2010年08月04日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

ここ数日、野田佳彦財務相のコメント(ぶら下がり取材も含む)の報道数が増えてきました。
(参照:e-profit FXtrader岡三オンライン証券[コンビニ・要人発言])

ユーロドルからのドル売りがドル円相場に連動していることも窺われますが

0804ドル円とユーロドル
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/ドル円/ユーロドル

予想を下回る米経済指標が相次ぎ、米景気の先行き不安が深まるなか、8月10日の米連邦準備制度理
事会(FRB)による追加金融緩和の思惑も浮上しており、ドル売り・円買いが進みやすい状況とみ
なされているからです。
無論、昨年11月に記録した
1995年以来のドル安・円高水準(1ドル=84円78銭)が視野に入りつつあ
るのでしょう・・。

週末発表の米雇用統計も予想を下回る内容となれば、一段の米金利低下につながる可能性もあり、
ドルは引き続き売られやすい展開が見込まれます。

さて、野田佳彦財務大臣は柔道の有段者で 超党派で作る格闘技振興議員連盟の会長。同連盟の施策案
としては『礼に始まり、礼に終わる』に代表される武道の精神を政治に生かすとのこと。
現況のドル下落に対して日本の通貨当局が大義を何処に求めどの程度まで”円高牽制”が出来るのか
野田佳彦財務大臣の姿勢が注視されるところ。
玉木 林太郎財務省財務官、 中尾 武彦国際局長がどのような”意”を受けているのか、いずれにしろ
リスク回避の連想からクロス円全般で円買い圧力が強まる展開にも備えた対応が求められます。

 財務省入り口

 

ドル円パッと見テクニカル。
ユーロの上下ブレでのドル円連動にも要警戒、と考えますがドル円単体としては短期的な下値焦点として
85.00、84.70、84.50での各種オプションやストップロス設定観測値が取り沙汰され、上値焦点としては
86.10、30、40、80にトップロス設定観測値が意識されています。
いずれにしろニュートラルなスタンスで想定レンジ内での短期切り替えしを繰り返すイメージで考えています。

0804東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円



okasanonline at 11:32コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年08月03日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

今夜も蒸し暑い夜になりそうですが、為替相場では夕刻よりユーロ動向が熱く、当初は輸出筋と目さ
れるユーロ売り・円買いの持込がドル円にも連動。

0803米ドル円とユーロ円の5分足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・5分足/ドル円/ユーロ円


しかし、ユーロドルでのユーロ買いが対円相場も引き吊り

0803ユーロドルとユーロ円の5分足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・5分足/ユーロドル/ユーロ円

結果、ドル円相場だけ円買い⇒ドル売り、とした影響を受けた格好となっています。

ユーロと地球

今夜の戦略。
ドル売り・円買い圧力、とした流れの中で野田財務相の発言「日本国債の保有者多様化を目指している」
は些か円買い手当てとした下値攻めを連想させたものの、やはり夜の主役はユーロであり、上下ブレ
でのドル円連動に要警戒、と考えます。

短期的な上値焦点としては1.3200のオプションバリアを抜け、1.3250、1.3300のストップロスや
オプション設定観測等、各節目で囁かれていますが中期的なトレンドとしては週足一目均衡表で見ると
綺麗な連続陽線引けから早くも雲の下限1.3800への回帰意識が取り沙汰されておりドル売りの流れが
ドル円にどのような影響を与えるか、連動に注視したいところです。

0803週足ユーロドル
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・週足/一目均衡表/ユーロドル


ドル円パッと見テクニカル。
ドル円単体としては短期的な下値焦点として公的な意思が頑固に感じられる86円台前半の維持。
85.50、85.00等、50銭刻みでの各種オプションやストップロス設定観測値に触れると急動意する可能性
からニュートラルなスタンスで想定レンジ内での短期切り替えしを繰り返すイメージで考えています。

0803欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円

 

今夜の材料。
18:00(ユーロ圏) 6月生産者物価指数 [前年比] (前回+3.1% 予想+3.2%)
21:30(米) 6月個人所得 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.2%)
21:30(米) 6月個人支出 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
21:30(米) 6月PCEデフレーター [前年比] (前回+1.9% 予想+1.3%)
21:30(米) 6月PCEコア・デフレーター [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
21:30(米) 6月PCEコア・デフレーター [前年比] (前回+1.3% 予想+1.3%)
22:30(米) 米国株式市場(〜05:00)
23:00(米) ニューヨークオプション行使時間期限 
23:00(米) 6月製造業受注指数 [前月比] (前回-1.4% 予想±0.0%)
23:00(米) 6月中古住宅販売保留件数指数(前回-30.0% 予想+1.1%)
24:00(英) ロンドンフィキシング

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/諸官庁・各種情報ベンダーより



okasanonline at 17:56コメント(2)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年08月03日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、東京株式相場はカラッとはせず、サマーラリーも遠く及ばず・・。

そこで本日のランチは株安・円高の自律修正を祈念。
盛夏、ということでドーンと奮発。あと1000円で日経平均株価も10000万円台、、ということでカラッ
とあがる相場を祈念してランチに大海老天丼(1,000円)を頂きました。

銀座4丁目の天麩羅阿部

テクニカル的に日足一目均衡表でみると目先のターゲットは9800円台を越えて雲の下限レジスタンス
を超えることが出来るか否か。世界的な株価の安定化とともに、消去法的な円買いに売り戻しが入る
余地を勘案すれば円安が225指数の下支えとなり、、、と期待。

0803の225指数
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/日経平均株価

 マーケットではドル軟調とした志向が続く中で為替市場での円高は輸出関連企業の収益目減りを通じる
とした、日本株独自の懸念要因であり、これを如何に排除するかも株式相場浮揚のポイントです。


事業計画の前提となっている日銀短観での想定為替レート(大企業・製造業)
  <ドル円>
             2010年3月調査     2010年6月調査
   2009年度     92.71            92.84
       上期       94.78            94.80
       下期       90.91            91.17

   2010年度     91.00            90.18
       上期       90.97             90.20
       下期       91.02             90.16
(参照:日本銀行)


ドル円相場は86円台割れ、50銭刻みでストップロスやオプション、仕組み債の設定観測が囁かれてお
り、企業独自の想定為替レートは円高への耐性が高まってはいますが、円高を歓迎する訳はなく、あと
は景気浮揚の政策次第、と言う感じでしょうか。

菅直人首相が「景気は一定の改善がみられるが、雇用状況は厳しい。何らかの対応が必要か検討をし
なければならない時期だ。十分検討したい」と述べ、追加経済対策の検討を始める考えを示しました。
センチメントが悲観に傾いている中、悲観の行き過ぎを是正する政治に期待します。



okasanonline at 15:00コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−現在 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート