2011年02月04日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、継続してドル円相場は円高局面。80円割れの危惧もあり、また昨夏介入があったとき、
前官房長官が「1ドル82円が防衛ライン」とコメントしたのも今は昔。
やはり当時と一番違うのは市場のムードでしょうか。
驚くほど政界や財界、そしてマスコミから円高進行を危惧する声が聞かれません・・。


やはり、株価堅調が日本経済の動脈線とされていることを改めて感じさせられます。
0204ドル円と225
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円/日経平均株価

今思うと、、「かぶ(=株)上がれー」と野菜のカブを両手に掲げた某総理大臣が愛くるしく
思い出されます。



1ドル=79円75銭記録当時の場面確認。

1995年4月19日、ドル円相場は 円の史上最高値79円75銭を記録しましたが「ドル円外為ブローカー
としてその場面に携わった人は一体何人ぐらいですか?」と以前、聞かれたことがあります・・。

うーん、、当時の所属のドル円セクション人員は20人ぐらいだったでしょうか・・。
明確にその取引時点に関わったのは、
●79円75銭売り手銀行担当のドル円外為ブローカー、
●79円75銭の買いオーダーを預かっていたドル円外為ブローカー
そして
●ほぼ同時に凄まじい勢いで買い上げていった銀行の担当ドル円外為ブローカー

の3人が中心ですね。

わたしですか?

ドル円79円85銭の場面1ドル80円割れを起こした男

わたしはそうした場面を目前に見ながらもあくまで80円割れ前後の売り手銀行
ディーラーと組んだドル円担当外為ブローカーでした。
1ドル80円割れを起こした男、とは青丸で囲んだ方でございます。


ドル円ぱっと見テクニカル。
東京市場時間は今夜の米雇用統計を控えて様子見商状となりましょうか。
大枠での想定レンジで短期逆張り派(下がっている時に買う/上がっている時に売る)
が闊歩するものとイメージしており、短期上値焦点は81.80圏、下値焦点は徐々に切り
あがっているものの介入後最安値圏80.24を基点とした中長期サポートライン指針の81.20圏、
そして1995年4月19日の79円75銭記録後の日足戻り安値が同年4月26日の81円15銭であること
から、81円台維持の攻防における最大の焦点を81.15-20圏と考えています。

0204東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円(チャート面を押すとポップアップします)



okasanonline at 11:53コメント(2)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2011年02月03日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、本日は節分の日。立春の頃として「季節を分ける」節分です。
ファイナンシャルアストロジーサイクル上でも新月での危険転換期とされます。
相場の「魔」を「滅」するためにも今夜は豆をまいて、邪気を追い払い、一年の無病息災
収益向上を願いたく、是非、ご唱和ください。

「鬼は〜外、福は〜内!!」

節分の豆
節分ということで例年、鰯は食べますが恵方巻(えほうまき)に関してはわたくし、江戸っ子
なので良く存じ上げておりません・・。
以下、画像にて巻物をお届けいたします。

巻物

 

今夜の材料。

トリシェ見解と新規失業保険申請件数、そしてISM非製造業景況指数に注視。
明け方のバーナンキ発言にはリスク管理のイメージ・・。
しかし、ドル円は明日の雇用統計待ち、手掛かり難とした観は否めないところでしょうか。
以前指摘しましたがエジプト向け債権を保有している欧州の全銀行総額は国際決済銀行(BIS)
統計から403億ドルとの報道もあり、騒乱が沈静化する方向ならエジプトにおけるデフォルト
発生リスクも少ない、とされる一方でエジプト騒乱が混迷を深めるなら欧州債務問題が増加
するとしてユーロ第2幕に移行する可能性もあり報道には要注意となります。

18:00 (ユーロ圏) 1月総合PMI・確報値(前回56.3)
18:00 (ユーロ圏) 1月サービス業PMI・確報値(前回55.2 予想55.2)
18:30 (英) 1月サービス業PMI(前回49.7 予想51.3) 
19:00 (ユーロ圏) 12月小売売上高 [前月比] (前回-0.3% 予想+0.5%)
19:00 (ユーロ圏) 12月小売売上高 [前年比] (前回+0.8% 予想+0.2%)
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表「予想1.00% 現行1.00%」
22:30 (ユーロ圏) トリシェECB総裁記者会見
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回45.4万件 予想42.0万件) (1月29日までの週)
22:30 (米) 第4四半期非農業部門労働生産性 [前期比] (前回+2.3% 予想+2.0%)
22:30 (米) 第4四半期雇用コスト指数・速報値[前期比](前回-0.1% 予想+0.5%)
23:30 (米) 米国株式市場(〜6:00)
24:00 (米) 1月ISM非製造業景況指数 (前回57.1 予想57.1)
24:00 (米) 12月製造業受注指数 [前月比] (前回+0.7% 予想-0.5%)
24:00 (米) ニューヨークオプション行使時間期限
01:00 (英) ロンドンフィキシング
02:30 (米) バーナンキFRB議長 講演(ナショナルプレスクラブ) 
03:00 (米) バーナンキFRB議長・国際記者クラブで会見

●時刻未定 メルケル独首相、サパテロ・スペイン首相と会談
●時刻未定 ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁、講演

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/コンビニ/岡三グループ各社/諸官庁公開情報ほか


某市場関係者との会話から。

●先方「なんか、明日のノンファーム(1月米雇用統計非農業部門の雇用者数)、上方修正
        予想してるところもあってそれぞれ開きが凄いね・・」

○武部「ふーん、、期待先行??かな?まあ、とりあえず、今夜は失業保険申請件数かね?
    1月29日までの数字だよね。良ければ、ムード出るでしょ?」

●先方「そもそもADP全国雇用者数って民間雇用指数だから公務員のリストラはADPには反映
        しないでしょ?今のアメリカは肥大化した政府・公共公的部門、公務員のリストラ
       が凄いらしいね」

○武部「へー、、ということはアメリカ政府は公共部門の就労人口を圧縮している≒リストラ。
   当然、米国がジョブレスリカバリーに陥っているとするなら民間部門の雇用総数増減
   ≒公共部門の就労人口増減になる、、ってことかな??
 
●先方「いや、そんな深い話じゃなくて(笑)
    要は単純にウィスパーアベレージ(wisper average≒事前予想等)と大手一部の予想
    との乖離が目立っていて、どっちかっていうと乖離した方に数値が出れば、どちら
    にしても「振れ」た事になる訳だから、反応は、結局、「サプライズ」にならざるを
    得ない、、かなと。」

○武部「わかったような、わかんないような??(笑)結局、数字次第だけど、いずれにしても
    反応はサプライズになる可能性がある、ちゅーことかな?」

●先方「市場の大勢次第だね」

○武部「ドル円は上下で”逆張り(下がっている時に買う/上がっている時に売る)”かな・・・」

●先方「うーん・・・・(笑)」

 

ドル円ぱっと見テクニカル。

0203欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円(チャート面を押すとポップアップします)



okasanonline at 17:14コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2011年02月03日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、巷では”八百長(やおちょう)”が話題です。
由来は明治時代の八百屋の店主「長兵衛(ちょうべい)」さんに由来するそうで八百屋の
長兵衛だから通称「八百長(やおちょう)」。
その八百長さんが囲碁をするにあたり、商売上の打算から、わざと負けたりしていたことが
囲碁の家元の一つである本因坊秀元と互角の勝負をしたことにより、周囲に本当の実力が知
れてしまい、以来、イカサマ(如何様(いかさま))に並んで、八百長という呼ばれ方が
一般的になったとされます。

八百長の対義語は「真剣」「ガチンコ」。
そこで改めて以下、FXガチンコ対談をご案内いたします。

野村さんとガチンコ

お迎えしたゲスト(野村雅道氏)に『出会いは最悪でした』と平然と言ってのける武部の
コメントはある意味、ガチンコの証だと考えていますが、一方で「慇懃無礼だ!」、との
ご指摘もありますのでこの場にて改めて深謝申し上げます。


東京ドル円ガチンコ戦略。
指摘したとおり1月ADP民間雇用指数が動意材料となりましたが一部ファンド筋が上値で
待ち受けていたともされ、結局は前日の値動きの範囲内での取引に終始。
本日の東京市場時間ドル円相場も方向感なく狭い値幅でのもみ合い商状を予想しています。

アジア勢は中国、香港、台湾、韓国、シンガポールの各金融市場が旧正月で休場
であることからオセアニアと東京市場のみ。
アジア市場時間帯は積極的な取引が手控えられる可能性が高いと考えます。

ドル円ぱっと見テクニカル。
引き続き円高下押し懸念のなかで介入後最安値圏80.24を基点とした中長期サポートライン
指針の81.20圏、そして1995年4月19日の79円75銭記録後の日足戻り安値は同年4月26日の81円
15銭であることから、81円台維持の攻防における最大の焦点を81.15-20圏と考えます。


同水準を橋頭堡(きょうとうほ)とした逆張り派(下がっている時に買う)の台頭が81円台
前半40-50圏まで進出。
対して上値を60分足で見ると82.70-30の急落ゾーン(ローソク足の実体部分)を背に直近戻り
高値81.80-90圏、要は81円台後半からの戻り売り圧力を想定しています。

0203東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/米ドル円(チャート面を押すとポップアップします)



okasanonline at 10:58コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−2018年 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三オンラインFX
(くりっく365)
岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ