2009年12月16日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

岡三オンラインFXが変わります!とタイトルは華々しいですが私のランチは久々に”お一人様”でまったりと雑誌と音楽とコーヒーにタバコ、そしてベーグル

20091216ランチ
ランチタイムをのんびりと堪能したのは久しぶりでした

 

さて、本日ですが、おかげさまで
〜「岡三オンラインFX」新システムによるサービス開始決定のお知らせ〜
<〜取引所為替証拠金取引「くりっく365」システムの機能・サービスを大幅に拡充〜>
をご案内する運びとなりました。
FX新取引システムです。

岡三オンラインFX新システム
来春以降の工程表(機能拡充等のロードマップ)も掲載しております。

 

併せて、キャンペーンも!

岡三オンラインFX 新システム導入決定キャンペーン
(2010年1月4日〜2月26日まで)

5円キャンペーン

アクティブ投資家の要望に応え続ける「証券のプロ」がITを活用して形作る、岡三オンライン証券を引き続きよろしくお願いいたします。

ドル円相場。
テクニカルポイントは変わらず!日足一目均衡表では90円台前半への取っ掛かり有無が焦点です。

1216ドル円一目均衡
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円


今夜の注目の経済指標は以下です。

18:30(英)11月失業率/失業者数 
19:00(ユーロ圏)11月消費者物価指数・確報値
21:00(米)MBA住宅ローン申請指数(前週比) 〔−〕 (+8.5%)
22:30(米)米国株市場開始(〜06:00)
22:30(加)10月製造業出荷 
22:30(米)11月消費者物価指数
22:30(米)11月住宅着工件数/建設許可件数 
22:30(米)7−9月期経常収支 
24:00(米)ニューヨークオプションカット
24:30(米)週間原油在庫(前週比)
01:00(英)ロンドンフィキシング 
01:45(加)カーニーBOC総裁、講演
04:15(米)米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公表 

なんといってもFOMCです。リスク管理設定を忘れずに!



okasanonline at 16:45コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年12月16日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。


さて、金融関係者での話題は日本経済新聞の一面”銀行の新資本規制延期”についての報道です。
日米欧の金融監督当局が中心に構成するバーゼル銀行監督委員会(27カ国・地域参加)が、大手銀行を対象とする新自己資本規制の導入を実質的に延期すること、10年以上の移行期間を設ける方向で調整で大筋合意、と報じたからです。

これは規制強化で貸し渋りが広がり、世界的な景気回復の足を引っ張りかねない、とした危惧が起因と考えられます。
  

東京。
銀行の自己資本規制が延期されるという報道を受けた株高・円安期待
や、そしてフィナンシャルタイムズをはじめとした有力紙の観測記事として米FOMC声明での利上げ時期「前倒し」示唆がFRBが出口戦略の第一歩を踏み出す可能性として対欧州通貨・資源国通貨にドル買いを優勢にさせています。

クロス円、特に先ほど発表になった第3四半期の豪GDPは前期+0.2%と市場予想を下回ったことから 、豪ドルが売り優勢の展開となり、豪ドル円が81円割れを見せました。

しかし、日銀金融政策決定会合(12 月17〜18 日開催)、で大幅な追加量的緩和に踏み切り、円安を誘引する、とした思惑からか市場の見方が日豪金利差も勘案した押し目買い意欲も潜ませておりテクニカル面の日足一目均衡表では継続して雲の下限80.77水準を上抜けるか、下抜けて終わるかが重要な節目で推移している、指摘することが可能です。

1216豪ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/豪ドル円

ファンダメンタルズ、テクニカル、更には閾値感覚も含め年末に向けては引き続き冷静な判断が求められる難しい局面と考えます。


東京ドル円。
短期的な見方をテクニカルで見た場合、ドル高方向にリスクを感じる一方で90.28円レベルの一目均衡表の先行帯の雲の下限などを巡る攻防が注視されます。

1216ドル円一目均衡
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円

需給的には年度内為替予約に遅れ気味の輸出企業によるドル売りが目立っているようで、ドル円の上値追いを阻む要因として引き続き注意を要したいところ。
一方で同水準を越えるとストップロスの設定観測もなされており、上抜けすると相場水準が上伸移行する可能性が高まる、と考えています。

その場合、中長期的な見方としては10月8日付けのよろず相談にて見解をご案内しましたが、テクニカル的な5年サイクル論だと今回の円高トレンドも過去とフラクタルな動きとして解釈が可能であり、それに基づくと円高のクライマックスを迎えてもおかしくない時間帯、終焉期入り、とした見方も可能です。

ドル円サイクル1216
手作り感たっぷりのちょっと汚いチャート(苦笑)ですがご容赦を!



okasanonline at 11:18コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年12月15日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

本日の東京市場時間はほとんど離席していましたが随時、相場水準は確認。
(確認方法:e-profit FX mobile<岡三オンラインFX仕様:オーバルネクスト社作成>)

帰社時刻頃の欧州勢参入の時間帯より15-16日に米FOMCの開催が予定される中で、声明内容で低金利の長期化が微妙に修正されるリスクが警戒され、欧州通貨や資源国通貨が対ドルで下落。
一部では前日の欧米市場で話題になっていた大手オーストリア系金融機関の国有化の話が蒸し返された模様でユーロは対ドル、対ポンド相場での下落が進みました。

テクニカル的には1.4600ドルの節目割れから1.4580-70ドルと断続的にユーロ売り誘発のストップロスを巻き込んでいます。

46割れ
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・5分足/ユーロドル

 

ぱっと見テクニカル。今夜の焦点。
地味ですが、ユーロドルの行方が焦点と考えます。

日足ユーロドル
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ユーロドル


ユーロドルの大きな流れをテクニカル的に日足一目均衡表で見ると雲の下限を下抜け、10月以来のユーロ安・ドル高水準に回帰。
10月安値1.4480ドル水準が当面の主要な下値目途
と指摘されています。
ドル円の動向にもよりますが、今後はユーロ円の行方も注視されるところで60分ボリンジャーバンドで見た場合、上下バンド内に収まり下値−2σ推移の129.44が維持されれば大きな動意も限定的に成ります。

しかし、下抜けた場合、昨日の安値129.17、そして129円台割れ有無が意識され、更に下抜けた場合、直近の戻り最安値128.78の維持の有無が焦点となります。

1215ユーロ円60分足ボリンジャー
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足ボリンジャーバンド/ユーロ円


最終的なユーロ円の下値リスクとしては日足ボリンジャーバンド−2σ推移の128.44や11月27日の安値126.79が想起されやすく、同価格帯が割れると相場が崩れてしまう可能性からユーロドルやドル円の動意にも要警戒となります。

1215ユーロ円日足
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足ボリンジャーバンド/ユーロ円

 

今夜の材料。

22:30(米) 米国株市場開始(〜06:00)
22:30(米) 11月生産者物価指数
22:30(米) 12月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回23.51 予想25.00)
23:00(米) 10月対米証券投資
23:00(ユーロ圏) バローゾ欧州委員長、欧州委員会の質疑応答に参加
23:15(米) 11月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.5%)
23:15(米) 11月設備稼働率 (前回70.7% 予想71.1%)
24:00(米) ニューヨークオプションカット
01:00(英)ロンドンフィキシング 
01:40(スイス) ロート・スイス国立銀行総裁講演
03:00(米) 12月NAHB住宅市場指数 (前回17 予想18)

中東や欧米の一部マスコミでは クウェート財務相「湾岸諸国の通貨統合計画で合意成立」と報じたりFRBが「出口戦略へ動いている」「公定歩合引き上げの可能性」など波乱含みの動意材料が市場に提供されています。金利動向としてはインフレ率の判定有無から22:30(米) 11月生産者物価指数 に着目しています。

ファイナンシャルアストロロジーサイクル上では16日水曜日が新月であることから危険転換期間入りでありクリスマス休暇、年末絡みの動きからポジションを積極的に建てる動きが期待しにくい状況下、値が飛ぶ可能性には十分注意が必要です


ドル円の焦点

上値追いとして89円台半ば抜け有無、そして89円台後半に躍り出て、再度90円台乗せを迫るのか?

1215夜のドル円相場

出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60足ボリンジャーバンド/ドル円


そして日足一目均衡線・雲の下限90.28にアプローチして当面の下値リスクを軽減回避できるか否かが最大の焦点と考えています。

1215ドル円日足一目均衡
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・日足・一目均衡表/ドル円



okasanonline at 19:50コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート