2010年03月04日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
本日のランチは突如、F氏が「行くぜよ!」と先陣。
ん?土佐弁?土佐料理??と思いきや、意外や意外、「坂本竜馬の海援隊発祥地、長崎の名産長崎ちゃんぽん皿うどん!」、とのこと(笑)。

お店の玄関は春を感じさせる佇まい。

銀座吉宗玄関
老舗で有名な同店は茶碗蒸しも有名です。

20100304長崎皿ちゃんぽん950円
950円で満足の巻きでした。


日本から欧米へ。
さて、本日午後15時過ぎにドル円相場が急落。


0304の5分足ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・5分足/ドル円
理由に中国全人代での利上げ観測の高まりを受け、上海総合株価指数が2%超の下落となったことから、クロス円を中心にリスク回避的な円買い、、、とした一般論他、高知市内で野田日銀委員が、「現時点で政策判断を変える材料はない」、「「追加緩和でも効果は小さい」と発言したことが日銀の追加緩和期待を後退させ円高に拍車を掛けた、、、とした説・・。(うーん、土佐発か!)
または、ハイブリット債/仕組み債償還に関わる?円転説も聞きましたが、いずれにしてもクロス円全般での円買い圧力には抗し切れなかったようで、ドル円は下押し、となりました・・。
もっとも、88.00のオプション防戦買い圧力が結果的には勝り、今後は押して駄目なら、引いてみな(上値攻め?)となるか、欧米勢がどのように動くか、まさにドル円開国状態で、海援隊のごとく、未来を切り開くこころざしがないと今夜は乗り切れないかもしれません<ちょっと、大袈裟でした・笑>

材料。
19:00(ユーロ圏) 第4四半期GDP・改定値 [前期比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
19:00(ユーロ圏) 第4四半期GDP・改定値 [前年比] (前回-2.1% 予想-2.1%)
21:00(英) BOE政策金利発表  
21:45(ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表  
22:30(ユーロ圏) トリシェECB総裁・記者会見
22:30(加) 1月住宅建設許可 [前月比] (前回+2.4% 予想+1.0%)
22:30(米) 第4四半期非農業部門労働生産性 [前期比] (前回+6.2% 予想+6.2%)
22:30(米) 第4四半期単位労働費用・確報 [前期比] (前回-4.4% 予想-4.4%)
22:30(米) 週間新規失業保険申請件数 (前回49.6万件 予想47.5万件)
22:30(米)米株市場開始(〜06:00) 
24:00(加) 2月Ivey購買部協会指数(前回50.8 予想55.0)
24:00(米) 1月製造業受注指数 [前月比] (前回+1.0% 予想+1.2%)
24:00(米) 1月中古住宅販売保留 [前月比] (前回+1.0% 予想+1.5%)
24:00(米) ニューヨークオプションカット
01:00(英) ロンドンフィキシング 
03:00(米) エバンズ米シカゴ連銀総裁講演「市場の現状」
03:15(米) ブラード米セントルイス連銀総裁講演「岐路に立つFRB」


危ない?行くぜよ!?
本日はいみじくも円の日。といって円買いになるとは限りませんが、ユーロ/ギリシャ問題では欧州タブロイド紙等、「ギリシャは島を売れ!」とした厳しい論調もあり、欧州連合(EU)全体で支援、というには程遠いいムード。おのずとユーロ円でも上値重さが懸念されるところ
ドル円相場では上値重さから3月期末の円転(円買い圧力)が88円台後半から散見されており、一方、下値では88.00のバリアオプション防戦買い圧力が何時までも持つか注視されるところです。
下抜けた場合、87.90、80、70、50とストップロスやオプション設定観測があり、一気に急落の可能性が高まります。市場から「行くぜよ!」の声が聞こえたら、十分にご注意を!

ドル円ぱっと見テクニカル。
短期上値焦点は急激な下降トレンドが圧力を掛けている現況下、88円台後半の売り圧力を脱して、引き続き89.00水準、更に上抜けて日足一目均衡表の雲の下限である89.20-25圏を抜けきれるか否かが最大の鍵・・。
米雇用統計に向けてなんとか2月25日の高値で転換線と基準線が推移する90.30-35圏にアプローチできる橋頭堡を89円台に構築したいところ。
一方、下値焦点とされるのはオプション設定観測のある88.00の死守有無。防戦次第で88円台前半の維持を支援できますが、88円台割れとなった場合、最悪87.50のオプション/ストップロス設定観測値まで意識される、と引き続き考えています。

欧米日足ドル円0304
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円



okasanonline at 19:06コメント(2)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年03月04日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
本日は「円の日」だそうで1869(明治2)年、明治政府が貨幣を円形として金銀銅の貨幣を鋳造する円貨の制度を定めた、とされます。
字は違いますが「えーん、エーン」と市場に泣かされないように気をつけていきましょう!
1ドル紙幣と竹刀
ドル退治!「ヤー!!」


報道。
さて、本日は気になった報道をいくつか・・。
まず、ギリシャが発表した48億ユーロ(約5800億円)規模の追加措置(公務員ボーナスの削減と付加価値税(=消費税)の増税が基本柱)に対し欧州連合(EU)も歓迎の意を表し、それぞれが市場不安の沈静化に努めており、ユーロが強含みで推移することが期待されます。

一方、気になったのが早朝4:00に発表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)。
※ベージュブックとは米地区連銀経済報告とは米連邦準備制度理事会(FRB=Federal Reserve Board)の傘下にある12の地区連銀が、各地域の景気総合判断のほか、個人消費・物価・賃金・雇用・製造業・建設・金融・不動産の9項目の情報を収集し、米金融政策の最高意思決定会合「連邦公開市場委員会」=FOMC(=Federal Open Market Committee)に提出する報告書のことです。
そして、この報告書の色がベージュ色な為、通称”ベージュブック”と言われます。但し、本当にベージュ色なのかどうかはわたくしは見たことがないで(笑)。今時の書類は少なくとも白ですよね?
発表された内容によると全米12地区のうち9地区で1月、2月の経済活動が改善したことが示されたものの「幾つかの地区では豪雪で経済活動が著しく抑制された」「労働市場は引き続き全国的にぜい弱な状態」「消費支出は多くの地区で若干改善、一部は豪雪が悪影響」
恐らく、2月米国北東部の大雪のことなのでしょうが、要は大雪を除くと安定的な回復が示されたこと、と成るわけでこれが明日発表の2月米雇用統計にどのような影響を与えるのか、改めて警戒するところです。

その他、気になった昨日の報道として小さな取り扱いでしたがガイトナー米財務長官の助言アドバイザー顧問の辞任報道。
この顧問氏は銀行出身者で危機時の緊急対応策担当としてオバマ政権による米大手金融機関の健全性審査実施や7000億ドル(約62兆円)の金融安定化策に努めたとのこと。今後は最悪期を脱し金融システムの安定や回復、そして本格的な出口戦略期入りに差し掛かっている、とした推測も成り立つわけで要は米経済の最悪期脱出目処が立った、とした辞任でしょうから、米経済の復活に期待が持たれる記事として感じました。

本日の東京。
今夜の予定
21:00 (英) BOE政策金利発表  
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表  
22:30 (ユーロ圏) トリシェECB総裁・記者会見
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回49.6万件 予想47.5万件)

英欧金融政策姿勢を見極めて、、若しくは明日の米雇用統計を控えて、、、とした大義名分下、様子見派が大勢を占めるかと考えています。
しかし、明日の米雇用統計の前哨戦とするなら22:30の新規失業保険申請件数には注目で前週の低迷には大雪などの天候要因が影響していた、と当局も認め、それについても以前、当ブログで取り上げました。反動的な回復があるのか否か、意外な?波乱材料です。


邪推。
平野博文官房長官と北沢俊美防衛相が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先をめぐり、ルース駐日米国大使と東京都内で会談していた、との報道・・。
まったく根拠のない邪推ですが、「トラストミー」から端を発した基地問題からの日米関係の悪化懸念も米軍基地問題が解決に一歩前進すれば、緊張?していた日米関係も緩み、強いては株価への悪影響から日本政府(財務省)・日銀による具体的な円高阻止施策に米国側も米債を世界一保有しているご贔屓先、として理解を示すかも??
0304ドル円と日経平均225
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/日経平均株価

ドル円ぱっと見テクニカル。
短期上値焦点と指摘した88円台後半のギャップ(窓)を完全に回帰し89.00水準へのアプローチ、更に上抜けて日足一目均衡表の雲の下限である89.20-25圏への肉薄、、、にはとてもじゃないですが、直ぐには覚束ないムード・・。
急激な下降レジスタンスが推移している中で米雇用統計に向けて89円台前半での橋頭堡構築は失敗となり2月25日の高値で転換線と基準線が推移する90.30-35圏への上伸期待は後退してしまいました。
一方、指摘したとおり下値焦点としては些か頼りない昨年末の戻り安値水準の88.20-30圏が一旦は下支えとして機能し取り合えず88円台半ばの維持を支援。しかし、予断は許されず、88円台割れとなった場合、最悪87.50のオプション/ストップロス設定観測値まで下押し意識される、と考えています。

0304東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円



okasanonline at 11:42コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年03月03日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

無臭餃子。
本日は12時前なのに既に長蛇の列である銀座2丁目の昭和24年創業、老舗中国料理店の「餃子」に4人組でトライ。
看板オブジェには巨大餃子。

天竜玄関
お店入り口には銭湯の番台みたいなスペースがあり、店員さんから食券を購入するシステムでその食券は、昔懐かしい硬券。国鉄当時の切符みたいな食券です。
看板同様のものが出てくる訳はないですが(笑)、しかしお皿からはみ出ているこぶりのバナナみたいな餃子8個(1個=約12cm)には驚愕!(&ライスと香の物!。)
もちもちとした厚めの皮に肉汁が封じられたニンニクを使用していない美味しい餃子でした。
銀座天竜
ゲスト陣のレディの指を激写!一体、何処の方?(答え)


無臭相場。
一方、無臭ならぬ無動を良し、とするのは安定通貨を旨とする金融当局のみ?で本日の東京ドル円相場はロンドン勢の出方を待つかのようなムードで推移

19:00(ユーロ圏) 1月小売売上高 [前月比] (前回±0.0% 予想-0.5%)
19:00(ユーロ圏) 1月小売売上高 [前年比] (前回-1.6% 予想-1.7%)
21:00(米) MBA住宅ローン申請指数[前週比](前回-8.5%) 
21:30(米) 2月チャレンジャー人員削減予定数[前年比](前回-70.4%
22:00(米) フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
22:00(米) プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁、講演 
22:15(米) 2月ADP全国雇用者数 (前回-2.2万人 予想-1.0万人)
22:30(米)米株市場開始(〜06:00)  
23:15(米) ローゼングレン米ボストン連銀総裁講演「世界危機後の金融の独立性」
24:00(米) 2月ISM非製造業景況指数 (前回50.5 予想51.0)
24:30(米) 週間原油在庫[前週比](前回+303万バレル)
24:00(米) ニューヨークオプションカット
01:00(英) ロンドンフィキシング 
03:00(米) ロックハート米アトランタ連銀総裁講演「クレジット市場と米経済見通し」
04:00(米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

政府高官から追加緩和を要請する発言が増える中、菅財務相が「政府・日銀が認識を共有し、何とか早くデフレを脱却できるように努力する」などと発言。
決算期末を控えて企業の資金繰り支援に注目が集まっており、日銀は期末の資金繰り支援として万全の資金供給を実施するとの見方が多いなかで短期金融市場・無担保コールオーバーナイトレートは0.09%〜0.100%で推移するなど円のファイナンス環境に変化はない一方、週末の米雇用統計を控え、複数の米地区連銀総裁講演で如何なる発言が飛び出すのか、また明け方の米地区連銀経済報告(ベージュブック)の内容に警戒。
またギリシャ問題の進展からユーロ動向に警戒しトレンド相関性の高いユーロ円・ドル円連動に気をつけたいところ。ロンドンフィキシング時では3月期末での円転持込の可能性にも警戒です。


ドル円ぱっと見テクニカル。
短期上値焦点は88円台後半のギャップ(窓)を完全に回帰し89.00水準、更に上抜けて日足一目均衡表の雲の下限である89.20-25圏を抜けきれるか否かが急激な下降レジスタンスが推移している中では浮上への最大の鍵。
週末米雇用統計に向けて89円台前半に橋頭堡が出来れば2月25日の高値で転換線と基準線が推移する90.30-35圏がようやく意識できることとなります。

一方で反転攻勢とした上値追いが出来ない場合、下値焦点とされる些か頼りない昨年末の戻り安値圏88.20-30圏が下支えとして期待され88円台半ばの維持を支援できるか否か。88円台割れとなった場合、最悪87.50のオプション/ストップロス設定観測値まで意識される、と考えます。

0303今夜のドル円日足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円



okasanonline at 17:07コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート