2010年04月01日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、こっそりと素朴な疑問をぶつけられました。それは、
『何故、米雇用統計が注目されるのか?』。
『そもそも発表内容と違う動きをする時もあるではないか?』。

ごもっともな疑問だと思います・・。
そこで改めて米雇用統計が注目される意味を改めて御案内します。(^_^)ニコニコ
やはり注目される理由には発表のスピードが挙げられます。
米雇用統計が発表されるのは毎月第1金曜日で前月分の雇用統計が発表されます。集計後の公表時期では米国主要経済指標の中で一番早く、新鮮でイキが良い、と言えばわかりやすいでしょうか。

発表される失業率、非農業部門雇用者数、製造業雇用者数、小売就業者数、週労働時間、賃金のインフレ状態を示す平均時給など、全部で10 項目の指標全てに着目され例えば労働時間、一人当たりの単位労働時間が鉱工業生産指数の算出に利用されたり雇用の失速・企業部門の不調は家計に直結し、消費に影響を及ぼしかねず、消費関連指数の基礎分析に利用されたりします。

それらの内容次第で、米国の金利施策観測がなされ、勿論、米連邦準備制度理事会(FRB)の要人も注視していますから金融政策等にも重大な影響を与えかねない指標、とされます。

経験上でもブローカーあがりの身の上ですから短期トレードをする際でも目先、市場予想との乖離を見て判断するだけでしたから、その指標の裏側まで分析して深読みするなどという能力はありません・・。
しかし、発表以降は著名な分析者が各項目別に米国経済の行方を予測する上での重要な基礎データ、として取り扱っている筈です。最初のデータが重要、、、ということでしょうか。

本日のランチも最初が重要、4月入り・2010年度期初ということで縁起を担き、御覧の皆様の収益が「うなぎのぼり」になること祈念して鰻重、と致しました(笑)

登三松鰻重

今夜の材料。

21:30(米) 週間新規失業保険申請件数 (前回44.2万件 予想44.5万件)
23:00(米) 3月ISM製造業景況指数 (前回56.5 予想57.0)
23:00(米) 2月建設支出 [前月比] (前回-0.6% 予想-1.0%)
23:00(米) ニューヨークオプション行使時間期限
24:00(英) ロンドンフィキシング
05:00(米) ブラード米セントルイス連銀総裁会見
06:00(米) ダドリー米NY連銀総裁講演

明日の米雇用統計を意識した21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数や24:00(英)ロンドンフィキシングなど4月2日−5日「イースター(復活祭)」を控えた海外市場参加者がポジション調整を行う可能性もあり油断は禁物。

 

ドル円ぱっと見テクニカル。
今夜の上値焦点としては週足雲の下限/先行スパン推移の93.61を完全に上回り、年初来高値圏93.80、節目の94.00にアプローチできるか否か。
明日の雇用統計までは、堅調地合い/上値試しの展開が続きそうな気配の一方で週足雲の上限95.07まで一気に上伸するには、些か材料不足の感は拭えず、期待感が織り込まれてドルロング派に傾いているぶん、調整下落に要警戒。

下値に関して93円台前半、そして92円台後半の維持の有無と同価格帯の上昇時に生じた各ギャップ(窓)に対し回帰圧力がなされるか否か、が重要と考え、仮に埋め戻しに動いたら追随売り、埋め戻し失敗、若しくは埋め戻し完了後反転の兆しが見えたら追随買い、など市場の動きに乗った超短期手法も念頭に、決して無理せず、クイックイン/クイックアウトに徹するのが無難、、、と考えています。
兎に角、決戦、”嵐の金曜日”の覚悟で、明日の”いくさ”に備え、無理はしない、、と考えます。

欧米ドル円4月1日
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 17:35コメント(2)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年04月01日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
名実ともに4月相場入りとなりました。
目先は本日付の日経新聞記事で、本邦信託銀行が年金基金向け運用で外国株の比率を高めると報じられているように、新年度入りで日本の機関投資家による外貨建て資産投資フローへの期待感が高まる一方、注目の米雇用統計の発表や欧米のイースター休暇を控えて、ドル円相場などでは年初来高値水準93−95円に近付いていることからポジション調整・手仕舞いの動きに警戒されます。

本日は4月1日ということで一般にはエイプリールフール4月馬鹿、とされる日です。せめてマーケットには騙されないように気をつけて行きたいと思います。

今後のドル円。
昨晩のドル円の値動きは概ね”ぱっと見テクニカル”で示した節目/焦点を意識した想定通りとなりました。
朝方の日本銀行の企業短期経済観測調査(日銀短観、3月調査)の結果はおおむね市場の予想通り、若しくは些か企業の景況感改善が示されました。短期金融市場・無担保コールオーバーナイト金利では引き続き0.10%割れ水準となりそうですが期末を越えて日銀当座預金残高も大幅に減少する筈であり、不足の無い企業の調達需要が明確になれば日本銀行の資金供給/金融調節の手段がフォーカスされ、日本政府の財政規律まで着目されれば、翻って緩和施策の反転期や円金利の強含みの兆候期を警戒する声も浮上してくるかもしれません。
次回の日銀金融政策決定会合6-7日に向けての報道が気になります。

但し、日本経済が外需依存度が極めて高いだけに、円安基調を背景に、輸出採算(※)の改善期待が高まっている東京株式市場の足枷となるような急激、且つ大幅な円高反転は政府にとっても極めて由々しいリスクと考えられ”円高ハンター”を放置することは考えづらく、急激な円高回帰とした動きには明確な意思を見せる可能性を改めて考えさせられます。
0401ドル円と225

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/日経平均株価

(※)<4月日銀短観想定為替レート(大企業・製造業)2010年度通期91.00円、年度上期90.97円/昨年12月短観2009年度通期92.94円、年度下期91.19円>


ドル円ぱっと見テクニカル。

0401東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円



okasanonline at 11:38コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年04月01日


お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

いよいよ新年度・4月相場入りとなりました。
今回は当社のお客様以外、入手困難な<岡三証券>総合投資戦略月間見通しの中からドル円、ユーロ円とごく一部ですがクロス円に関しての4月のレンジ予想を記したレポートを特別にご案内します。
外国為替】 <  作成日:2010 年3 月23 日:発行日:2010 年3 月25 日>
                                  

また、米雇用統計の発表を控えた4月2日(金) 17:00頃 より僭越ながら
【特番】勝ち残りサバイバル戦術。4月ドル円相場の行方!
 〜実戦テクニカル&ファンダメンタルズ分析の方法〜

と題して4月のドル円相場相場見通しをテクニカル&ファンダメンタルズの両面からアプローチしてしてセミナー収録致します。御高覧賜れれば幸甚です。

4月2日セミナー
尚、当社に口座をお持ちでなく更に多数のレポートを御覧に成りたい方は、、、ブログの一番右上に口座開設のご案内がありますので御覧下さい。宜しくお願いします♪



okasanonline at 00:12コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート