2010年07月29日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、相場好き、としては相場予測方法に色々トライするのですが、
個人的な予想アイテム?グッズをご紹介。
自席で稀に使っていると「(また、武部はオモチャで遊んでる・・!と思われてるのでしょうが・・)
な?なんですか?それ?」と聞かれるグッズです。

ひとつめは以前もお見せした”レシオコンパス”
チャートにコンパスを当てフィボナッチリトレースメントで61.8%、50%、38.2%と目標値や押し目、
戻りの水準を判るシロモノ。

フィボナッチレシオコンパス
レシオコンパス(フィボナッチコンパス)


そしてふたつめは”GCR(ゴールデンサイクルルーラー)”
チャートに蛇腹式のルーラー(定規)を当て過去に合わせ未来の値幅日柄を検証するシロモノ。

GCRゴールデンサイクルルーラーおもちゃ
                                 GCR(ゴールデンサイクルルーラー)

目盛りは一方が黄金分割、もう一方の目盛りは等間隔に作られてあり、文字通り、ゴールデン(黄金分割)
とサイクルを探るルーラー(定規)です。

相場動向を考える手段はテクニカル&ファンダメンタルズ分析他、なまずを飼ったり、と色々、
模索しています・・・。


東京から。
短期金融市場の動向としては週末/月末期ということで些か資金需要が高まりが想起されていたものの
日本銀行の資金供給オペが見送られたため無担保コールオーバーナイトレートも些か強めに推移。
最終的には概ね誘導目標0.100%水準以下、とした出合い水準では落ちついた展開となりました。


東京株式相場では米景気回復不透明感から、輸出関連を中心に景気敏感株の売り圧力が株価指数全体の
重さを醸し出し、東京外為市場においてはリスク回避を目的とした円買いが燻る展開で推移。
やはりドルへの不安からリスク回避を目的に円に資金を戻す動き、月末需要での円転圧力が意識された
格好です。


今夜の材料。
18:00(ユーロ圏) 7月消費者信頼感・確報 [前年比] (前回-14)
18:00(ユーロ圏) 7月経済信頼感(前回98.7 予想99.0)
18:30(南ア) 6月生産者物価指数 [前年比] (前回+6.8% 予想+7.3%)
21:30(米) 週間新規失業保険申請件数 (前回46.4万件 予想46.0万件)
21:30(加) 6月鉱工業製品価格 [前月比] (前回+0.3%)
22:30(米) 米国株式市場(〜05:00)
23:00(米) ニューヨークオプション行使時間期限 
24:00(英) ロンドンフィキシング
02:00(米) 米7年債入札結果発表 (290億ドル)
02:00(米) フィッシャーダラス連銀総裁 講演(経済に影響する問題)      

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/諸官庁・各種情報ベンダーより


米景気の鈍化度合いを見極める展開が続くとみられています・・。

本日のイベントは強いて言うなら新規失業保険申請件数※、、、。
米雇用統計の動向に神経を尖らせているFRBとしては8月6日発表の7月米雇用統計前哨戦、とも
位置付けられるところ。
※週間新規失業保険申請件数 とは、失業した人が失業保険給付を初めて申請した件数を
各州事務所から米労働省に報告/集計したものです。


昨日の米耐久財受注が市場予想を下回る結果だった事に加え、米地区連銀報告(ベージュブック)から
は成長ベースの鈍化が明らかとされた現況、米景気の先行き懸念が充満・・。
同失業保険申請件数、そして、明日の米第2四半期国内総生産(GDP)を不安視する意見も聞かれてお
り、ドルに対するセンチメントの悪化に要注意です。


ドル円パッと見テクニカル。
上値は88.00-30の抵抗に遭い、相場水準を切り下げてきたムード。(88.20、40にストップロスの設定観測)。
現状からだと87円台半ば〜後半越えの有無が鍵。

対して短期的な下値焦点は頑固?な87円台の維持と86円台後半の維持の有無がポイント
(87.00、86.80、50、30、10、00にストップロスの設定観測)。

最終的には86円前半が橋頭堡(きょうとうほ)として維持され、上値追いへの前進/反転基地となるのか
注視しています。

引き続き上下想定レンジ内で繰り返すイメージです。


 0729欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円

気象庁によると、今夜は雷を伴った非常に激しい雨が局地的に降る、とした予報がなされています。
天候同様、相場においても急激な変動には御注意を!



okasanonline at 18:01コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年07月29日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
本日は猛暑一転、全国的に雨が降っているとのことで暑さが和らぐ所も多いとの予報。

カキ氷メロン味
  Photo by Koji


しかし、局地的な豪雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水などには十分御注意くださいませ。

 

報道。
さて、以前もネットオンライン証券各社の日本株取引における
信用取引手数料等の記事が取り沙汰され
ましたが本日も日本経済新聞朝刊において”株式手数料引き下げ競う”とネット専業証券各社の手数料
体系を大々的に報じております。

その中でも当社の抜きん出た格安の委託手数料に御覧の方々から改めて驚愕の御声援を頂いております。
今後も岡三オンライン証券は個人投資家の皆々様の投資に有利な選択肢が広がるよう、
お客様の声をカタチ
変えれるように努めてまいります。

また、おかげさまで先日ですが当社が”「くりっく365」において取引量シェアが2010年に入って2倍に
伸びた理由”
が取り沙汰された記事が話題となったようでございます。


そのほか、225先物オプションなど他の金融商品の手数料等も御高覧頂き、引き続き、御検討、御指示、
御鞭撻を賜れればと存じます。ぺこり。

昨日の”勝負どころ、勘どころ。”
昨日は指摘懸念していた通り、まずは豪ドル円において豪4−6月第2四半期の消費者物価指数(CPI)
が市場予想を下回ったことからオーストラリア準備銀行(RBA)の次回会合での金利据え置き観測が
高まり(次回RBA会合は8月3日、次々回は9月7日)まさに”バイザルーマーセルザファクト(噂で買って
事実で売る)の様相となりました。

ドル円相場においても米耐久財受注の予想外の落ち込みや、米地区連銀景況報告(ベージュブック)
が一部で景気鈍化を示す内容となったのを受け、ドル売り・円買いが優勢となりました。

景気の回復ペースが鈍化しているとの見方に傾く格好になり、リスク回避的な動きにバイアスがかか
ったのか、米国10年債価格が上昇し、利回りは低下。ドル円相場も牽引された格好を見せています・・・。

0729ドル円と米10年債
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円/米10年債金利

ドル円パッと見テクニカル。
やはり指摘した通り、、88円台前半は重く、引き続き88.00-30の抵抗有無が最終的に注視するところ、と考えて
います。
昨日が月末内最終決済日であったもののが輸出企業の動きは比較的静かで駆け込み需要も静かとの観測・・。
もっとも7-9月期ぎりぎりまで為替予約を見ている、との観測もあり急激な反転上伸での予断は禁物。
(88.20、40にストップロスの設定観測)。
対して短期的な下値焦点は87円台の維持と86円台後半の維持の有無がポイント、と考えます。
(87.00、86.80、50、30、10、00にストップロスの設定観測)。

最終的には86円前半が橋頭堡(きょうとうほ)とし、上値追いへの前進基地とし維持されるか否かが重要
なポイントと考えています。
引き続き上下想定レンジ内で繰り返すイメージです。

 0729東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円



okasanonline at 11:45コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年07月28日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

ドル円勝負の勘どころ。

1ドル紙幣と竹刀


ドル円相場が久方ぶりに88円台を示現。
但し、中長期的には週足/日足の一目均衡表※でみるとそれぞれ雲の下限が90-91円圏に覆い被さり、
抵抗姿勢を見せ付けています。※(是非、御確認下さい!)


今夜の材料。
20:00(米) MBA住宅ローン申請指数[前週比](前回+7.6%)
21:30(米) 6月耐久財受注 [前月比] (前回-1.1% 予想+0.8%)
21:30(米) 6月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回+0.9% 予想+0.5%)
22:00(加) 5月テラネット/ナショナル銀行住宅価格
22:30(米) 米国株式市場(〜05:00)
23:00(米) ニューヨークオプション行使時間期限 
23:30(米) 週間原油在庫[前週比](前回+36.0万バレル)
24:00(英) ロンドンフィキシング
02:00(米) 米5年債入札結果発表 (370億ドル)    
03:00(米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
03:30(米) イエレン次期FRB副総裁の米上院銀行委員会での指名投票     


出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/諸官庁・各種情報ベンダーより


米地区連銀経済報告でドルトレンドの再確認?
今夜のポイントは耐久財受注と深夜の米地区連銀経済報告、と考えます。
先日の欧州銀のストレステスト(健全性審査)、そしてバーゼル銀行監督委員会による銀行の自己
資本比率と流動性に関する規制強化案の一部を緩和する方針から欧州の金融システムリスク、ユーロ
忌避も一旦は一息ついた格好。
そうなると対比して米国のセンチメント、特にベージュブックで米景気の景気後退(リセッション)
から立ち直りを見せている、とした底堅さが示せるか否かが焦点と考えます。
対ドル相場全般でのトレンドがドル円相場に影響を及ぼす度合いに要注意です。

ドル円パッと見テクニカル。
短期的な下値焦点は最終的には86円前半が橋頭堡(きょうとうほ)とし、上値追いへの前進基地とし
引き続き、86円台後半の維持の有無がポイント(86.80、50、30、10、00にストップロスの設定観測)。
同価格帯の維持機能が足元87円台前半〜半ばの維持を支援している格好です。

対して上値は88円台前半に押し返せるか否かであり指摘してきた88.00-30の抵抗有無に注視するとこ
ろ、と考えています。
引き続き上下想定レンジ内で切り上がりの流れに乗り、あくまでも短期で繰り返すイメージです。

0728欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円



okasanonline at 17:29コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−現在 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート