2009年09月03日

最近は日中の蝉の声より、夕刻に聞こえる秋の虫の声のほうが賑やかしく感じるようになりました。こんにちは、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、ニューヨークからは米大リーグ、シアトルマリナーズのイチロー外野手が来季、日本球界に復帰する、とのニュースが伝わり、ご資産の売却によって発生する円転ダマの額が気になるところですが(笑

今夜は欧州市場で以下が注目されています。
20:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
21:30 (ユーロ圏) トリシェECB総裁記者会見

欧州中央銀行ECB(Europen Central Bank)政策金利発表後にはECB総裁の記者会見も予定されており、今後の金融政策動向を伺う大事な機会でもありユーロの動向が注視されています。
ECB総裁。その名はジャン=クロード・トリシェ(Jean-Claude Trichet、1942年12月20日)。なんか、映画俳優みたいな感じでかっこいい・・。

現地のプロフイールによるとトリシェ氏は仏・リヨンで生まれ、お父上は大学教授。ご本人はフランス国立行政学院等で学んだ後、ジスカール・デスタン大統領補佐官などを歴任し、1993年にフランス銀行総裁に就任。
1998年に欧州中央銀行が設立されると、ウィム・ドイセンベルク氏(オランダ銀行総裁、オランダ大蔵大臣を歴任)とともに初代総裁候補となり、協議の結果、本来任期8年の総裁の座を4年後にトリシェ氏に譲ることを条件にドイセンベルク氏が初代総裁となりトリシェ氏は副総裁になりました。2003年10月31日にドイセンベルク氏がECB総裁を辞任すると翌日にトリシェ氏は欧州中央銀行総裁に就任。フランス銀行総裁時代には「強いフラン」維持に尽力するなど、自国通貨高論者とされます。
<少なくともわたしは過去にユーロ売り介入を行った、とした記憶はありません・・>
一方でシャルル・ボードレールやポール・ヴァレリーらの詩を愛好しているロマンチストな方だとのこと。現実と理想を住み分けるユーロの舵取り役として腰の据わった総裁のようですね。
<ちなみにわたしはせいぜい洋酒と日本酒を飲み分けることが出来る程度です・・・。>

さて、テクニカル的にユーロ円を一目均衡表/日足で見ると転換線に上値が抑えられる形で雲の下限を下抜け、売り優勢の展開が継続。
 ユーロ円一目均衡0903
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・一目均衡表/日足/ユーロ円

フィボナッチリトレースメンとで見ても大凡、昨年7月下旬につけた水準170円近辺から下落し、本年1月下旬につけた年初来安値112円近辺からの半値戻し(50%=29円幅)141円台水準に回帰できませんでした。
中長期では7月8日の安値130.45水準、7月27日の安値で長期移動平均線200日線が指針する128.09水準が下値の目標として意識されています・・。
勿論、短期ではこの限りではありませんがご念頭に。



okasanonline at 16:10コメント(1)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年09月03日

世界株高の調整によるリスク回避や日本企業の9月期末の送金に伴う円転/円買い圧力、米雇用統計への警戒感、オプション、ストップロス狙いなどでドル円相場は9:33に、一時7月13日以来となる91円95銭を記録。
(東京金融取引所の取引所為替証拠金取引「くりっく365」(当社「岡三オンラインFX」)

0903ドル円1分足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・1分足/米ドル円

一方で91円後半以下ではオプション絡みのドル防戦買いや本邦輸入企業を中心に、、国内機関投資家、海外公的系のドル買いなどが観測され91円台には定着するには至らず92円台へと押し戻されています。
 しかしながら下値基盤は脆弱であり、今度92円を割り込めばビッドの多くはキャンセルされ、91.70や91.50のストップロス値狙いでなし崩し的なドル安が進む可能性もあり要警戒です。
ちなみに焦燥のロング派はリスクではありますが91円台半ばから後半でストップ設定&新規エントリー設定、、、とした途転戦術での生き残り法も一考される局面のようです・・。



okasanonline at 10:00コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年09月03日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、昨晩のニューヨーク市場ドル円相場は92.00円手前ではオプション設定に関連した防戦買いも観測され、安値92.08を記録させるもなんとか92円台維持で東京市場を迎えました。

本日の東京時間10:30には豪7月貿易収支が控えており予想はマイナス幅拡大の見通しとなっていることから引き続き豪ドル円にも注意し、結果によっては更に下振れる可能性があることからリスク回避の動きによる円買い圧力の連動に気をつけたいところ。
また欧州時間はユーロ圏7月小売売上高、欧州中銀金融政策発表も重要でユーロ圏の景気後退脱却の観測が出ている中でのトリシェECB総裁の景気認識についての発言次第でユーロが対ドル、対円相場に影響する可能性から要注目です。
東京市場のドル円相場のテクニカル的な下値焦点は継続して92円台の維持の有無。
日足のボリンジャーバンド−2σが推移している92.13、92.05-10(2月18日安値)やオプション設定観測のある節目の92.00、下抜けて91.70-80(7月10日安値91.77)、91.70-75 (7月13日安値)91.50、91.15-20 (2月16日安値)。

いずれにしても移動平均線でも短期線が長期線を上から下に突き抜ける”デッドクロス”を示現させており、継続して下押し圧力が高まれば連鎖的なストップロスの売りが強まる可能性も否定できず、92円台の攻防は過去を紐解いても下方向への警戒感が怠れない重要なポイントです。

0903ドル円

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円

ご注意ください。



okasanonline at 09:00コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート