点と考えます。まずはギリシャ問題を想起させるものからのユーロ連動。そして(米) 2月新築住宅販売件数に関しては2月の大雪、冬季による季節的な需要減退とあいまって、下振れリスクが警戒される点、となりましょうか。

ドル円ぱっと見テクニカル。
下値はオプション圧力他、日足一目均衡線では基準線推移の90.13がサポート機能していることから90円前半の維持の有無をポイントとし、一方の上値は日足一目均衡線先行スパン/雲の上限になる90.51を巡る攻防と見ています。91円台に向けて90円台半ば越え、90円台後半に橋頭堡(きょうとうほ)が構築できるか否かが鍵。

いずれにしても上下ポイントいずれのかのレジストorサポートポイントのブレイクを見ないと新たなステージ移行は期待できず、短期クイックイン/クイックアウトの繰り返しをイメージしています。

0324欧米ドル円日足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円



okasanonline at 16:48コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年03月24日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、1603年の本日、徳川家康は征夷大将軍に任じられ、これをもって江戸・徳川幕府の始まりとされています。
以来、江戸っ子住民が増えるわけですが、一方で江戸言葉を喋る世代は少なく、わたしの祖父や親世代まで。
<個人的には「ひ」と「し」がわからなくなる時がありますが、バレて指摘されることは稀にしかありません(笑)>都市への流入人口と時代に移り代わりで風化してくのは世の常です。

一方、江戸、改め東京外国為替市場ドル円相場のセンチメントが風化しません・・。明確な方向性が見出しづらく膠着ボックス圏内相場の推移は継続。
下値は90.0089.75-80にオプション観測があり、加えて機関投資家のヘッジ外しやゆうちょ銀行が国内債偏重の資産構成見直しの名目の下、郵貯や簡保の米債運用が円高阻止に動員されているといった思惑まで浮上しています。
対して上値からはオプションオーダーの消滅や3月期末からのレパトリエーション(資金の母国回帰)による円転圧力も徐々に低減している、とされている一方で90円台後半に躍り出ることを拒まれています。
「東京金融取引所くりっく365 売買建玉の推移<参照:取引画面内>」から米ドル円の買い比率を見ても3月上旬からはほぼ拮抗。センチメントからもドルを買う妙味が希薄化されている観を感じるのですが、如何でしょう?・・・。

東京。
短期金融市場では日銀の当座預金残高が17.5兆円と期末越えの資金供給を継続し無担保コールオーバーナイトレートは0.090%水準前後での推移と日銀が意図する施策下で推移。
資金の余剰感が新たな円のファインスに繋がるか否か、と見た場合、東京株式相場での上伸がリスク許容度の拡充としてドル円相場が牽引される可能性もあり上値追いリスクに警戒が感じます。ユーロドルからの連動(ドル買い・ユーロ売り)もその限りではなく、ドル円相場ではエネルギーが蓄積されている可能性から一気に値が飛ぶ可能性に要注意と考えます。

ドル円ぱっと見テクニカル。
下値は90円前半の維持の有無
をポイントとし、一方の上値は91円台に向けて90円台半ば越え、90円台後半に橋頭堡(きょうとうほ)が構築できるか否かが鍵
本日も想定レンジをイメージする一方でブレイクポイント水準では済し崩し的な変動に気をつけてクイックイン/クイックアウト、とした丁寧なエントリ−&エグジットが望ましいと考えています。

日足一目均衡線では基準線推移の90.13、先行スパン/雲の下限になる90.51を巡る攻防と見ています。

0324東京ドル円日足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円



okasanonline at 10:47コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ