2009年09月04日

2009年9月3日「静岡のお姫」様からの質問

Q
株で利益を出すのと、FXで利益を出すのは、どちらがやりやすいと思いますか?


A
困りましたね。<苦笑>

当社取扱商品としては特定の金融商品に肩入れするのは 利益相反になりますのでご容赦いただけましたら助かりますが、 お答えしないわけにはいけませんね(笑)

大きく違う点では挙げられます。それは
●株式市場は概ね月曜日から金曜日の日中9時-15時が取引可能時間
●外為市場は概ね月曜日早朝から土曜日早朝までが取引可能時間

さて、昨今は多種多様なライフスタイルの変化で多数のサービス業が誕生していますが、FXもまさしく21世紀型のライフスタイルに合わせることが可能な金融商品であり、日中でも深夜でも 何時でも取引が可能ですので、利益を出せるかどうかは別として取引可能時間が長い分、 “収益機会”は恵まれているはずです。

勿論、一方ではその取引可能時間の長さは“損失機会”でもありますのでご注意いただきたいところですね。

FXよろず相談窓口回答者 武部力也



okasanonline at 14:00コメント(0)トラックバック(0) 
FXよろず相談窓口 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年09月04日

おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。
先々週ですが、キャンプファイヤーをして週末に夏を謳歌しましたが、
キャンプファイヤー
注※別に武部が暴動を起こしている訳ではありません。

今週はめっきり涼しくなりました。秋ですね。めまぐるしい気候です。

さて、同じくめまぐるしいドル円相場ですが昨日は一時、1ドル=91円95銭と約1ヶ月半ぶりの円高水準を記録。その後は一連の株価下落も一服し今夜の8月雇用統計発表をも見据えてポジション調整の円売り・ドル買い戻しの動きが優勢になりました。
本日の東京ドル円ですが週末ゴトー日(5・10)での仲値動向、日本株や中国株の動きのほか、10:00 からはフィッシャー米ダラス連銀総裁講演なども予定されており気になるイベントもありますが、基本的には今夜の米雇用統計を控えてポジション調整主導の動きが中心になると思われます。
21:30 (米) 8月非農業部門雇用者数(前回-24.7万人 予想-22.5万人)
21:30 (米) 8月失業率(前回9.4% 予想9.5%)

テクニカル的には基本的なリスクが円高方向、短期的には円ロングの調整先行での円安トライ、、と見受けられます。

下値焦点としてはボリンジャーバンド60分足中心線指針の92.46、92.50-55(8月31日安値)、-2σ指針の92.11、91.95-00 (9月3日安値)、下抜けて91.70-80(7月10日安値91.77)、91.70-75 (7月13日安値)91.50などストップロスやオプション設定観測のある価格帯、そして91.15-20 (2月16日安値)。

一方上値焦点は戻り高値で+2σ指針の92.75-80、92.80-90のギャップ(窓)へのアプローチ有無、オプション設定観測のある93.00や93.05-10 (9月2日高値)、93.40-45 (9月1日高値)

0904ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足・ボリンジャーバンド/米ドル円

繰り返しになりますが今夜の8月米雇用統計、週末のG20財務相・中銀総裁会議(英ロンドン)、7日に米レバーデーによる休場(米国3連休)などを控え今週の株安・円高の短期的な反転修正などへの警戒感もくすぶっていることからその前段階で万一の波乱に備えて、東京時間は利益確定やポジションの縮小、手仕舞い、若しくは資金の充当などリスク管理をよくよく考えながらの戦略が望ましく思われます。

ところで市場での反応はほとんどなかったのですが、個人的に特に気になるのは昨夕、民主党小沢幹事長の側近中の側近である元大蔵大臣の藤井裕久・民主党最高顧問が
●現在は急激な円高ではない、ドル安からきている面大きい
●為替介入、よほど異常な時以外はやるべきではない
●日本は基本的に円高の方がいい
●円高政策とる必要ないが、円安で輸出伸ばす政策は間違い
と述べたこと・・。
反応、、、無かったですよね??(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

わたしはびっくりしたのですが・・・。



okasanonline at 09:40コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年09月03日

最近は日中の蝉の声より、夕刻に聞こえる秋の虫の声のほうが賑やかしく感じるようになりました。こんにちは、岡三オンライン証券の武部力也です。
さて、ニューヨークからは米大リーグ、シアトルマリナーズのイチロー外野手が来季、日本球界に復帰する、とのニュースが伝わり、ご資産の売却によって発生する円転ダマの額が気になるところですが(笑

今夜は欧州市場で以下が注目されています。
20:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
21:30 (ユーロ圏) トリシェECB総裁記者会見

欧州中央銀行ECB(Europen Central Bank)政策金利発表後にはECB総裁の記者会見も予定されており、今後の金融政策動向を伺う大事な機会でもありユーロの動向が注視されています。
ECB総裁。その名はジャン=クロード・トリシェ(Jean-Claude Trichet、1942年12月20日)。なんか、映画俳優みたいな感じでかっこいい・・。

現地のプロフイールによるとトリシェ氏は仏・リヨンで生まれ、お父上は大学教授。ご本人はフランス国立行政学院等で学んだ後、ジスカール・デスタン大統領補佐官などを歴任し、1993年にフランス銀行総裁に就任。
1998年に欧州中央銀行が設立されると、ウィム・ドイセンベルク氏(オランダ銀行総裁、オランダ大蔵大臣を歴任)とともに初代総裁候補となり、協議の結果、本来任期8年の総裁の座を4年後にトリシェ氏に譲ることを条件にドイセンベルク氏が初代総裁となりトリシェ氏は副総裁になりました。2003年10月31日にドイセンベルク氏がECB総裁を辞任すると翌日にトリシェ氏は欧州中央銀行総裁に就任。フランス銀行総裁時代には「強いフラン」維持に尽力するなど、自国通貨高論者とされます。
<少なくともわたしは過去にユーロ売り介入を行った、とした記憶はありません・・>
一方でシャルル・ボードレールやポール・ヴァレリーらの詩を愛好しているロマンチストな方だとのこと。現実と理想を住み分けるユーロの舵取り役として腰の据わった総裁のようですね。
<ちなみにわたしはせいぜい洋酒と日本酒を飲み分けることが出来る程度です・・・。>

さて、テクニカル的にユーロ円を一目均衡表/日足で見ると転換線に上値が抑えられる形で雲の下限を下抜け、売り優勢の展開が継続。
 ユーロ円一目均衡0903
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・一目均衡表/日足/ユーロ円

フィボナッチリトレースメンとで見ても大凡、昨年7月下旬につけた水準170円近辺から下落し、本年1月下旬につけた年初来安値112円近辺からの半値戻し(50%=29円幅)141円台水準に回帰できませんでした。
中長期では7月8日の安値130.45水準、7月27日の安値で長期移動平均線200日線が指針する128.09水準が下値の目標として意識されています・・。
勿論、短期ではこの限りではありませんがご念頭に。



okasanonline at 16:10コメント(1)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート