2010年06月09日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

今回はランチタイム前後の雑談より。

元楽しょうゆラーメン
ランチは豚骨しょうゆラーメンです。

「菅さんに売り無し(閑散に売りなし)」
「鳩ポッポ相場」から「菅さんに売り無し(閑散に売りなし)相場」と言う一部の方々の例えに移行した
東京市場。

昨日ですが
菅直人新首相「 円安は一般的に輸出にプラスで、輸出のウエートの高い日本経済にとってはプラスに
なると承知しているが、相場についてはあまり発言しない。 」
野田財務相「 為替に関して相場観を言うことは適切ではないが、過度な変動や無秩序な動きは経済・金融
の安定に悪影響を与える。」

ある意味、政府から市場に対しての明確な意思の表明ではありますが、マーケットでは引き続き、
欧州財政懸念が日経平均株価とドル円の上値重さを継続させています。

0609ドル円と225
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/日経平均株価

「婚活男子」ターゲットキャンペーン?
さて、菅直人新首相が昨日の就任会見で、新規国債発行額を44.3兆円以下に抑制しても直ちに財政再建
できるわけではないとの見解を示していましたが、一方、財務省は6月3日より個人向け国債の新商品と
して3年満期の固定金利型国債「固定3」の募集を開始。
「国債を持てる男子は、女性にモテル!!・・・か!?」
と題した大型広告を掲載し、国債の供給が需要を上回ろうとする中、での購入を訴えています。
実際にその広告を拝見しましたが、本当に財務省の広告なのか?と思わず再チェックしてしまいました


ハプスブルク家とユーロ圏
「ハプスブルク家」※、と聞いてピン!と来る方はかなりのヨーロッパ通。
昨年末から本年初旬の間、国立新美術館(東京)と京都国立博物館(京都)において13世紀から20世紀初頭
までヨーロッパに君臨したハプスブルク家が所蔵する美術コレクションが展示されていました。
さて、この「ハプスブルク家」、明治天皇から贈られものがあるほどの名門であり政略結婚により広大
な領土を保有し「太陽の沈まぬ領土」として数カ国にも及んでいたとのこと。
今回のユーロ圏内で財政危機が取り沙汰されている国々の中には”旧領地”だった国もあるそうで、
同家のイメージカラー”黄色”を国旗のカラーに利用しているとの話。

※同家の仔細に関しては多数の本が刊行されいます。

 

ユーロを読むには歴史観から見ないといけないのか、その奥深さに悩むところです。



okasanonline at 14:40コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年06月09日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、御存知のようにギリシャ問題に端を発した欧州金融不安は金融市場全般に”リスクオフ”の流
れを作り、FXにおいてはクロス円の下落が顕著です。

しかし、一方ではこの下落局面に際し、特に豪ドル円の買い比率上昇は目を見張るものがあります
(東京金融取引所くりっく365より)

豪ドル円買い建て玉推移0609
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・オーバルネクスト社データより

この人気、要は下落局面を好機と捉えられての結果でしょうか。

 

ファンダメンタルズで斬る!

長期的な懸念事項としては未知数ながら2010年5月2日日曜日にラッド首相及びスワン財務大臣により
豪州の将来の税制に関する政府方針が発表され2012年7月1日からの資源超過利潤税(RSPT)導入です。


豪国内の資源開発で得た事業利益に対して、最大40%課税するというものですが2010 年後半に予定さ
れている連邦総選挙を前に財源不足を補うため抜本的な税制改革に着手した格好です。ラッド首相への高い
支持率も後押ししているかもしれません。

問題点としては資源会社の価格転嫁により商品価格を押し上げ、また、オーストラリアの資源業界の
国際競争力低下を招く、とした危惧が指摘されています。

豪鉱物資源セクター銘柄の株価下落でもそうした懸念が反映している模様です。


一方、短・中期的な見解としては6月1日火曜日のRBA豪準備銀行金融政策決定会合では政策金利を現
行の4.50%に据え置くことを発表しましたが、2日水曜日の1−3月(第1四半期)国内総生産(GDP)
の発表では一部に減速がみられるものの、経済は総じて良好さが示されました。

豪準銀金融政策決定会合における声明文では、現在の水準が目先、適切だと判断されており、こうし
た見解は5月会合においても示唆されていたことから市場は織り込み済みであり政策金利据え置きと
の見方もほぼ大勢でした。
しかし消費者物価指数の伸びは、今後、豪準銀のインフレターゲット2〜3%を超える見通しが強まり
はじめています。

勿論、欧州危機をはじめ、中国などの金融引き締め策を意識されるなかでは金利据え置き、とした
保守的な見方をする一方で他国の中央銀行とは些か異彩を放つサプライズ政策も過去発せられている
RBA豪準備銀行・・。

次回の金融政策決定会合7月6日に向けては金利引き上げ観測が浮上しての相場展開も期待されるとこ
ろです。

本日の日本時間昼ごろにスティーブンス豪中銀総裁の講演が予定されている、との報道あり。

豪ドル円パッと見テクニカル。
昨日指摘したように60分足では上下(75.40-50圏)と(74.00-10圏)内を主戦場に推移。上下いずれか、
明確にブレイクするまでは想定レンジ内での短期リスク管理トレードが無難か。
0609東京豪ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/豪ドル円

ドル円パッと見テクニカル。
東京外国為替市場では、引き続きユーロ売り圧力が優勢な中、ドル円相場はクロス円からの牽引に
上下する可能性で考えています。
0609東京ル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 11:39コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年06月08日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

菅直人新首相が新内閣の顔ぶれを正式決定し閣僚名簿が発表されました。
多数の問題を抱えての船出ですが、金融市場からは主に財政再建と経済成長、この両輪をどのように
廻し、日本経済を再生させるかに注目が集まるところです。

国会議事堂

以下、菅内閣の閣僚名簿です。(敬称略) <誕生日が同じ方、いましたか?>


◎総理:菅直人(かん・なおと)衆院東京18区、1946年10月10日生まれ。
○総務:原口一博(はらぐち・かずひろ)衆院佐賀1区、1959年7月2日生まれ。
○法務:千葉景子(ちば・けいこ)参院神奈川、1948年5月11日生まれ。
○外務:岡田克也(おかだ・かつや)衆院三重3区、1953年7月14日生まれ。
○財務:野田佳彦(のだ・よしひこ)衆院千葉4区、1957年5月20日生まれ。
○文部科学:川端達夫(かわばた・たつお)衆院滋賀1区、1945年1月24日生まれ。
○厚生労働:長妻昭(ながつま・あきら)衆院東京7区、1960年6月14日生まれ。
○農林水産:山田正彦(やまだ・まさひこ)衆院長崎3区、1942年4月8日生まれ。
○経済産業:直嶋正行(なおしま・まさゆき)参院比例、1945 年10月23日生まれ。
○国土交通:前原誠司(まえはら・せいじ)衆院京都2区、1962年4月30日生まれ。
○環境:小沢鋭仁(おざわ・さきひと)衆院山梨1区、1954年5月31日生まれ。
○防衛:北沢俊美(きたざわ・としみ)参院長野、1938年3月6日生まれ。
○官房:仙谷由人(せんごく・よしと)衆院徳島1区、1946年1月15日生まれ。
○国家公安:中井洽(なかい・ひろし)衆院三重1区、1942年6月10日生まれ。
○行政刷新担当:蓮舫(れんほう)参院東京、1967年11月28日生まれ。
○郵政改革・金融担当: 亀井静香(かめい・しずか)衆院広島6区、1936年11月1日生まれ。
○国家戦略・経済財政・消費・食品安全担当:荒井 聡(あらい・さとし)衆院北海道3区、1946年5月27日生まれ。
○公務員制度・少子化対策・男女参画担当:玄葉光一郎(げんば・こういちろう)衆院福島3区、1964年5月20日生まれ。

 

今後はオバマ大統領との日米首脳会談をはじめカナダでの20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)、
主要国首脳会議(G8サミット)など行事は多数ですが経済動向はリアルタイムに進んでいます。
米系通信社によると、ポルトガルのビエイラダシルバ経済相はドルとユーロが等価となる公算は小さい
との見方を示しました。
要は1ユーロ=1ドルのパリティ(等価)になることはない、という見解です。

しかし、ユーロ圏が”脱出口”として求めやすいのはユーロ安が輸出を増加させることが回復の支えと
なる、とした見方が優勢でありでは、どのような方法で経済的混乱から脱出するのかその方法が見出せ
ない限り、ユーロ売り圧力は継続する、とした見方が優勢だと思われます。

ユーロ円介入に関しての見解は以前書きましたが
さて、単独で行うにしても大義名分が必要であり、その条件が揃うときというのは、よくない状態の時
、と想起するのは些かネガティブ思考としてお叱りを受けるかもしれません。

ユーロ円においては年初来安値圏推移は勿論、2001年11月以来の安値圏で推移しています・・・。

2010年のユーロ円とドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・月足/ドル円/ユーロ円

今夜の材料。
19:00(独) 4月鉱工業生産 [前月比] (前回+4.0% 予想+0.6%)
20:30(ユーロ圏)ファンロンパイEU大統領とベルルスコーニ伊首相首脳会談                 
21:00(米) デュークFRB理事講演
21:15(加) 5月住宅着工件数 (前回+20.17万件 予想+20.05万件)
22:10(米) エバンズ米シカゴ連銀総裁講演「経済見通し」
22:30(米)米国株式市場(〜05:00)
23:00(米)ニューヨークオプション行使時間期限  
24:00(英)ロンドンフィキシング 


○トーマス・M・ホーニグ<カンザスシティ連銀総裁>スピーチ
○EU財務相理事会
○バローゾ欧州委員長ら、アフリカ連合のイベント出席
○アルムニア欧州委員(競争政策担当)欧州議会のイベント出席
 

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/各種情報ベンダーより

引き続きユーロが主役。特に今夜はユーロドルにおいて
1.1900、1.1950、1.2000に設定観測のあるオプションが満期を迎えるとの観測があり、現状水準
からは上下どちらかにブレイクする可能性が高まります。

欧米ユーロドル60分0608
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足ボリンジャーバンド/ユーロドル


 
ドル円ぱっと見テクニカル。
引き続き、財政悪化懸念に伴うリスク回避の流れが市場のメインテーマであることには変わりはなく
ドル円は勿論、クロス円もきっかけ次第では乱高下。特に下落の場合はそのスピードに要注意。
リスク回避継続の有無が焦点です。  

0608欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円

 

豪ドル円ぱっと見テクニカル。                     
60分足で見ると上値75.40-50圏でダブル・トップを見せている一方、下値74.00-10圏でダブル・ボトム
を示現させるか否かに注視。

仮に下抜けした場合、昨日の安値圏73.60-70を意識してダブル・ボトムを示現させるか否かも意識し
ています。

0608欧米豪ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/豪ドル円



okasanonline at 18:44コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−現在 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート