2009年10月26日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
週初のランチはあっさり、と食べたかったので本日の昼食は”あさり丼”と”掛け蕎麦”。ちなみに「あさり丼」と「深川めし」と「深川丼」とは別物です。

あさり丼とかけそば

本当に毎度毎度のお約束事として書きますが、グルメブログではありません。

近年はアサリの国産も珍しいはずですが<出所元:独立行政法人:水産総合研究センター・養殖研究所>そもそも我が国の食料自給率は40%・・。
主な先進国としてはイギリス70%、ドイツが84%。フランスが122%、アメリカは128%、そしてオーストラリアに至っては237%!。
<日本の自給率は世界175カ国の中で125番目。出所元:農林水産省「食糧自給表」>


国際食料政策研究所(IFRPI)などによると食料確保に不安を覚える国々による食料生産確保のための海外農地投資も急増しているとのことですから、国家戦略の観点からも我が国の食糧事情の見直し政策が必要ですね。


東京市場&欧米市場のポイント

さて、本日の東京ドル円、そしてコモデテイ通貨をはじめとしたクロス円は膠着観の強い小動きな推移となりました。
東京時間に中国の外貨準備関連の報道<中国金融紙・金融時報「中国は外貨準備高について、円とユーロの保有を適切な水準に引き上げるべき」、「ドルは外準の主要部分として維持させるべき」>を受けた思惑動意も一巡すると、相場は全般様子見ムードとなっており、引き続き、今夜の欧米市場も動意材料が乏しい動向で想定しています。

21:30 (米) 9月シカゴ連銀全米活動指数(前回-0.90)
21:55 (加) カーニーBOC総裁講演
23:30 (米) 10月ダラス連銀製造業活動指数(前回-6.4)
03:35 (英) ポーゼン英MPC委員、講演

 

ドル円の短期テクニカルポイント

東京戦略と大差がないと考えますが、基本、短期エントリーとエグジットを考え、また、日米金利動向に関する報道に警戒したいところです。

1026欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/米ドル円



okasanonline at 19:04コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年10月26日

こんにちは、岡三オンライン証券の武部力也です。
今週の東京は台風の影響なのか冷たい雨を迎えて開始しましたが、心は快晴の気持ちで、元気良く行きましょう!


本日の東京市場の注意点
ウェリントン市場休場(レイバーデー)、香港市場休場(重陽節)のため、アジア市場は通常より些か流動性が低下しており、そのぶん、ボラタイルな動きに警戒

円債市場では、10年物国債価格が続落(長期金利は上昇)。JALや郵政、モラトリアムといった問題から、日本の経済政策に対する不透明感も一部で持ち上がっており来年度予算編成に向けた財政赤字膨張への懸念や対して先週の米FRBの利上げ地ならし報道<英国のフィナンシャル・タイムズ紙、米国のウォールストリート・ジャーナル紙>など日米金利動向に関する報道に注意。
臨時国会が召集され、午後に鳩山首相の所信表明など。 

朝日新聞が米有力シンクタンク・ピーターソン国際経済研究所(PIIE)のフレッド・バーグステン所長<懐かしのバーグステン・・。同氏の発言で昔は良く荒れましたね・・。元財務次官補で、クリントン政権の第一期にアジア太平洋経済協力会議(APEC)の賢人会議議長>のインタビュー記事「ドルの基軸通貨体制はもはや米国の国益に沿わない」との内容を掲載。材料として蒸し返されるか??

26日月曜日の東京ドル円戦略。
日本株が世界株高への出遅れの一因とされてきた円高一服(ドル円相場)により、出遅れ修正による「緩やかな円安=株高→リスク回避の円買いが抑制→緩やかな円安・・・」の流れとなるのか注目。
ポンド売り止まらず。対円で下値を崩しておりドル円やその他ユーロ円などのクロス円全般に円高圧力がかかるのか懸念されるところ。

ドル円の短期テクニカルポイント
ドル円相場の短期テクニカル上値焦点としてはフィボナッチリトレースメントでポピュラーに見ると8月7日高値の97.79から10月7日安値88.00までの下落からの反発半値50%戻し水準の92.89を最終ターゲットとして意識。

しかしその手前では日足一目均衡表雲の下限92.02、日足ボリンジャーバンド+2σ推移の92.10、今朝の高値92.20、9月21日高値92.54が抵抗して上値重さを醸し出しています。



JPG
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/米ドル円

一方で短期下値焦点は60分足ボリンジャーバンド中心線推移の91.8023日21時頃にぽっかり空いた91.70-75のギャップ(窓)の維持。
その下は6、23日の昼と夜の戻り安値91.50や60分足ボリンジャーバンド-2σ推移の91.39が91円台半ばを支え、そして、22日の晩の戻り安値圏91.15-25のサポートが91円台維持の焦点と考えます。

 

おまけの注意点?。
本日早朝に某国営放送で証券会社が話題に。

NHK10260528

以下の件で当社が取り上げられました。

1026日本株移管キャンペーン



okasanonline at 11:10コメント(2)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年10月24日

こんにちは、岡三オンライン証券の武部力也です。

先週は対ドル相場、そしてクロス円相場は大幅に動意しました。
豪ドル円に関してですがテクニカルで見ると昨年の下落分は概ね埋めて回帰しつつありますが月足・一目均衡線では未だ雲の下限には届いておらず、一歩下がった俯瞰的な見方も大事だと改めて感じました。

豪ドル円月足一目均衡表200910
出所:岡三アクティブFX(店頭FX) トレーダー:FXチャート・月足・一目均衡表/豪ドル円


ところで当社、岡三オンライン証券で証券総合取引口座を開設後、岡三オンラインFX取引口座<上場FX=東京金融取引所(くりっく365)>を開設いただき、岡三オンラインFX(くりっく365)にログインなさらないと岡三証券グループ各社のレポートは御覧になれないのですが、週末ですのでごく一部ですが特別に【2009年10月19日 岡三証券 経済調査部作成】

岡三フォレックス・ストラテジー
〜豪ドルはどこまで上がる?〜

をご案内いたします。秋の夜長に御覧いただければ幸いです。



okasanonline at 16:30コメント(0)トラックバック(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート