2010年03月29日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

先刻、某大手情報ベンダーさんから欧州動向とドル円為替マーケットビューの取材を受けましたので映画好きの個人趣味(笑)を絡めて僭越ながら述べてしまいました。


以下、武部コメント
ギリシャ救済案成立につき、国際通貨基金(IMF)とユーロ圏16カ国による支援で25日に合意した・・。

1961年のアメリカ映画『ナバロンの要塞』では、「陽気」なギリシャ人に対し、非常に「戦略的」なドイツ人の国民性の違いが見て取れ、今回のギリシャ救済の過程でも、たびたび見解が異なる理由になっていたように思われる。
メルケル独首相は京都議定書採択のため環境担当大臣として訪日するなど巨視的な政治スタンスは当時から評価され、また、侵略の歴史を引きずるドイツは経済的には二つの世界大戦に敗れたうえ、東西ドイツ統合の経験などからもインフレーションの脅威も熟知。
戦後を通じて意識してきた「EU全体での繁栄」「欧州地域への貢献と牽引」を意識するなかで、「ギリシャのような協定違反国はユーロ圏から脱退するべきだ」との主張もユーロ圏全体の繁栄を維持するには、その繁栄を阻害する要因は取り除くべきとの動きも戦略的見地と考える。
 
一方、当該国のギリシャはEU加盟当時からドイツのような「ユーロ圏全体」という範疇で、物事を捉えていなかったのでは、とした疑念をも生じこのあたりの国民性の違いは我々日本人には非常に理解しにくいところだろう。

4月以降の為替市場のポイントとしては「ユーロ反転」、「買われ過ぎた米ドルの下落」、「ドル/円は93-95円が分岐点」の3点に注視。
商品先物取引委員会(CFTC)が26日に公表した23日時点の建玉報告によると、IMMのユーロ先物市場のネットショートは前の週から拡大した。ユーロへのショートポジションは依然、拡大しているが、このショートポジションは2日の聖金曜日から4日の復活祭を中心とするイースターを前にユーロは売られ過ぎた動きから、反転する可能性を考えている。

ドル円については米国の「出口戦略」への意識の高まりから、ドル高の予想が増えているが、対円では1ドル=93-95円台までのドル高/円安がテクニカル的には2007年夏以来の下降トレンドからも当面、予想されるドルの上限とし、1ドル=95円以上の円安が進展するときは、日本のソブリン・リスク問題の懸念や円のファイナンスなどの要因が材料になるとみている。ちなみに米財務省が4月15日に公表する為替報告で中国を「為替操作国」に認定するよう求める圧力に対する報道も過去10年に名指しされた国が無い、とした経緯や現在の米中関係から現実性は乏しいものと考えている。
(取材時間:10:00)

0329ドル円とユーロドル
参考出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/ユーロドル

0329ドル円週足一目
参考出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円


さて、どのような内容で配信されるか否か?(笑)どこかで御高覧頂ければ幸甚です。


ドル円ぱっと見テクニカル。
引き続き、上昇時に生じたギャップ(窓)からの抵抗力と回帰圧力を巡る攻防が目先の相場水準の移行に関わる最大のポイント。日足移動平均線ではゴールデンクロス示現構築に向けた推移が期待され、現状92円台半ばでの値固めが93円台上伸に向けた橋頭堡(きょうとうほ)構築に繋がる可能性が高い一方で、90円台半ばから91円台半ばへの急激な上昇テンポに対する調整リスクが意識されます。

0329東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円



okasanonline at 12:40コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年03月27日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
早いもので3月も残すところ数日・・。木曜日からは4月です。

菜の花
           菜の花

さて、4月相場に備え一足はやく、<岡三証券>総合投資戦略月間見通しの中からごく一部ですが4月の経済指標予定を特別にご案内します。


4月の主なスケジュール

当社に口座をお持ちでなく更に多数のレポートを御覧に成りたい方は、、、ブログの一番右上に口座開設のご案内がありますので御覧下さい。宜しくお願いします♪



okasanonline at 09:09コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年03月26日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

本日のランチは社内で・・。
326ランチ

今夜の材料。
21:15(ユーロ圏)メルケル独首相会見     
21:30(米) 第4四半期GDP・確報値 [前期比年率] (前回+5.9% 予想+5.9%)
21:30(米) 第4四半期GDPデフレーター・確報値(前回+0.4% 予想+0.4%) 
21:30(米) 第4四半期個人消費・確報値 [前期比] (前回+1.7%)
21:30(米) 第4四半期コアPCEデフレーター・確報値(前回+1.6% 予想+1.6%) 
22:55(米) 3月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回72.5 予想73.0)
00:30(米) ウォルシュFRB理事講演「FRBの独立性」
01:00(ユーロ圏) トリシェECB総裁講演
05:00(米) ブラード米セントルイス連銀総裁・パパデモスECB副総裁講演
07:00(米) タルーロFRB理事講演
EU首脳会議(於;ブリュッセル)

 ※28日より英国および欧州が夏時間に移行。

欧州連合(EU)首脳会議に先立って仏大統領府と独政府当局者は両国がEU加盟国と国際通貨基金(IMF)が関与する支援計画で合意したとの報道。ユーロ動向の揺り戻しがあるのか要注意。

一方、総務省が発表した2月の全国消費者物価指数は前年同月1.2%低下と12ヶ月連続のマイナスが判明しておりデフレが長期化する公算が高まっています。
そうした中、政治的な側面が強いにせよ日銀は17日の金融政策決定会合で、新型オペによる資金供給を10兆円から20兆円に増額する追加緩和を決定しており、また、鳩山首相は「デフレ克服に全力を挙げることは言うまでもない」とも発言。日銀は緩和姿勢を明確にしており、来週の年度末当座預金残高も20兆円が意識されるところです。

政局が混沌としている中で参院選を前に政府が日銀に一段の緩和を求める見通しがあることは”言うまでも無く”、インフレ施策による資金の余剰感が新たな円のファインスに繋がるか否か、また、目先の円高進行が回避され輸出企業群の輸出設定レートもおおよそ為替差損が回避され決算収支への期待も報じられるなかで、新年度入りに向け国内機関投資家・法人が海外資金手当てに動き始める可能性も念頭に入れた相場観が求められる時期と感じます。

ドル円ぱっと見テクニカル。
上値焦点はオプション観測のある93.00、節目の93.50、年初来高値93.68、週足の一目均衡表で見た場合、雲の下限・先行スパン推移の93.92・・・。
下値焦点は上昇時に生じた各ギャップ(窓)に対し週末のポジション調整による回帰圧力がなされるかが最大のポイントと考えています。
0326欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 17:26コメント(1)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート