2009年10月22日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、昨晩のニューヨーク市場ではドル売りが優勢に推移。米エネルギー省の週間在庫統計でガソリン在庫が大幅 減となったことで、原油に需給逼迫懸念が強まり、原油先物12月限は一時82ドルまで上昇して年初来高値を更新。米金利も当面低水準に留まるのではないかとの観測が高まり、リスク選好 の動きが強まりドルキャリーの動きが強まった模様です。

ユーロドルは一時1.50ドル台へと昨年8月11日以来の大台乗せを達成。ポンドドルは約1ヶ月ぶりの1.66ドル前半まで上昇したほか、豪ドル/ドルが0.93ドル前半へと昨年8月以来、NZドル/ドルが0.76ドル前半へと昨年7月以来とオセアニア通貨はそれぞれ大台乗せを示現となりました。

本日の東京ドル円相場では91円台前半からの本邦輸出勢を中心としたドル売り圧力に対しリスク許容度の改善のほか、外貨建て投信の設定に絡んだ思惑先行の円売り圧力がクロス円動意と伴って上値追いが可能なのかに注視。

短期ドル円相場のテクニカル的な上値焦点としては60分足ボリンジャーバンド+2σ推移の91.16を意識して、16日以来の高値圏91.00-30とみており、、、91.28(10月20日高値)、91.30-35(10月16日高値)がポイント。9月23日、そして短期的には24日の戻り高値圏91.55-65を抜けてはじめて、9月22日以来の92円台示現有無が意識されるところです。

1022ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/米ドル円

一方、下値焦点は60分足ボリンジャーバンド中心線推移の90.89、昨日の戻り安値90.80、昨日夕刻に生じた90.70-75のギャップ(窓)の維持有無がポイントで下抜けた場合、60分足ボリンジャーバンド-2σ推移の90.61。
90.40-60のギャップ(窓)の埋め戻し残りの維持、21日東京の安値90.48、90.35-40(10月19日安値)、日足一目均衡線基準線推移の90.27、ストップロス設定観測のある90.2090円台前半維持のポイント。
そして、16日深夜12:05頃の戻り安値90.19、日足ボリンジャーバンド中心線推移の90.15、日足一目均衡線転換線推移の90.08、90.05-10(10月20日安値圏)、10月15日20:00頃に生じた90.00-05ギャップ(窓)の維持が実質上の90円台維持のサポートラインと見ており、最終的には15日18:30頃の急騰ギャップ(窓)ゾーン89.70-90-90.00が90円台維持の支援をしていると考えています。

一方、オセアニア通貨のクロス円、特に豪ドル円に関してですが10月6日に豪準備銀行がG20各国の低金利政策からいち早く抜け出して政策金利を25bp引き上げ3.25%にして以来、 スワン豪財務相がRBAの追加利上げの可能性を示唆したり、豪中銀総裁補佐のロウ氏が「平常の金利への復帰プロセスが進んでいる」「より平常な金利へと設定していくのが適切」と述べるなど前向きな発言が続き、20日に明らかになった6日に開催した豪中銀政策決定会合議事録でも「低金利はもはや必要ない」などが明らかになっており豪州国債市場では10年債金利が大幅に上昇(債券価格は下落)。金利差面での豪ドルのサポート要因となっています。<ちなみに次回豪中銀政策決定会合日は11月3日火曜日です。>


本日の豪ドル円に関しては同国の経済を側面から支える中国の指標結果から思惑期待が先行する可能性も高いことから要警戒となります。

11:00(中国)7−9月期GDP(前年比)  〔+9.0%〕 (+7.9%)
11:00(中国)9月消費者物価指数(前年比〔-0.8%〕 (-1.2%)
11:00(中国)9月小売売上高(前年比) 〔+15.5%〕(+15.4%)
11:00(中国)9月鉱工業生産(前年比) 〔+13.2%〕(+12.3%)
11:00(中国)9月固定資産投資(年初来、前年比)〔+33.1%〕 (+33.0%)


豪ドル円の短期テクニカルポイントとして上値焦点に84.85-90(10月21日高値)、85.15-20(08年10月1日高値)を意識。


1022豪ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/豪ドル円

一方、下値焦点としては84.20-25 (10月16日高値)、60分足ボリンジャーバンド中心線推移の84.10、直近戻り安値84.00−05圏、83.80-60、83.45-50 (10月20日安値)、60分足ボリンジャーバンド-2σ推移83.40が挙げられます。

中期的には10月以来、日足・一目均衡表では雲の上限から大きく上伸乖離しており83円台後半から84円台前半での堅調有無が今後のトレンドを方向付ける一つのポイントと考えています。

1022豪ドル円日足一目均衡
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/豪ドル円



okasanonline at 10:32コメント(0)トラックバック(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年10月21日

お疲れ様でした、岡三オンライン証券の武部力也です。
本日のランチは少し早めだったのですがお店で、限定20名限り、のメニューを見てしまい、衝動的に、ふかひれ姿煮入りのラーメンに挑戦。
初めての体験で正直、味は???、、、、、、でしたが

ふかひれラーメン
※毎回、但し書きしていますがグルメブログではありません、念のため。

「ふかひれコラーゲン」は、これまで、テレビ番組や雑誌といったマスメディアを通じて女性が喜ぶ肌の保湿等が喧伝されています。
しかし、私にとってはコラーゲンの補給によって細胞への栄養や酸素を運んだり、老廃物を運び出してくれるとするなら新陳代謝が良くなって免疫能力の向上や肩こりや腰痛の改善に期待したい次第・・。さて、効果が現れるのか否か??暫く様子見です。

さて、早い者勝ち、というには似て非なるものですが、
当社店頭FX『岡三アクテイブFX』2009年10月1日から12月31日までの3ヶ月間、「今だけ4倍!キャッシュバックプラス」

岡三アクテイブFXキャンペーン
をご案内しています。

ところで岡三アクテイブFXって何?のお声には当ブログ右脇の

店頭FXをはじめるにはをご案内していますが

更に

店頭FXデモトレーダーはこちら
でもご確認いただけるのですが、トレードシステムは想定範囲の機能は当然<画面発注機能やトレールシステムは勿論ですが、私自身、ボイス機能が付いていることを最近まで失念していました!!アプリケーション言語は15ヶ国言語から選べます(笑)>使用可能期間は90日あり、兎に角お試し頂ければ、『おお!!。』と驚愕して頂くこと間違いありません。

是非是非お試し下さい。

岡三アクテイブFXトレーダー操作マニュアル

 さて、本日の東京ドル円相場は90円60銭台から80銭台を中心とした推移に終始。今夜の動向に期待が持たれるところですが、リスク許容度の改善のほか、外貨建て投信の設定に絡んだ思惑先行の円売り圧力が90円台前半で足場固めをするか91円台前半からの本邦輸出勢を中心としたドル売り圧力が上値重さを継続されるのか注視したいところです。

予定されている今夜の指標は以下。

20:00(米)米MBA住宅ローン申請指数(10月16日までの週)(前週比) 
21:00(米)モルガン・スタンレー、7−9月期決算発表
21:30(米)ウェルズ・ファーゴ、7−9月期決算発表
22:00(米)NY原油先物市場開始
22:30(米) 米国株市場開始 
23:00(米) ニューヨークオプションカット
23:30(米)米週間原油在庫(前週比)
24:00(英)ロンドンフィキシング 
25:00(米)ラッカー米リッチモンド連銀総裁、経済学のワークショップで講演
26:00(米)タルーロFRB理事、ワシントンで講演
03:00(米)米地区連銀経済報告(ベージュブック)
05:30(米)ローゼングレン米ボストン連銀総裁、経済会議で講演挨拶講演

短期ドル円相場のテクニカル的な上値焦点としては60分足ボリンジャーバンド+2σ推移の90.99を意識して、本日東京の高値90.91、16日以来の高値圏91.00-30とみており、、、91.10-15(10月19日高値)、91.30-35(10月16日高値)がポイント。
9月23日、そして短期的には24日の戻り高値圏91.55-65を抜けてはじめて、9月22日以来の92円台示現有無が意識されるところです。

 1021夜のドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/米ドル円

一方、下値焦点は60分足ボリンジャーバンド中心線推移の90.66、昨晩深夜にぽっかり空いた90.40-60のギャップ(窓)の維持、本日東京の安値90.48、90.35-40(10月19日安値)、日足一目均衡線基準線推移の90.27、ストップロス設定観測のある90.20、16日深夜12:05頃の戻り安値90.19、日足ボリンジャーバンド中心線推移の90.15、昨日の安値90.0790.05-10(10月20日安値圏)、10月15日20:00頃に生じた90.00-05ギャップ(窓)の維持が実質上の90円台維持のサポートラインと見ており、それを日足一目均衡線転換線推移の89.83や15日18:30頃の急騰ギャップ(窓)ゾーン89.70-90-90.00が90円台維持の支援をしていると考えています。

大動意の可能性も否定できませんがおおよその想定レンジ内で流れに乗った短期トレードイメージで考えています。



okasanonline at 18:46コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年10月21日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、昨晩のニューヨーク市場は、9月米国住宅着工件数や生産者物価指数が予想を下回ったことから米3主要株価指数が前日比マイナス域へ下落したことなどから、リスク回避が強まり、フランスのブルト予算相が1ユーロ=1.5ドルの為替相場は世界に対するユーロ圏諸国の「競争力をそぐ」と発言したことなども背景に対欧州通貨や資源国通貨でドル買い戻しが進行しました。

本日の東京ドル円相場ですが月末期入りで外貨建て投信の設定に絡む外貨買い・円売り圧力などの需要も加わり上値追いが何処まで可能なのか。対して91円台では輸出勢の売り意欲も強いとされることから、90円台前半がサポート、91円台前半がレジスタンスとしたイメージが想起されるところです。

テクニカル的な下値焦点は昨晩深夜にぽっかり空いた90.40-60のギャップ(窓)の維持、90.35-40(10月19日安値)、日足一目均衡線基準線推移の90.27、ストップロス設定観測のある90.20、16日深夜12:05頃の戻り安値90.19、日足ボリンジャーバンド中心線推移の90.16、昨日の安値90.07、90.05-10(10月20日安値圏)、10月15日20:00頃に生じた90.00-05ギャップ(窓)の維持が実質上の90円台維持のサポートラインと見ておりそれを15日18:30頃の急騰ギャップ(窓)ゾーン89.70-90-90.00が90円台維持の支援をしていると考えています

上値焦点として16日以来の高値圏91.00-30であり、、60分足ボリンジャーバンド+2σ推移の91.00、91.10-15 (10月19日高値)、91.30-35 (10月16日高値)9月23日、そして短期的には24日の戻り高値圏91.55-65を抜けてはじめて、9月22日以来の92円台示現有無が意識されるところです。

1021ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/米ドル円

本日のドル円推移イメージは90円台前半から後半で想定していますが10:30に西村日銀副総裁が兵庫県の金融経済懇談会で講演、13:30に記者会見、そして14:00にはオバマ米大統領が講演、夕方には藤井財務相による記者会見が見込まれており、コメント動意に気をつけたいところです。<個人的には辞任表明した日本郵政の西川善文社長の後任に東京金融取引所社長の斎藤次郎元大蔵次官を当てる人事報道に興味があります♪>



okasanonline at 10:07コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート