2009年09月30日

お疲れ様でした、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、月末最終日の今夜の外為市場は指標がてんこ盛りです・・。

20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数[前週比](前回+12.8%) 
21:00 (南ア) 8月貿易収支 (前回+4億ZAR 予想-10億ZAR)
21:15 (米) 9月ADP全国雇用者数(前回-29.8万人 予想-19.0万人)
21:30 (加) 7月GDP [前月比] (前回+0.1% 予想+0.4%)
21:30 (加) 8月鉱工業製品価格 [前月比] (前回-0.5% 予想+0.5%)
21:30 (米) 第2四半期GDP・確報値 [前期比年率] (前回-1.0% 予想-1.2%)
21:30 (米) 第2四半期GDPデフレーター・確報値[前期比年率](±0.0% 予想±0.0%) 
21:30 (米) 第2四半期個人消費・確報値 [前期比] (前回-1.0% 予想-0.9%)
21:30 (米) 第2四半期コアデフレーター・確報値
22:00 (米)NY原油先物市場開始
22:30 (米) 米国株市場開始 
22:45 (米) 9月シカゴ購買部協会景気指数 (前回50.0 予想52.0)
23:00 (米) ニューヨークオプションカット
23:00 (米) 9月ミルウォーキー購買部協会景気指数(前回56)
23:30 (米) 週間原油在庫[前週比](前回+286万バレル)
23:30 (米) ロックハート米アトランタ連銀総裁講演「米経済・金融の現状と見通し」
24:00(英)ロンドンフィキシング
01:35 (米) コーンFRB副議長、討論会出席「出口戦略」
02:45 (ユーロ圏) トリシェECB総裁講演
03:30 (米)タルーロFRB理事議会証言

全て気にしていたらキリが無いのですが、特に21:30 の米4-6月期GDP確報値、米4-6月期個人消費確報値そして22:30〜23:00 24:00ロンドンフィキシングに警戒し、また、今夜はFOMCで投票権を有する3人の発言内容( 23:30ロックハート米アトランタ連銀総裁、01:35 コーンFRB副議長、03:30 タルーロFRB理事議会証言)次第では米金利に影響する可能性から別途、ご注意を!、というイメージです。

別途、10月1日(木曜日)〜10月8日(木曜日)は国慶節及び中秋節のため、中国本土市場が休場となります。
これに伴い連休を前にしたチャイニーズ系のポジション縮小/手仕舞い動意がなされる可能性もあり、不測の事態に備えてポジション管理やエグジット設定をお忘れなく。

今月もありがとうございました。10月もご愛顧のほど宜しくお願いします。



okasanonline at 19:42コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年09月30日

お疲れ様です、岡三オンライン証券の武部力也です。

さて、多くの業界には色々な業界用語や特殊な符丁、和製カタカナ英語語があると思いますが、金融の世界も同様で特に英語交じり、デイリバティブ系用語となると意味を理解するのも一苦労です。

インターバンク為替市場ドル円セクションに配属された新人当時は例えば「(ドル円)いくら??に対して「(90円00銭/03銭)ちょうど:マルサン!!」と返答しているのを見て「(ふーん、買いレートと売りレートがぴったり、ちょうど03(03銭/03銭)なんだ・・!へ〜」と勝手に解釈し、「なんで取引(約定)されないだろう??」と不思議に思い続けていました。<00銭のことをインターバンク市場では”ちょうど”と言います・・>

また、エクィティデリバティブのインターバンク市場・日経225先物指数オプションのトレーダーをしていた当時、セクションメンバー10名ぐらいの内、日本人がわたしとボスのみ、とした職場環境だったのですが(当然、英語は苦手な私です。<苦笑>)、着任後のあるとき、同僚外人が「TAKE〜BE!Indication!?」「(んん??ああ・・、)I have already taken vacation」と答えて、同僚外人に首をかしげられたときがありました。ノ( ̄0 ̄;)\

<オチは「たけ!インディケーション(気配値)は?(=225オプション●●年●●月限と●●月限のストライク●●●●●円のスプレッド)」の問いに「俺は先月休暇(バケーション)取ったよ!と答えたのです・・。
言い訳としては同じインターバンク市場でも為替はインディケーション(気配値)でなはく、取引可能なレートを答えるのが通例だからです・・(勿論、英語も苦手ですが)>

用語の意味を知る以前の論外で恥ずかしい失敗談なのですが、そういえば以前、夕方の街中、交番の前を無灯火で自転車に乗る部活帰りの学生達に「おーい、君たち!電気!電気!と叫ぶお巡りさんに対し「ありがとうございま〜す!!」と叫び、会釈してガッツポーズを取りながら走り去って行く光景に出くわした事があります。
お巡りさんは苦笑していましたがこれは「電気」に対し「元気」と励まされたかのように聞き違えたのであります。

さて、相手のメッセージや未知の世界の慣習を理解する必要とは別途、相手に伝える、伝えなくてはいけない、という義務はメッセージを発信する側にも課せられるはずで、そうした意味で最近反省しているのは「武部さんのところのFX東京金融取引所のくりっく365だけでしょ!」と言われてしまうこと・・。

いえいえ!!、当社は上場FX以外に店頭FXもちゃんとありますよ!!」、とお答えしてしているのですがまだ、責務を果たしていないようですね。些か宣伝になりますが、今回の当欄では以下、改めて岡三アクテイブFXのご案内をさせていただきます。

岡三アクティブFX
取引画面も充実していますので是非お試し下さい!!

岡三アクティブFX デモトレード申込み

岡三アクティブFXトレーダー操作マニュアル

当社は、岡三オンラインFX岡三アクテイブFXの2種類のFXをご用意しておりますこと、改めてお伝え申し上げる次第です。
ご愛顧のほど、宜しくお願い致します。ぺこり。



okasanonline at 16:44コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

2009年09月30日

東京は秋雨に覆われて朝を迎えています。
おはようございます、岡三オンライン証券の武部力也です。
20090930雨の銀座3丁目

さて、昨晩は発表される米経済指標が好悪マチマチで材料視されにくい状態でしたがユンケル・ユーログループ議長による「強いドルが米国の国益との発言を期待する」、ゼーリック世銀総裁「強いドルは可能、そうあるべきだ」、そして東京時間の朝方、ペンシルベニア州でロッサー・フィラデルフィア地区連銀総裁講演が行われ、推測&期待通り(笑)「失業率が許容レベル以下に下がるかなり前に行動する必要がある」などと発言。タカ派の本領発揮となりました。

しかし、ドル円相場は微動だにせず、テクニカルに見た場合、中長期のリスクは引き続きドル安で、年初来のドル安値である87.10水準が下値メドとして意識されている状況に変化はないようです・・・。
もっとも、28日月曜日早朝の88円台突入で短期的な底入れ感も否めず、目先は88円台に突っ込んだあとの切り返しが何処までなのか、反動的な円売り・ドル買い戻しが優勢として意識しておくことが肝要だと感じます。

本日の東京ドル円戦略は月末ゴトー日(5・10日)での需給動意が仲値時に発生するか、特に月末/期末最終日なので輸出企業などから海外収益の駆け込み的な円転・外貨売りが集中する一方、ドル建て不良債権の償却等に絡んだドル買い円売り需要、輸入企業などからドル買い手当てが活発化する可能性もあり、薄商いの時間帯に乱高下する可能性にも注意したいところです。

テクニカル面での短期的なドル円の上値焦点は60分足ボリンジャーバンド+2σ推移の90.37、日足一目均衡線90.38、25日21:45の戻り高値90.50、90.90-95 (9月22日安値)。91.00-25のギャップ(窓)を埋め戻すには相当なエネルギーが必要かと思われます。

一方、下値焦点として60分足ボリンジャーバンド中心線推移の90.02を意識し60分足ボリンジャーバンド-2σ推移の89.72、ギャップ(窓)でもある89.50-55 (9月25日安値)、89.20-25(2月5日安値)、89.15-20、89.10-00のギャップ(窓)サポートが意識されるところ。
0930ドル円
出所:岡三オンライン証券:e-profit FXチャート・60分足/ボリンジャーバンド/米ドル円

本日の東京ドル円相場は90円台後半からの上値重さを感じて90円台前半を中心に推移すると考えています。



okasanonline at 09:49コメント(0)トラックバック(0) 
力也のFX道場 

皆様からのご声援をお待ちしております!

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

免責事項

  • 本投資情報は、情報の提供のみを目的としており、取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 本投資情報の公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止、変更、削除する場合があります。
  • 本投資情報の掲載情報の正確性・妥当性等について、岡三オンライン証券およびその情報の提供者が一切保証するものではありません。ご投資の最終決定は、お客様ご自身の知識、経験、投資目的、資産状況等に適う範囲で、ご自身の判断と責任で行ってください。
  • 本ブログの掲載情報に関するご質問等にはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 本投資情報によって生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。
  • 本投資情報は、いかなる目的であれ当社の許可なく転用・販売することを禁じます。
口座開設のご案内

まずは岡三オンライン証券で
証券総合取引口座を開設!

口座開設

株と為替の売買シナリオ 配信中

プロフィール
武部力也(たけべ りきや)
岡三オンライン証券(株)
投資情報部長 兼 シニアストラテジスト

【経歴】
東京都出身
1989年
日本大学法学部卒業・東京短資入社。トウキョウフォレックス、トウキョウフォレックス上田ハーロー/東京外国為替市場インターバンク(銀行間)市場・ドル円外為ブローカー。
2001年
トウキョウフォレックストレイダーズ証券・情報企画部部長、金融法人事業部部長。
2006年
トウキョウフォレックス・法人営業、営業推進部長。
2009年
岡三証券入社。(東京金融取引所 為替・株価指数証拠金市場運営委員会 副委員長、東洋大学 社会人基礎力 特別講師)

【趣味】
剣道、映画鑑賞。

【活動】
■ラジオNIKKEI「マーケットプレス」
日本テレビ(BS/CS)「NEWS24まーけっとNAVI」
東京MXテレビ「東京マーケットワイド」「WORLD MARKETZ」
ほか、日経CNBC等に定期出演、金融系マーケットメディア、新聞、経済誌などでレポート執筆
■公式ブログ「力也のFX道場」
■公式動画「株と為替の売買シナリオ」

【著書】
「勝ち残りFX」(扶桑社)


「勝ち残りFX」(扶桑社)

岡三アクティブFX
(店頭FX)
ガチンコ対談
有名トレーダー・ブロガーとの対談コンテンツ「FXガチンコ対談」を開始いたしました。

武部力也のガチンコ対談

ブログランキング

皆様からのご声援を
お待ちしております!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

ブログ為替レート