2010年07月15日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、明日7月16日金曜日(16:00〜16:45)はラジオNIKKEI「夕焼けマーケッツ 投資って楽しいねっ!」
に出演予定となっております。

前回の夕焼けマーケッツ

前回、叶内さんと。

どんなお話をするかは未定ですが(私も参加する東京金融取引所くりっく365フェアセミナー?為替
相場のお話し?
日経225先物・オプション取引 イブニング・セッション延長?etc・・・)、お時間が
許されれば是非、ご聴取ください。(20〜30分はおしゃべりしてます。)

円全面高。
さて、東京外国為替市場・アジア市場では注目された一連の中国指標に対し事前予想から大幅な乖離
が無く、中国景気は過度な拡大/過熱を押さえ持続可能な成長、と市場は当初解釈。中国は積極的な
財政政策と適度に緩和的な金融政策を維持するとして追加の金融引き締め観測が和らぎ、リスク回避
に伴う円買い圧力が後退し、特に資源国通貨を中心としたクロス円が上伸する場面を見せました。

しかし、中国指標の鈍化は否めない事実であり下半期に向けての景気減速観はアジア株式市場全般の
上値を重たくさせた格好で最終的にはリスク回避に伴う円買い圧力がかかり、円は主要16通貨に対し
て全面高の様相を見せています。


今夜の材料。
19:00(英) マイルズ英中銀政策委員 講演     
21:30(米) 6月生産者物価指数 [前月比] (前回-0.3% 予想-0.2%)
21:30(米) 6月生産者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
21:30(米) 6月生産者物価指数 [前年比] (前回+5.3% 予想+3.1%)
21:30(米) 6月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.3% 予想+1.1%)
21:30(米) 週間新規失業保険申請件数 (前回45.4万件 予想45.3万件)
21:30(米) 7月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回19.57 予想18.00)
21:30(米) デュークFRB理事 住宅ローン規制に関する公聴会                        
22:15(米) 6月鉱工業生産 [前月比] (前回+1.2%(+1.3%) 予想±0.0%)
22:15(米) 6月設備稼働率 (前回74.7%(74.1%) 予想74.2%)
22:30(米) 米国株式市場(〜05:00)
23:00(米) ニューヨークオプション行使時間期限 
23:00(米) 米上院銀行委員会、イエレンサンフランシスコ連銀のFRB副議長承認公聴会  
23:00(米) 7月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回8.0 予想10.0)
24:00(英) ロンドンフィキシング
                                                                           
○バーゼル監督監視委員会(最終日)                                            
○米主要企業決算 4−6月期決算発表(JPモルガンチェース/グーグル/AMD)                              
                                                    

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/諸官庁・各種情報ベンダーより



下振れ懸念!?
今夜は事前に警戒感が強かった中国指標に加え改めて米景況感も試されるもの、と想定。

需給が低下している上に日本株の戻りも限定されており、市場全体でリスクテークには踏み込めなかっ
た状況が継続されていると考えます。


6月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録でも景気見通しへのリスクについて下振れ方向が指摘
されており、今夜の各米指標内容次第ではリスク回避での米債価格の上下(=金利の下落若しくは上昇)
にドル円相場も振らされるリスクを感じます。


もっとも、ドル円相場では引き続き、”緩やかなる円高推移”を”誘引”、若しくは”演出”、して
いる風※でもあり、東京市場3連休を控えての週末を控えて恣意的な下値堅さも念頭に入れたトレーデ
イングが望まれるかと思われます。
※日本経済の大動脈は日本株価指数であり、その足枷となろう”急激な円高”は断固として忌避する意思。

 

ドル円パッと見テクニカル。
「ダブルボトムです。」「ダブルトップです」 ―。
人気お笑い芸人さんの名前みたいですが、いずれにしろ”意思”の執拗さは指針として念頭に。
もっとも、上値が切り下がってきており、88円台半ば越え、後半アプローチが難儀なムードの中では
梯子外しには要警戒であり依頼心は持たずにリスク管理の点でも短期トレードを繰り返すイメージ
で考えています。

0715欧米ドル円

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円



okasanonline at 18:35コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年07月15日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

昨日は黒船来航、と題して書きましたが本日はさしずめ”赤船来航”とでもなりましょうか。

東京市場は中国動向に左右されるものと考えます。

愛車レッドサイクロン号10800
人気のため再々登場の武部愛用”レッドサイクロン号10800”(中国製で10800円だった事より命名)

中国国旗

11:00 (中) 第2四半期GDP[前年比](前回+11.9% 予想+10.5%)
11:00 (中) 6月生産者物価指数[前年比](前回+7.1% 予想+6.8%) 
11:00 (中) 6月消費者物価指数[前年比](前回+3.1% 予想+3.3%) 
11:00 (中) 6月小売売上高[前年比](前回+18.7% 予想+18.8%)
11:00 (中) 6月鉱工業生産[前年比](前回+16.5% 予想+15.4%) 
11:00 (中) 6月固定資産投資[年初来、前年比](前回+25.9% 予想+25.2%)
15:00 (日) 6月工作機械受注・確報値[前年比[(前回+138.8%)
15:30 (日) 白川日銀総裁・記者会見


○日銀金融政策決定会合結果公表(午前12時目処)
○中国農業銀行(中国最大の銀行)、上海証券取引所に上場   

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/諸官庁・各種情報ベンダーより

本日はチャイニーズデー。
東京外国為替市場では昨晩公表された6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録※や米小売統計
の悪化を受けて、米景気の回復期待は後退。

※議事録内容「経済見通しはやや下方修正された」「多くのメンバーはリスクが下振れ方向に転じたとみている」
「通しが明確に悪化すれば一段の緩和の検討が必要」


リスク回避に伴う円買い圧力がかかりやすい展開が見込まれるなかで、本日は東京市場時間に中国の各種
経済指標の発表が集中。中国経済の変調は周辺国は勿論、金融市場全般に及ぼすセンチメントから資源国
通貨などへの影響も警戒されます。特に豪ドル円などクロス円は値が飛びやすい事から御注意を。


今後気になる材料。
国際通貨基金(IMF)が日本経済に関する年次審査の追加文書の中で、財政調整の一環として消費税率の
「漸進的な引き上げ」を呼び掛けました。

現行5%の消費税の引き上げの是非に関する議論の再燃と追加的歳入措置に頼らざるを得ないとした財務
状況下で”ねじれ国会”による議論の長期化、政治の空白化、強いては政局の混乱が経済全般に悪影響を
及ぼす事が懸念されるところです。

そうなると日銀の対応として資金供給オペの規模拡大からデフレ圧力の低減化、そして景気回復、とした
施策想起が容易いところで、中長期的にはIMFの理事会が指摘したように「キャリー取引の影響」に
注視する必要が高まると思われます。

 

ドル円パッと見テクニカル。
87円ちょうど圏での”意思”執拗さが切り上がったのか、引き続き88円台前半を橋頭堡(きょうとうほ)
として88円台半ばから89円台向けにアプローチ
できるか否かが焦点と考えており、短期トレードを繰り返すイメージです。

0715東京ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円



okasanonline at 10:09コメント(4)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2010年07月14日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

再び黒船来航の例えで。
5月19日ですが国際通貨基金(IMF)はギリシャの財政危機をきっかけに各国の財政赤字に注目が集ま
っているとして、日本に対し「2011年度には財政再建を開始し、消費税を徐々に引き上げていく必要
がある」と提言していました。

その後、IMF代表団は財務省や日本銀行と定期協議を行い、カナダ・トロントでのG20サミットを終え
た6月29日には「日本の公的な資金調達で、差し迫ったリスクがあるとは思わない」「日本の資金調達
は他国とは異なっている」「日本国内から資金の大半を調達している日本は状況が違う」との見方を示し
ておりました・・・。

 

ところが、、、ところが、、一部報道によると国際通貨基金(IMF)が、日本に対する2010年の年次
審査の結果、「日本の財政再建には今後、歳入面の施策が中心にならざるを得ない」として、増税の
必要性を週内にも提言するとのこと。

無論、IMFが各国の政治状況、ましてや消費税増税にNO!とした参院選での民意は一切勘案などする訳
も無く、待ったなしの提言が世界に向けて示される可能性が高まりました。
税制論議が再浮上して日本株価に悪影響を与えるか否か、懸念するところです・・。

月末に掛けてはみずほフィナンシャル・グループ増資に伴う円買いフロー観測(21日の払込日の2営業日前迄)、
週末3連休リスク、26日の満月(23-28日危険日)、民主党の小沢一郎前幹事長不起訴処分についての
検察審査会問題、、、と材料も多数。

外憂内患になりかねないリスクを内包したまま、今月も折り返し時期となリますがセンチメントとして
幕末の様相を呈している、と感じるのは気のせいでしょうか。

夜明け
   日本の夜明けはいつぜよ?

 


今夜の材料。
パリ休場(フランス革命記念日)
18:30(南ア) 5月実質小売売上高 [前年比] (前回+3.2% 予想+3.8%)
20:00(米)MBA住宅ローン申請指数[前週比](前回+6.7%)
21:30(米)6月小売売上高 [前月比] (前回-1.2% 予想-0.2%)
21:30(米)6月小売売上高 [前月比:除自動車] (前回-1.1% 予想-0.1%)
21:30(米)6月輸入物価指数 [前月比] (前回-0.6% 予想-0.4%)
22:30(米)米国株式市場(〜05:00)
23:00(米)ニューヨークオプション行使時間期限 
23:00(米)5月企業在庫 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.4%)
23:30(米)週間原油在庫[前週比](前回-496.1万バレル)
24:00(英)ロンドンフィキシング
03:00(米)FOMC議事録(6月22−23日開催分)  
02:00(米)米30年国債入札(130億ドル)


出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート/岡三グループ各社/諸官庁・各種情報ベンダーより

夜のドル円戦略                                 
  23日に結果の公表を控えて、EU財務相理事会は欧州銀へのストレステスト(健全性審査)について
「最大限の透明性」を確保する決意を表明。
ユーロに対する過度の不安は後退している一方で米小売売上高や連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録
がドルにどのような評価を与えるか。
今夜の主役もユーロドルとして、ドル円への連動を警戒します。

ドル円パッと見テクニカル。
87円ちょうど圏での”意思”執拗さが切り上がったのか、引き続き88円台前半を橋頭堡(きょうとうほ)
として88円台半ばから89円台向けにアプローチできるか否かが焦点であり、急落調整に警戒。
上下、大枠での想定レンジを決め、短期トレードを繰り返すイメージを考えています。

0714欧米ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足/ドル円



okasanonline at 18:12コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。
(2014年−2017年 東洋大学 社会人基礎力 特別講師)
(2012年−現在 東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 委員)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート