2010年01月18日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

いや〜寒いですね。東京の寒さもひとしおです・・。
しかし、わたくし実は学生時代は大学のスキー部に所属し、ディスタンス(距離)、回転、大回転をしていました・・。
現役の後輩諸君、そしてアルペンスキーのワールドカップ(W杯)やバンクーバー五輪の日本代表団にしてみれば、こんな寒さはなんでもないですよね。熱燗でキュ、、っと夜を過ごす癖を身につけてからはわたしも相当軟弱になってしましました。反省です。

本日の東京焦点。
さて、反省、という点で如何な展開を見せるか、週末は想像通りかなりマスコミを騒がせました、民主党・小沢一郎幹事長の資金問題。
しかし円売り手掛かりとして考えるには些か拙速であり、国内日本株動向や7月参院選への影響を鑑みる必要は有るでしょうが実際は為替相場への直接的な影響は限定的なものにとどまるとみています・・。何故なら、失礼ながら、海外市場参加者にとって「O・ZA・WA?WHO?」が実際のはず。注:「世界のY・ZA・WA、でも同様です、ヨロシク♪」


見極め方としては国会での予算案の審議が遅滞したり、鳩山由紀夫首相が引責辞任に追い込まれるような局面にまで懸念が広がれば、というのが実情だと思います。
政治リスクから円安へ、とした直接的な取引を意識して急ぐより、別途重視すべきポイントとしては菅直人副総理兼財務相は18日午前の臨時閣議後の記者会見で、景気の二番底の恐れが完全に払しょくされたわけではないと述べ、景気を重視していく考えを強調したこと。

短期金融市場では日銀当座預金残高が15兆円程度で維持され調達需要に切迫感を与えず、無担保コール翌日物は8営業日連続0.10%割れで取引されています。

こうした日本銀行の潤沢な資金供給を背景に若干円安に振れる余地が生まれる可能性のほうが現実感があり、また、市場の資金調達需要が回復し円キャリーの地合いが意識される一方で為替市場の目下のテーマは、景気の先行き不透明感は根強い米国がどれほど早く超金融緩和から抜け出せるかという出口戦略のスピード感であり米長期金利の低下などを背景としたリスク回避、


2010年ドル円と10年米金利日足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円/米10年債金利

中国のインフレ抑制に向けて利上げの可能性説やギリシャがユーロを離脱した場合、可能性として円に対してどのような影響を与えるか、シュミレーションとして円買いになる可能性を念頭においておくほうが賢明かもしれません。

ここ最近は東京金融取引所の取引所為替証拠金取引「くりっく365」においてポンドドル、豪ドルドル、ドル円の堅調さからポンド円、豪ドル円も極狭推移でのスプレッド様相を見せており、そうした意味では売買は交錯しやすくなる見通しの中では、超短期的タイミングで5から10銭幅のクイック・イン、クイック・アウトを心掛ければ逆にトレードはし易いかもしれません。


ドル円ぱっと見テクニカル。
さて、バイアスは傾けづらいものの短期的なターゲットとしては91.40-70のギャップ(窓)を埋め戻すことが出来るか否か以前に緩やかな下降レジスタンスから91円台前半を抜けきるのが厳しく60分足ボリンジャーバンドで見ると中心線推移の90.91を越え有無が目先の焦点。

下値は直近の安値圏90.70-75が維持されるか否かであり60分足ボリンジャーバンド−2σ推移の90.66維持であり、15日安値90.60水準が最終目処。
下抜けて90円半ばに設定観測の有るストップロスの存在に警戒し、昨年末12月21日の安値から90.20-30が意識されるところと考えます。

0118ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足ボリンジャーバンド/ドル円



okasanonline at 12:38コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年01月16日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、週末はじっくりと投資戦略を練りましょう。

今回は久々に岡三証券投資戦略部作成の岡三ウィークリーを公開します。

内容は1月18-22日の経済指標予定からはじまり、為替相場は勿論、日本株式・新興株式・米国株式・中国株式・債券相場、そして注目銘柄を参照することが可能です。
<特別にこっそり公開ですので、是非、お取引にご活用ください>
     岡三ウィークリー


勝ち残りFX書籍仕上がり見本
「勝ち残りFX」(扶桑社) 近日刊



okasanonline at 09:09コメント(4)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年01月15日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

昨晩は深夜まで先輩筋の大手金融関係者と・・。小料理屋からはじまり、最後はバー・・。話題は各銀行の為替ディーリング事情に始まり、最後はFX業界、金融業界・・。
たいしてお酒は飲んでいない筈なのですが、本日のランチはあっさりと、スタンデイング・蕎麦・バーでした。

20100115天ぷらそば
390円です・・。

外為ディーラー、そしてわたくしのような元外為ブローカーは個人の資質を問われますが、基本、組織に所属しているのでチームプレーは必須です。
そしてチームプレーの重要性はどんな世界でも共通のようで報道によると昨年、最もCDや音楽DVDが売れた歌手、というのも皆グループ、いわゆるチームであり2009年の歌手別音楽ソフト全体の売上高1位は、「嵐」だとのこと。2位はEXILE、3位は東方神起となるそうでみな、男性チーム。
なるほど・・。万が一にもそうしたグループに所属していたら俺の人生変わってたんだろうな、、、とまるで二日酔いのような世迷言をつぶやいてしまいました。AKB48に対抗してT・K・B(たーけーべー)48でも作りましょうかね。でも、かんむりが”たーけーベー”でも48人の選考に漏れそうなんでやめておきます。


今夜の材料。

22:30(米) 米国株市場開始(〜06:00)
22:30(米) 12月消費者物価指数
22:30(米) 1月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回2.55 予想11.25)
23:15(米) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.8% 予想+0.6%)
23:15(米) 12月設備稼働率 (前回71.3% 予想71.7%)
23:55(米) 1月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 (前回72.5 予想73.9)
24:00(米) ニューヨークオプションカット
01:00(英) ロンドンフィキシング
02:30(米) ラッカー米リッチモンド連銀総裁講演「経済見通し」
(18日月曜日はキング牧師誕生日のためNY市場は休場)

21:00 JPモルガン・チェース、10−12月期決算発表
未定  メリルリンチ、10−12月期決算発表


指標は勿論ですが、ニューヨーク勢は3連休に入るため、通常より早めのポジション縮小が想定されるところ。市場が薄くなればそのぶん、ボラタイルな値動きに繋がる恐れから、深夜の値動きには要警戒です。

特に週末リスクの中で不透明感が強いのが一部報道がなされた中国の国内不動産会社向け融資の締め付けからくる経済の収縮懸念、そしてギリシャ財政懸念とメルケル独首相の進退に関する憶測からユーロへの不審、また、ジャマイカ国内債務の事実上デフォルト等を背景に、世界的な景気回復の持続性への懸念がリスク回避の動きを強めることであり、ドル円相場においては相関性の高い米国10年債が買い圧力から利回りを低下させ、アノマリーテクニカルではシンクロしてドル円の上値重さを感じさせています。

201001ドル円と10年債日足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足/米ドル円/米10年債金利

別途、16日の民主党大会(日比谷公会堂)、18日の通常国会召集を控え、我が国の与党・政府に対する懸念報道も週末は賑わすかもしれません・・。


ドル円ぱっと見テクニカル。
さて、バイアスは傾けづらいものの日足一目均衡線を頼るなら上値目処は転換線推移の92.20、下値目処は基準線推移の90.71を指針に短期トレード。

0115一目ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円

60分足ボリンジャーバンドで見ると中心線推移の91.26を越え、短期的な焦点としては91.40-70のギャップ(窓)を埋め戻すことが出来るか否か、ですが現状、短期下降レジスタンスから91円台前半を抜けきるのが厳しく

0115ドル円60分足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足ボリンジャーバンド/ドル円

一方、下値焦点としては90.70-90圏が維持されるか否かであり、下抜けた場合は60分足ボリンジャーバンド−2σ推移の90.60、90円半ばに設定観測の有るストップロスの存在に警戒し、昨年末12月21日の安値から90.20-30が意識されるところと考えます。

感想。
5から10銭幅のクイック・イン、クイック・アウトを心掛ければトレードし易いのではないでしょうか?



okasanonline at 18:02コメント(3)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート