2010年03月26日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

本日のランチは社内で・・。
326ランチ

今夜の材料。
21:15(ユーロ圏)メルケル独首相会見     
21:30(米) 第4四半期GDP・確報値 [前期比年率] (前回+5.9% 予想+5.9%)
21:30(米) 第4四半期GDPデフレーター・確報値(前回+0.4% 予想+0.4%) 
21:30(米) 第4四半期個人消費・確報値 [前期比] (前回+1.7%)
21:30(米) 第4四半期コアPCEデフレーター・確報値(前回+1.6% 予想+1.6%) 
22:55(米) 3月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回72.5 予想73.0)
00:30(米) ウォルシュFRB理事講演「FRBの独立性」
01:00(ユーロ圏) トリシェECB総裁講演
05:00(米) ブラード米セントルイス連銀総裁・パパデモスECB副総裁講演
07:00(米) タルーロFRB理事講演
EU首脳会議(於;ブリュッセル)

 ※28日より英国および欧州が夏時間に移行。

欧州連合(EU)首脳会議に先立って仏大統領府と独政府当局者は両国がEU加盟国と国際通貨基金(IMF)が関与する支援計画で合意したとの報道。ユーロ動向の揺り戻しがあるのか要注意。

一方、総務省が発表した2月の全国消費者物価指数は前年同月1.2%低下と12ヶ月連続のマイナスが判明しておりデフレが長期化する公算が高まっています。
そうした中、政治的な側面が強いにせよ日銀は17日の金融政策決定会合で、新型オペによる資金供給を10兆円から20兆円に増額する追加緩和を決定しており、また、鳩山首相は「デフレ克服に全力を挙げることは言うまでもない」とも発言。日銀は緩和姿勢を明確にしており、来週の年度末当座預金残高も20兆円が意識されるところです。

政局が混沌としている中で参院選を前に政府が日銀に一段の緩和を求める見通しがあることは”言うまでも無く”、インフレ施策による資金の余剰感が新たな円のファインスに繋がるか否か、また、目先の円高進行が回避され輸出企業群の輸出設定レートもおおよそ為替差損が回避され決算収支への期待も報じられるなかで、新年度入りに向け国内機関投資家・法人が海外資金手当てに動き始める可能性も念頭に入れた相場観が求められる時期と感じます。

ドル円ぱっと見テクニカル。
上値焦点はオプション観測のある93.00、節目の93.50、年初来高値93.68、週足の一目均衡表で見た場合、雲の下限・先行スパン推移の93.92・・・。
下値焦点は上昇時に生じた各ギャップ(窓)に対し週末のポジション調整による回帰圧力がなされるかが最大のポイントと考えています。
0326欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 17:26コメント(1)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年03月26日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

テクニカルで簡単把握。
さて、我等がドル円相場、テクニカル的なフォーメーション分析でトレンドを考えると現在の水準は大きな分岐点で推移しており2007年7月以来の長方形推移(=下降トレンドライン)から離脱する機運の可能性が高まっています。

2007年からのドル円週足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・週足/ドル円


更に具体的な分岐点となりうる水準を中期トレンドの指針となる週足一目均衡表でみると雲の下限93円台後半、そして1月第一週の年初来高値93.68を意識すると雲の帯が推移する価格帯93-95円台を抜けれるか否かで2010年のドル円相場の行方が決定されるといっても過言では無いと考えます。

2010年ドル円週足一目
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・週足/一目均衡表/ドル円

さて、それではドル円93-95円の価格帯を抜ける材料とは何か?を改めて鑑みるとファンダメンタルズでの支援有無や株価上伸、米長期金利の上昇に注視していくことが挙げられるかと思います。


東京材料。
朝方、菅財務相が「デフレ脱却に向けて更なる努力が必要」とコメント。短期金融市場では日銀の当座預金残高が16.8兆円と期末越えの資金供給を継続し無担保コールオーバーナイトレート0.090%水準前後での推移と日銀が意図する施策下で推移。
資金の余剰感が新たな円のファインスに繋がるか否か、と見た場合、東京株式相場での上伸がリスク許容度の拡充としてドル円相場が牽引される可能性もあり、特に本日の東京株式相場は3月期決算銘柄の優待・配当の権利付き最終日にあたり個人投資家を中心とした物色も株価上昇に寄与するか否か、期待されるところです。
転じて機関投資家の動きとしては新年度を迎えるにあたって米債を中心とした海外投資フローのヘッジ(円買い・外貨売り)をしていたものを目先の円高進行回避からヘッジ外しに伴う円売りが考えられ、今後は新年度入りの新たな投資需要も鑑みればドル円相場での上値追いリスクは継続している、と考えています。ちなみに30日火曜日は転換点となりうる満月です・・・。

 

ドル円ぱっと見テクニカル。
上昇時に生じたギャップ(窓)からの下支え抵抗力と対して上からの回帰圧力を巡る攻防に引き続き注意。

0326東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 11:11コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年03月25日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
日米欧のファンダメンタルズから円・ドル・ユーロに差異が生じ、トレンド方向が見出せない中で円は対ドルに対しては弱含みを見せていますが対ユーロでは継続して強含みを見せておりドル>円>ユーロ<ドル>円>ユーロ<ドル、、、の関係が感じられます。
本日のランチは店名に「三国志」や「諸葛孔明」を想起し中国4000年の食文化に突入!<お好きな方をお選び下さい>

高菜ラーメン      五目タンメン
 高菜ラーメン/チャーハン付            五目タンメン/チャーハン付 

「味のバランスが俺と合わない!」とF氏が吼えてました(笑)。中国の歴史書籍愛好家の間では「3極のバランス」として天下三分の計(てんかさんぶんのけい)が良く取り沙汰されますがドル・円・ユーロの関係も均衡・牽制は勿論、反転・逆転、若しくは更なる加速があるやもしれませんので引き続き油断は大敵です。

今夜の材料。
ギリシャを巡るドイツをはじめとしたEU加盟国の意見の不一致は継続。ドイツとギリシャ間の国民感情は計り難いものがありますが、勝手なイメージとしてその一端を名作映画「ナバロンの要塞」から鑑みると明確に国民性が違うのに同じ欧州連合(EU)、というのがそもそも”野合的合衆”の観を否めないのですが如何でしょうか・・。

日米独奇襲作戦
日米独の中央銀行が共同で市場をリードしていたのも今は昔です。

今夜もPIGS(ポルトガルPortugal、イタリアItaly、ギリシャGreece、スペインSpain)を巡る材料、特に特定国の離脱等の報道がなされたら荒っぽい動きを見せる可能性もあり、欧州勢の一部は4月入りからの復活祭(イースター)休暇を控えて手仕舞う可能性も浮上します。ユーロ動向に要注意です。

18:30(英) 2月小売売上高指数
20:30(ユーロ圏) トリシェECB総裁講演
21:30(米) 週間新規失業保険申請件数 (前回45.7万件 予想45.5万件)
22:30(南ア) SARB政策金利発表
22:10(米) ピアナルト米クリーブランド連銀総裁講演
23:00(米) バーナンキFRB議長議会証言「出口戦略」(下院金融サービス委員会)
03:30(ユーロ圏) ゴンザレス=パラモECB理事講演
02:00(米)7年国債入札(320億ドル
       EU首脳会議(於;ブリュッセル)

ドル円ぱっと見テクニカル。
上昇時に生じたギャップ(窓)からの下支え抵抗力と対して上からの回帰圧力を巡る攻防に注意。具体的な戦術としてはギャップ(窓)の埋め戻し動意が顕著だった場合、その流れに乗るのも一考。
<参考:上昇起点90.60から直近最高値92.40よりの半値50%戻しが91.50>

0325欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 17:31コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ