2010年07月31日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

改めまして告知申しあげます。
8月19日木曜日18時半より東京金融取引所内 「金融取プラザ」にてセミナーを僭越ながら行います、
題して、

「豪ドル円」の野望。〜2010年夏から秋へ〜

時代劇チックなタイトルであり、”野望”を辞書で調べると、「分不相応な望み、大それた野心」―。
折角の会場型セミナーですのでオンデマンド/WEBセミナーとは一味違う、まじめに面白く大胆な内容
で考えております。御勘案下さい。

開催日時: 2010年08月19日(木) 18:30〜20:00

東京金融取引所金融取プラザセミナー
                前回の模様。



okasanonline at 09:09コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年07月30日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

今週末の東京下町は各所で盆踊りがあったり花火大会があったりと夏の行事が目白押し。

花火連発
個人的には都内某区の青少年環境浄化推進員ですので、地味に防犯パトロールにいそしみ、見廻りを
予定しています。

環境浄化推進委員防犯パトロールグッズ仁王立ち



東京で円が一段高、対ドルで約8カ月ぶり高値更新
東京外国為替市場では正午すぎにじりじり、ずるずると地味に昨年12月1日以来、約8カ月ぶりの
円高・ドル安水準を記録。
久方ぶりに野田財務相、そして池田財務副相がそれぞれ「マーケットを注視している」関心をもって
みている」との発言報道がありましたが、もっとも、8ヶ月ぶりの円高・ドル安と言っても7月の中心
レートは概ね87円台。

07307月のドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/価格帯別出来高


切迫感が感じられるわけもなく、、と解釈したいのですが日本経済の大動脈、日経225の足枷になって
いる事も事実。

0730ドル円と225
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/豪ドル円/日経平均株価

行くところまで行かせてアク抜きさせるのか、今後の動向に要警戒です・・。


今夜の材料。
19:00(日) 外国為替平衡操作の実施状況(6月29日〜)
21:00(南ア) 6月貿易収支 (前回-3億ZAR 予想-20億ZAR )
21:30(米) 第2四半期GDP・速報値 [前期比年率] (前回+2.7% 予想+2.5%)
21:30(米) 第2四半期GDPデフレーター・速報値[前期比年率](前回+1.1% 予想+1.1%) 
21:30(米) 第2四半期個人消費・速報値 [前期比] (前回+3.0% 予想+2.3%)
21:30(米) 第2四半期コアPCEデフレーター・速報値[前期比年率](前回+0.7% 予想+1.0%) 
21:30(米) 第2四半期雇用コスト指数[前期比](前回+0.6% 予想+0.5%) 
21:30(加) 5月GDP [前月比] (前回±0.0% 予想+0.1%)
22:30(米) 米国株式市場(〜05:00)
22:45(米) 7月シカゴ購買部協会景気指数 (前回59.1 予想56.0)
22:55(米) 7月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回66.5 予想67.5)
23:00(米) ニューヨークオプション行使時間期限 
24:00(英) ロンドンフィキシング


出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/諸官庁・各種情報ベンダーより

米カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事が昨日、歳入不足に陥った州財政に非常事態を宣言。
米格付け会社も米国が財政赤字への取り組みで「明確なプラン」が必要だと指摘しておりマーケット
は米国経済センチメントと米財政赤字に改めて関心を向けはじめたムード。

そうしたなかで今夜は米国内総生産(GDP)の結果がドルのセンチメントを左右させるものと思われ
対ユーロをはじめとしたドルストレート相場が対円相場にどのような影響を見せるか。
クロス円での値動きでどのような動きをみせるか慎重な姿勢が望まれるところで、豪ドル円と豪ドル米ドル
のトレンド双行を鑑みるとドル円相場での円高バイアスが豪ドル円上伸の足枷になっている一方、豪ドル
が対米ドルで強含みを見せているのが顕著に窺えます。

0730豪ドル円と豪ドル米ドル
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/豪ドル円/豪ドル米ドル

ドル円パッと見テクニカル。
中期トレンドは引き続き下向き下降。

4月から8月のドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円

短期的な下値焦点は頑固?な86円台の維持の有無がポイント
(86.00、85.80、50、00にストップロスの設定観測)。

86円前半(25-30圏)が反転の橋頭堡(きょうとうほ)として維持されるのか
に注視。特に86円台割れからは50銭刻みにオプションや仕組み債、ストップロスの設定観測がなされ
ており週末越えリスクも鑑み深い追いは禁物。
基本、ニュートラルなスタンスで短期切り替えしが望ましい、と感じます。


 0730欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円

 


【重要】
金融商品取引業等に関する内閣府令の改正により、本年8月1日(日)より、想定元本の2%以上(レバレッジ50倍以下)の証拠金をお預かりすることが義務付けられます。
これを受け、岡三オンラインFX(くりっく365)、岡三アクティブFX(店頭FX)それぞれ取引説明書および取引ルールを
改正いたします。
つきましては、それぞれのお取引画面にログインいただきますと、確認画面が表示されますので、内容をご確認のうえ、
ご同意※いただきますようお願い申しあげます。
※(注)ご同意いただけない場合には、取引等のサービスがご利用いただけなくなりますのでご注意ください。
 (注)携帯電話用の取引画面からは、ご同意いただけませんのでご注意ください。

以下、詳細を御確認下さい。
岡三オンラインFX(くりっく365)
岡三アクティブFX(店頭FX)



okasanonline at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年07月30日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、本日は東京市場の週末/月末最終日。
先日は日本経済新聞の記事“
株式手数料下げ競う ―証券各社 ネット信用取引で―”が話題になり
、当社へお問い合わせが急増したと聞き及んでおります。


低迷する株式市場、特に東証1部の売買代金は約1兆円強の状態がずーっと続いており、資金流入の躊躇
が感じられます。
マクロ観点では短期金融市場における日銀の当座預金残高17〜18兆円を更に積み増しし、無担保コール
翌日物も誘導目標0.10%以下、更に下押しさせろ!、とした声もありますが、当社は出来る事を粛々と、
お客様の声をカタチに変えれるように努めている次第。
引き続き、御指示・御鞭撻のほどを。


じりじり、ずるずる。
ドル円相場における円高・ドル安が足枷となっているのか日経225株価が冴えません。

0730ドル円と225

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/日経平均株価

国内金融事情として月末/週末の短期金融市場では月末決済やレポ金利上昇で調達需要が旺盛となり
円金利の上昇とコールの調達需要の強まりが取り沙汰されています。
また、8月から外為証拠金規制が強化されレバレッジ上限が50倍に制限されることからポジション削減、
縮小による円買戻しが今月は取り沙汰されていました・・。
しかし冷静に考えれば規制強化は既に1年前に発表されており、また、100倍以上のハイ・レバレッジ
FX個人投資家群は概ね長期間ポジションは保有せず、超短期的なスキャルピング手法を主とするなら、
総じて本規制からの影響でポジション巻き戻し・円高圧力へ、と短絡的に結びつけるのも些か強引な
見方かもしれません。


そうなると改めてマーケットファンダメンタルズと投資家心理を直視せざるを得ず、世界的な景気の
減速懸念がくすぶる中、リスク資産向けた投資には慎重な姿勢であることが改めてドル円相場で浮き
彫りになった観を感じます。


シュワちゃん、奮闘、、、。
市場はどうしても政治/金融施策に期待するところが大きいのですが、米国ではセントルイス連銀の
ブラード総裁などから米国債の買い取り再開に言及するなど、追加の金融緩和が実施される、とした
見方が取り沙汰されました。
また、昨年の今頃もカリフォルニア破綻説がマスコミを賑わしましたが米カリフォルニア州の
シュワルツェネッガー知事は昨日、法人税収の落ち込みを主因に約190億ドル(約1兆6500億円)に
上る歳入不足に陥った州財政に非常事態を宣言。

カルフォルニアオレンジジュース
とりあえず、カリフォルニアオレンジで。


マーケットは米国経済センチメントと米財政赤字にも改めて関心を向けはじめた兆しもありドルリスク
が萌芽。

ドル円相場では月末需要での外貨建て投信設定によるドル下支え、公的な意思での外債シフト下支え
観測に過剰な期待は持たず、引き続きニュートラルなスタンスが望ましい、と感じます。

ドル円パッと見テクニカル。
短期的な下値焦点は頑固?な86円台の維持の有無がポイント(86.00、85.80、50にストップロスの設定観測)。

86円前半(25-30圏)が反転の橋頭堡(きょうとうほ)として維持されるのか、「トリプルボトム」を形成
できるかに注視しています。

引き続き上下想定レンジ内で繰り返すイメージです。
 0730東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円



okasanonline at 11:36コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−現在 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート