2009年11月11日

こんにちは、岡三オンライン証券の武部力也です。
本日の東京は大雨・・。朝からブルーな気分ですが本日は11月11日で「1111」が麺の細長いイメージにつながることから麺の日だとのこと。
細く長く縁起を担ぎ、また、トランプのポーカーならエースのフォカードですから、既に強い手札を手に入れたようなもの!ポジティブに元気良く行きましょう!!

エースのフォーカード

南アフリカランド円
世界的な金利上昇によって南アフリカの10年債金利も上昇に転じており、金利差面でランドをサポート
一方、11月4日のFOMCでは、「長期間に亘って」現在の超低金利を続ける方針が延長され、10月米雇用統計での結果からも景気回復期待は後退。これを受けてドルLIBOR3ヶ月物が更に低下する気配を見せています。

そうなると短期的にはドルキャリーが拡大すると考えるのが無難でありドルストレート相場では総じてドル売り・他通貨買いの動きが顕著となるでしょうから、対円相場でも上伸場面が見られる可能性が高まります。
<参考データ:東京金融取引所(くりっく365・建て玉比率売買動向)>

南アフリカランド円1111
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/南アフリカランド円

但し、この動きは同時に、過度にドル安が進んでしまう反動圧力、特にドル円相場でのシナリオとして、”円高”から”更なる円高”に変化する可能性も否定できず、そうした場合はドル円相場での円高に牽引される可能性から安易な中長期スタンスでの南アフリカランド円への追随買いは、結局裏切られるケースも考えられ(苦笑)、含み益が出たら三分勝ち、五分勝ち、腹三〜五分目ぐらいで大満足するつもりで考えておくほうが無難だと思います。
そもそも流動性の低い通貨だけに手酷い目に遭う可能性も高いことからこうしたリスクにも目を配っての取り組みが必須と考えます。
<南アランドに関しては10月22日木曜日、南アフリカ共和国の地元経済紙がズマ政権の経済開発相パテル氏が最近のドル安・ZAR高による輸出減少に歯止めと南ア経済の安定の為、通貨高抑制策として、南ア・ランド(ZAR)の兌換停止を検討中だ、とした内容の報道があったり<その後南ア政府から否定発言>ゴードハン財務相が「ランドはあまりに強過ぎる」、「ランドを抑制するために外貨準備高を構築する」などと発言するなど基本的には南ア政府に望まれていないランド高、ということは十分念頭に入れておく必要があります。>


オチ(対策)
利食い千人力也でのヒット・&ウェイ、を繰り返すイメージで考えます。


本日のポイント
本日はパリ市場休場(第一次世界大戦休戦記念日)、トロント休場(リメンブランスデー)、米国債券・為替市場休場(ベテランズデー)と欧米市場での流動性の低さに懸念しています。(米株式市場は稼動しますが、閑散推移を予想します)。当然、値が飛ぶ可能性も御念頭に!!

本日のドル円相場
報道によると藤井裕久財務相が、就任後初めて来日したガイトナー米財務長官と都内で会談し、「強いドル」を支持する考えを表明。
一方、ガイトナー長官は内需主導の成長を重視する鳩山政権の姿勢を歓迎する意向を表明、伝わっており、外枠からのドル円相場への動向に影響を与えそうな材料は少なく、また、今夜は欧米市場が静かに推移することが予想できることからロンドン勢の参入時間や深夜のロンドンフィキシングタイムでの動意に警戒。

ドル円パッと見テクニカルポイント
引き続き6日金曜日の米雇用統計発表時、下落で生じたギャップ(窓)を回帰して窓埋めして越えることが出来ないようだと上値の重さは下押し圧力として継続するリスクを考えています・・。

1111ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/ドル円



okasanonline at 10:36コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年11月10日

おつかれさまです、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、冷戦の象徴、ドイツ分断の象徴と言われた”ベルリン”の壁が崩壊したのは1989年の本日(一部では昨日とした見解)とされます。
当時の私はドル円外為ブローカーとしてインターバンク外為市場で勤務開始してまだ半年強・・。某先輩に「武部、これ、ほら!これ、ベルリンの壁のかけらだよ!」と見せられ、「おお、凄い!」と感激。
しかし良く考えたら何処のコンクリートのカケラだか、わかるわけ無いんですよね。危うく、信じるところでした。<勿論、それはニセモノでした(笑)>

日銀券
これはホンモノ!!。日銀で頂いた裁断されたお札のカケラです。

本日昼刻に北朝鮮海軍と韓国海軍の艦船が朝鮮半島の西海岸沖で銃撃戦?衝突?とした報道が流れました。いつの日か「ほら、38度線の鉄条網だよ!」とからかわれる日が来ることを祈念しています・・。

ところで上記事象は本来、極東リスクとして円が売られるのが教科書的反応なのですが、昨今はちょっとやそっとの極東リスクも市場では反応されず、逆にお昼過ぎにフィッチ・レーティングが英国AAA格付け喪失リスクを伝えたことからポンドドル、ポンド円が急落しそれに引き連られてクロス円主導の円買い戻し圧力が高まりました。

この格付け、という事に関しては、昔から為替市場では曲者の動意材料とされ、思惟的なタイミング過ぎないか?と良く取りざたされますが、一方、国内株式市場に関してはこの2週間で大方の企業決算が出揃い、アナリスト陣もレーティング作業で季節労働者並みの忙しさとなったとのこと
特に機関投資家のロング・ショート戦略はアナリストの精査を参考基準にしており、個人株式トレーダー各位もアナリストのレーティングをしっかり見ておく必要があります。
ちなみに岡三証券のアナリスト軍団もここ2週間で約70本のレーティング情報を更新。<その中で強気銘柄は約30銘柄!!レーティングマトリックスをご覧になれば、時系列で前回とのレーティング比較も容易です>

企業各銘柄選びからマクロ経済分析まで、当社<お取引画面内>投資情報欄の中の岡三投資情報/レーティング情報をご活用ください
<宣伝になってしまいましたが当社に証券総合取引口座をお持ちではない方で御覧に成りたい方は当ブログ右上の口座開設のご案内を御覧ください!ぺこり>

今夜のポイント
19:00 (独) 11月ZEW景況感調査(前回56.0 予想54.0)
19:00 (独) 11月ZEW景気現況指数(前回-72.2 予想-70.0) 
19:00 (ユーロ圏) 11月ZEW景況感調査(前回56.9)
20:00 (南ア) 9月製造業生産[前年比](前回-15.0% 予想-14.0%) 
23:15 (米) ロックハート米アトランタ連銀総裁講演「経済見通し」
00:00 (米) 11月IBD/TIPP景気楽観度指数(前回48.7) 
00:00 (米) イエレン米SF連銀総裁講演 「経済見通し」
01:15 (米) ローゼングレン米ボストン連銀総裁講演
05:30 (米) タルーロFRB理事講演「金融規制」
ガイトナー米財務長官来日(10−11日)

先週末の衝撃、10月米雇用意統計発表後、初めて多数のFRB要人コメントが予定されています。
デニス・P.ロックハート アトランタ連銀総裁 、ジャネット・L.イエレン サンフランシスコ連銀総裁 、ダニエル・K.タルーロ FRB理事は前回の11月5日、次回12月16日のFOMCメンバーであり、衝撃の10月米雇用統計から、改めて米国の低金利政策が続くとの見方が強まっている流れのなかでどのようなコメントがなされるか、特に金利市場関係者は注目しています。

※ちなみに2010年度のFOMCメンバーは4人入れ替わる予定で、どなただったかは正確には失念していますが、2010年の新メンバーとされているのがFRBのなかでもっともハト派とされるローゼングレン・ボストン地区連銀総裁の名前が報道で挙がっています。
<その他、ホーニグ・カンザスシティー地区連銀総裁、ブラード・セントルイス地区連銀総裁、ピアナルト・クリーブランド地区連銀総裁、だったと思います・・・>


ドル円パッと見ポイント
金曜日の米雇用統計発表時、下落で生じたギャップ(窓)を回帰して窓埋めして越えることが出来ないようだと上値の重さは下押し圧力に転じる可能性が大です・・。、

1110夜のドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/ドル円

ご注意を!



okasanonline at 17:48コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年11月10日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。

本日の東京時間には注目指標の発表予定がないため、日中は主要株式相場の動向に注視。昨日、NYダウが年初来高値を更新したことから、本邦株価の上昇にも期待♪

2008年10月からの米ダウ
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/NYダウ


2008年10月からの日経平均225
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足//日経平均株価225

ただ、以前のようにドル円相場と株価の相関性、連動性が顕著ではないため、期待を持ち過ぎてバイアスを傾けるには要注意と考えます。


東京市場のポイント
自国通貨高防衛のため、韓国中銀がドル買い・ウォン売り介入に動いたとの指摘が聞かれ、また、香港ドルについても、当局が市場介入を実施しているとした噂がインターバンク市場に流れています。

全面的なアジア通貨高の背景としては週末のIMFレポート「ドルは依然過大評価されている」、藤井財務相発言から「ドルが弱いから円高・ユーロ高になっている」、格付け機関ムーディーズによる「中国の格付け見通しを安定的からポジティブに変更する」、ロイター通信のオバマ米大統領が訪中の際、中国当局者との協議で人民元問題を議題として提起することを計画していると発言した、との報道等からも窺い知れるところ・・。

 

東京ドル円テクニカルポイント
チャートでぱっと見して、以下のざっくりイメージ

1110ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/米ドル円


本日の動意材料になりうるのが

15:00 (米) グリーンスパン前FRB議長講演
そしてガイトナー米財務長官が来日して日米財務相の夕食会が予定されているとのことから午後、夕刻までは想定レンジ内で小まめな繰り返し推移イメージですが、以降は、イベントスクも念頭に警戒する必要を感じます。



okasanonline at 10:59コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート