2009年10月14日

おつかれさまです、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、本日はちょっと話題の油そば(あぶらそば)を試してみようかと某銀座4丁目でマスコミ露出度の高いお店でランチをすることにしました。

上海手打ちそばヤンヤン銀座
うーん・・。油そば・・。ふーん・・。美味しいんで
すけど、そもそも上海に手打ちそばなんかあったかな??

4、5年前に上海に行ったことがありますが、租界時代の上海の中心地で金融機関が立ち並ぶ外灘(英語名:Bund(バンド))エリアばっかり行っていたからか、上海手打ちそば自体に記憶にありません。もっとも中国は3000年とか4000年、5000年の歴史、とまで言われているほど上下2000年の差があるぐらいですから小さいことはを気にするのはやめましょう。
中国株式市場は本日もしたたかな値動きを見せています。

一方、昼刻にかけてドル円相場が下落。峰崎財務副大臣がロイターとのインタビューで
「藤井財務相は円高が良いとは言ってない、すぐに介入すべきではないというのが考え」
「ドルの価値下落、今後も根強く継続する可能性」
との発言をしたことが、ドル売り円買いの仕掛けを誘発させました。

最近は日本の要人発言で相場がぶれる機会が増えましたね。無論、変動幅が広がれば収益機会も増えますが、リスクも同様です。十分お気をつけください。

ちなみに藤井財務相は9月21日、副大臣、政務官との政務三役会議で、財務相の定例記者会見を週3回とし、副大臣の記者会見も週1回(副大臣の記者会見は野田佳彦、峰崎直樹の両氏が1週交代)で行うことを決めており、財務相の定例会見は、閣議のない毎週水曜の午後に行う方針とされていますが、発言や会見は当然、その限りではありません。ご注意下さい。



okasanonline at 14:53コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年10月14日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、昨夜のポイントは大きく2点。
一つ目は22:00 (英) ビーン・イングランド銀行副総裁講演で「英経済はおそらく底を打ったもようで、年初に予想された最悪の懸念が現実化する可能性は低い」と発言。本日17:30発表予定の英雇用指標をはじめ複数の経済指標についても注目したいところです。

二つ目は02:45 (米) コーンFRB副議長講演で「経済見通し、FRBからの視点」で「FRBは異常な政策から脱却する手段を有する」等の発言が伝わったこと。本日深夜?早朝?03:00にFOMC議事録(9/23分)が公表されますが出口戦略が取りざたされている中でどのような内容となったのか、今後の動向の為にも注目が集まります。

別途ですがやはり2点ほど気になったことが・・。
つは米株式市場終了後発表されたインテルの第3四半期の決算内容が市場予想を上回ったこと
何故なら当時7月14日では米株式市場引け後に発表されたインテルの4-6月決算や業績見通しが予想を大幅に上回り、時間外取引でインテル株が急伸。翌日以降に発表される米企業の四半期決算への期待も高まり、株価や為替に影響した経緯があり、今回、市場にどのような影響を与えるのか興味がもたれるます。
<今夜の主な米企業決算発表:JPモルガン・チェース[20:00]モルガン・スタンレー[時間未定]>

二つ目は昨晩深夜?早朝?03:00頃のドル円急騰場面。明確な理由が見つからず、短期筋のショートの炙り出しの動きなのか、はたまた、45日前ルールに類して四半期末に解約期限を設けている運用成績の悪いヘッジファンドが解約・換金でもしたのか。
いずれにしても90円台の上値重さが確認された結果となりました。

101303急騰ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・5分足/米ドル円

さて、本日の東京ドル円戦略ですがドル円相場のテクニカル的な上値焦点として60分足ボリンジャーバンド+2σ推移の90.07、10月1日・13日の高値圏90.15-20、更には日足一目均衡基準線90.30、90.45-50(10月12日高値)。
90円台前半から半ばに掛けては輸出筋のドル売り意欲も旺盛との観測があり、引き続き上値追いが何処まで可能か注視されます。
90円台半ば越えの次なる焦点は9/25の下落ゾーン90.75-91.00−91.30の価格帯と見ており同価格帯を上抜けるには相当力のエネルギーを要するものと見ています。

一方、下値焦点としては昨日の安値圏89.40-50を下支えに60分足ボリンジャーバンド-2σ推移の89.50がサポート機能するのかに注視。
下抜けて日足一目均衡転換線89.23、そして10/9の21:35頃から22:05頃に掛けて生じた89.20-89.00のギャップ(窓)のサポート有無。
89円台割れとなると88.85-75の急騰ゾーンが狙われやすく、88.70-75 (10月8日高値)、10月9日21:00安値88.65が意識されます。

1014ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/米ドル円


本日の東京ドル円は89円台後半を中心に推移すると考えています。



okasanonline at 10:16コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年10月13日

おつかれさまです、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、本日ではないのですが週末にランチで食べたハンバーガーの美味しかったこと・・。

ハンバーガー
1971年銀座三越1Fにマクドナルドの日本第一号店が開店したのを記念し、7月20日はハンバーガーの日、とされているそうですがわたしもはじめて食べたのが、同店で食べたのが最初
当時、父が銀座の場外にて勝馬投票券(かちうまとうひょうけん)<笑>買いに行っている間にハンバーガーを食べて待たされたのが最初でした。

それ以来のハンバーガーファンになり、都内でハンバーガーが美味しいお店、と聞けば可能な限り確かめています。ちなみに個人的には東京は文京区本郷にあるハンバーガー屋さんがお薦めなのですが、当欄はグルメブログではないのでまた、改めて(笑)。
でもハンバーガーって美味しいですね♪

さて、今夜の欧米ドル円戦略ですが、連休明けは実質ニューヨークも同様。以下の指標に注視していますが

21:30 (加) 8月新築住宅価格指数 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.2%)
21:30 (米) ローマー米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長講演
22:00 (英) ビーン・イングランド銀行副総裁講演
22:00 (米)NY原油先物市場開始
22:30 (米) 米国株市場開始 
23:00 (米) ニューヨークオプションカット
23:00 (米) 10月IBD/TIPP景気楽観度指数(前回52.5)
24:00(英)ロンドンフィキシング
02:15 (米) ダドリー米NY連銀総裁昼食会で講演
02:45 (米) コーンFRB副議長講演「経済見通し、FRBからの視点」
ムボウェニ南ア準備銀行総裁講演

その他に米企業決算<7―9月期>が予定されており、特にジョンソン・エンド・ジョンソンや米半導体大手のインテルの発表に注視しています。

7月14日のニューヨーク外為市場では米株式市場引け後に発表されたインテルの4-6月決算や業績見通しが予想を大幅に上回り、時間外取引でインテル株が急伸。7月15日以降に発表される米企業の四半期決算への期待が高まり、結果、ドル買い円売りに繋がった経緯があります。
もっとも警戒といっても時間が未定なため対応が難しいのですが日本を含め世界の株価が7月に大きく切り返した一因に、インテルの決算発表が好調な先行き見通しを示したことも挙げられていますから、こうした予定があることもご念頭に。

ドル円相場のテクニカル的な上値焦点として本日の高値圏90.15-20、60分足ボリンジャーバンド+2σ推移の90.21、昨日の戻り高値90.45
90円台前半から半ばに掛けては輸出筋のドル売り意欲も旺盛との観測があり、上値追いが何処まで可能か注視されます。
更には日足一目均衡基準線90.55を抜けて9/25の下落ゾーン90.75-91.00の価格帯を上抜けるエネルギーが発生するか否かがポイントと見ています。
一方、下値焦点としては週末深夜の急騰ゾーン89.55-65のギャップ(窓)の維持に注視され、60分足ボリンジャーバンド-2σ推移の89.57が同価格帯がサポート機能するのか否かが鍵とみており、下抜けて日足一目均衡転換線89.23、そして10/9の21:35頃から22:05頃に掛けて生じた89.20-89.00のギャップ(窓)のサポート有無。
89円台割れとなると88.85-75の急騰ゾーンが狙われやすく、10/9の21:00安値88.65が意識されます。

1013ドル円60分足ボリンジャー欧米
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/米ドル円

いずれにしろ米国勢が実質的に3連休明けとなることから上下どちらに攻めるのか注視する必要がある本格的な週初めと考えています。



okasanonline at 19:04コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート